Seakayaking , Backcountry Skiing , Mountain Trip ...... It's My SLOW LIFE
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
どうして君が!?
IMGP1294.jpg
今までいたっけ?
いや、見覚えがありません。


そう、こっそり仲間入りしました。
だって、山に持っていくときに汎用性がたかそうなんだもん。
ボディーと同じ防滴仕様なんだもん。
だって、とっても評判がいいレンズなんだもん。




美しいグリル
道具好きにとって、
機能的でデザインにも優れているものに出会ったときは、
なんともいえず興奮いたします。

そんな興奮を久々に味わうことができました。


DirectDesigns(ダイレクトデザイン) ノートブック ブラック


イギリスのメーカーだそうですが、
どの商品もちょっと変わったおしゃれなデザインなものばかりです。
そして、価格が驚きの安さ!
ネーミングも『ノートブック』
オサレです♪

P1010136.jpgP1010137_20130808104856e70.jpg
単純な構造に考えられた機能的な作りを感じます。
網は3つ折りになっていて、内部に収納しやすくなっています。
P1010138.jpgP1010139.jpg
残念ながら、このノートブックには鉄板がついていなかったので、
サイズが合いそうなものを一緒に購入しました。
リクエストは、深型のもので、本体に引っ掛ける形で安定させられるもの。

そこで、ユニフレーム(UNIFLAME) スーパーエンボス鉄板を選択。

おしい!!
あと1㎝ほど足りませんでした。
でも、十分に使えるでしょう。

P1010140.jpgP1010141.jpg
収納に関しては秀逸!!
1分も必要なく、もとのスリムなノートブックに戻りました。

本体は安っぽい鉄素材ではなく、
軽い割に頑丈な作りです。
組み立てや片付けに、無理やり押し込んだりはめ込んだりという
力技も必要ありません。

洗練された機能美にうっとりです。


さて、いつ使おうっかな♪♪









間違ってました・・・
今日は午後から仕事なので、
午前中は諸々の用事を済ませ、
空いた時間でソロの道具の手入れに取りかかりました。
最近、出番が少なくなってしまっている道具たちですが、
どれも一人の夜を伴にしてくれる大切な仲間たちです。

交換した方がよさそうなパーツをピックアップしたり、
錆びついてしまっているようなところをメンテしたり・・・

久しぶりにメーカーのWEBサイトなんかを巡っていたら、
なんと気になるコメントが見つかりました。


笑's B-6君のメーカーブログの組み立て方の説明の中で



ロストルの取り付け方について
【底板の上ではなく前後の側板に乗せて(渡し)宙に浮いたじょうたいになります。】



どういう意味なのか分からず、説明動画を見てみると、
ボクのやり方も間違ってました~~~!!
ロストルが浮いてません。

考えてみればそうですよね。
下から酸素の補給をするなら、
あの部分は空いていないといけないんですよね。
いや~、気がつきませんでした。

そして、改めて、B-6君の機能美に感心です。








My ladybug
J-labo YUKIITA Project.
IMGP1155.jpg

My ladybug.
Serial No.10.
IMGP1156.jpg

Thanks a lot.




I am cyborg
GWがやってくるというのに、いまだにノープラン。
気の向くままに出かけようと思う。

出かける前に、ちょいと新調した膝のサポーター。
やっぱり歩いている時に感じる膝のゆるみが気持ち悪く、
今後、膝の消耗が早くなるのではないかと思うような感じがするので、
ヒンジのついたハードサポーターを装着することにしてみた。

McDavid(マクダビッド) ヒンジドニーブレイス3

P1000827_20130424221140.jpg
ヒンジのないタイプはずっと使ってきたのだけれど、
ヒンジのおかげで左右にぶれが出なくて固定した感じはいい!

ただし、難点は暑い!!
同じヒンジなしのタイプは夏に装着して山に入ったけれど、
暑くて蒸れて装着したままで山を歩くことはできなかった。
もちろん、雪山や滑りの時専用にしてもいいんだけど、
せめて夏以外は使えればなあ。

P1000826.jpg

こんなに金属に頼って動いてるなんて、
人造人間って感じですわ。




DEBUT!
今シーズン、防水のビデオカメラを買おうかどうしようかずっと迷っていたのですが、
そんなところに飛び込んできたデジイチと言われるやつ!

雪山ではみんないいカメラ使ってんだよね~。
あんまり興味がなかったので、専門用語を言われても、
機種名を聞いてもさっぱりわからない・・・。

基本的にカメラを構えるのはアウトドアでのシーンだけ。
だから、これまでのコンパクトカメラも当然防水耐衝撃性のあるものばかり。
一眼レフのカメラなんて考えられません。
PENTAXの防滴防塵カメラはshindyくんが使っているけど、
それはとても高くて手が出ない!!

やっぱり安いビデオかなあ。
でも、Goproみたいな使い方は、たぶんしないなあ・・・。

そんなとき、キハマンさんが購買欲をそそる助言をいろいろと・・・。
shindyくんのほど高くない防滴仕様のカメラがあって、
もうすぐ安くなるんじゃないかと!!
買うんならダブルレンズのやつがお得ですよ・・・などと悪魔の声で囁きます。

さっそく店頭をのぞいてみるも、PENTAXの一眼はほとんどの店で置いてない!!
カタログすら置いてない(ToT)
そこでネットで探してみると・・・、これくらいなら手が出る!!


   PENTAX デジタル一眼レフカメラ K-30
   ダブルズームレンズキット


  注:ダブルズームキットのレンズは、
    防滴・防塵仕様ではないそうです!




というわけで、とんとん拍子に話が進んで?
美白美人の一品を迎え入れることにしました♪

P1000677.jpg

安い分、オプションで揃えないといけないものが多いのかな?





レリーズは銀塩の時のが使えたので代用するとして・・・、
他に何かいるのかなあ。

そうそう、テキストも重要。
これは分かりやすかった!


オプションが届くのに時間がかかったのもあるけど、
忙しくてなかなか箱から出してあげることができなくて、
やっと今日使ってあげることができました( ̄▽ ̄)

初めての写真は愛する門司港にしようと思っていました♪

IMGP0041.jpg

IMGP0046.jpg

IMGP0055.jpg

適当に撮ったのに、やっぱりコンパクトとは表現力が違いますね~♪


これからバシバシ撮って使い方に慣れなくちゃね。
あ、でも、慣れるまで雪山にはもっていきませんd( ̄▽ ̄)b!!







手が大事
今週は暖かすぎてちょっと滑る気になれませんねぇ(-.-)
今シーズンは残念ながらシーズンが短そう・・・。
のんびりしてちょっと体を休めることにしましょうか。


今シーズン、雪山に導入したニューアイテム。
いろいろなものを試しても、
なかなか自分にピッタリなものが見つからないのがグローブ。
滑るためには必要な道具ではないけれど、
滑るためにストレスを抑えたいのに、一番のストレスになっている。
どうしても快適なアイテムが見つけにくいんです。

滑るときは、昨年導入したヘストラのグローブ以外のものは考えられないくらい、
ボクの手にフィットしてくれています。
んんん、もう手放せません・・・。

あとはハイクアップ時のグローブ・・・。
暖かいとき・・・、雪が降るとき・・・、風が強いとき・・・。
どんな時にでも対応してくれるものがなかなか見つかりませんでした。
昨年、shindy★くんがいいですよ~!と教えてくれたのが、オイルドウールのグローブ。
そういえば栄太郎さんもオルトボックスのウールグローブを使ってるなあ。



そこで、今季、導入してみました。
shindyくんも、試しても惜しくない金額だからと言ってたので。

今シーズンはまだあまり山に入っていないけど、
手にかいた汗に対する湿気対策、気温に合わせた快適度・・・、すばらしい!!
違う条件下でも快適でした。
天然素材の持つ力はすごいですね~。
インナーウェアもそうですが、どんどん天然素材へ回帰しています。
防水防風対策のためにオーバーグローブは必要ですが、大ヒットの一品でした!!

P1000671_20130202174830.jpg
ただし、shindyくんは、お揃いで気持ち悪いって・・・(+_+)



もう一つのヒットは・・・ゲレンデで使うパスケース!
ボクが通うゲレンデはほとんど恐羅漢・・・というかそれ以外にはここ数年行ってない。
ここのチケットはICチップなんだけど、できるだけ効率よくゲートをくぐりたい。
一番便利なのは左手の甲にチップをつけていると、スムーズにゲートがくぐれる。
だから、今まではグローブの甲にポケットがついたものを使っていました。
これを最優先していたものだから、多少寒さに弱くても、防水性が悪くても変える気にならなかった。
しかし、ヘストラのグローブの魅力には勝てないので、
しかたなく、あの腕にゴムで巻くやつをつけてたんだけど、やっぱり不便だ。

そんなボクに、これ以上にないというものをMorryさんが教えてくれた。

おぉ~!
これならどんなグローブでも大丈夫じゃん!!
レビューでは、入らないペーパーチケットがあるなんて不満も見られますが、
小さなチップを入れるんだから大き過ぎないサイズもピッタリ。
これ、いいね~♪

P1000667_20130202174831.jpg



滑るためには、それ以外の道具にストレスがないのが一番。
ボクの場合、手が大事。
いいアイテムが見つかりました♪













お別れ
IMGP2349.jpg
昨日の山でKIHA☆MANさんに撮ってもらった一枚。
きれいな写真です。
カメラの持つ表現力の違いを痛感します。



デジタルカメラというものが世に出てから、
けっこう早くから導入していた方だと思います。
でも、初期のデジカメはとても見るに耐えられる画質ではなかったので、
やはり大切な写真は銀塩で。

しかし、技術が進歩して、コンデジでも必要十分な画質になってきたため、
銀塩カメラの出番は激減しました。
それでも、たくさんの思い出を映し出してくれてきた相棒を手放すことはできず、
長い間、棚の飾りになっていました。

そんなボクでしたが、今回、センチメンタルな気持ちとお別れすることになりました。
新しい技術にどれくらいついていけるかはわかりませんが、
未知なる楽しみが待っていてくれることでしょう。
mycamera.jpg




New Item・Insole for Running,Trekking and Skiing.
 今日は通院して、新しい武器を手に入れてきました。

オーダーメードしたインソールです。

 雪山で遊ぶ友人らは一様にオーダーメードのインソールを使っているようです。
歩行時の疲れが軽減されるって。

ボクも市販のインソールを使っていましたが、
とにかく体が鈍くて、ソールの効果があるのかないのか、さっぱりわかりません。

今回できあがったソールを履いてみても、足の裏に凸凹があるなあ・・・
くらいで、それでどうかと言われると、やっぱりよくわかりません。
たまに、そういう方がいますって言われたので、やっぱりボクの体は鈍いんだ。

 しかし、これまでトレッキングポールの効果すら気がつかなかった体が、
今はなくてはならない道具になったように、
弱った体だったらてきめん効果を感じられることでしょう!

いや、そうでなくては困ります。
だって、このインソール、医療用の装具で、1足○万円!!
市販のものとどこが違うのかさっぱりわからない(@_@;)
保険がきいて、後からかなり戻ってくるそうですが、
こんな高価なインソール、効果がないと困ります!!

P1000427.jpg


今日はボクを担当してくれているリハの先生がお休みで、
助っ人の先生に診てもらいました。
その先生には、ここに通院を初めてすぐの時から2~3回診てもらってます。
今回は、前の治療から2~3か月空いたかなあ。
よくなったと思っているひざの状態をどう診てくれるか楽しみでした。

担当の先生と、ちょっと違った見方や意見で接してくれるので、
ボクとしても参考になります。
その先生が、今の状態を見て、
「あのケガで、よくここまで筋力が戻りましたね~。」と驚いてくれました。
「ボクたちもこうやってよくなっていくところを見ると嬉しいです。」って。

できるところまで頑張りましょうと励ましてくれるいつもの先生と違って、
わりとクールな意見をくださっていた先生から、
お墨付きのご意見をもらって、ほんとにうれしくなりました。

ボクの膝は、この先、変形性の膝関節症になりやすいので、
あとは、どう予防していくかを考えていかなくちゃいけませんねっていうことで、
いろいろご意見をいただきました。
今回作ったインソールは、膝のぐらつきを抑えてくれるから、
予防にもなると思いますよとも言ってもらいました。


あとは、ゲレンデでゆっくりリハビリスキーをしながら、
足りないところや、諦めるところ、そんなところを見つけて、
スキー用のリハビリにステップアップです。

雪が降るのが楽しみになってきました。






冬を待つ心
今週末は所用があって家にこもっていました。
日曜の夕方にはすべての仕事を終え、
ストーブの熱気が心地よい眠りを誘ってくれました。

今週は平地にも雪が降りそうな予報ですね。
毎年、この時期は冬の道具を引っ張り出してそわそわしているところですが、
今年はいつ出すことができるかな。

夜になって電池切れになりかけている時計の電池交換。
昔は5分に1度は目をやっていた腕時計。
寝る時も風呂に入るときも、片時も離せなかったのに、
いつの間にか、時計なしの生活が気持ちよくなっていきました。
山や海の時間を知ったからですね。

そのあとは、昨日届いた冬用ウェアをながめてほくそ笑んでいました。
でも、やっと用意した冬支度はたったのこれだけ。
色だけは賑やかですけどね。


この先はマッタクのノープラン。
冬を待つ心には空っ風が吹いております。

P1000424.jpg
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。