Seakayaking , Backcountry Skiing , Mountain Trip ...... It's My SLOW LIFE
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
seakayak touring【2007_No.15】山口県・角島
tsunoshima_entry.jpg

 連休最終日はやっぱり海!
前日から海岸でキャンプをしているSP3さんと合流して,久しぶりに角島近辺を漕いできました。ここは,ボクが(勝手に)ホームグランドにしているお気に入りの場所です。
DSC00738.jpg
  今日は,SP3さんのほかに,下関のカヤック仲間2人(下関パドラークラブの古参の方々です)も一緒に4人でツーリングです。残念ながら天気はくもり。晴れれば美しい角島の海も,今日はいい彩が見られません。

 エントリー場所で準備をしていると,浜の管理人さんのような方が話しかけてこられました。ここの海峡は速い時には4ノットくらい流れるから気をつけなさいと忠告していただきました。このあたりはカヤッカーがけっこう来るけど,春には戻れなくて助けを呼んだ人もいたとのこと。海図で見る限り4ノットの流れになることはなさそうですが,風が吹きぬける場所なので,潮の流れと風とで全く進まなかった経験はあります。まあ,そんなに甘い場所ではありません。
near_toudai.jpg

 いろいろ検討して角島の北側からまわることにしました。前回,南西端の通瀬岬付近が大うねりで,けっこう楽しかった覚えがあります。そこを越えられそうになければ帰ってこようということでした。
 しかし,実際は北東端の牧崎が一番のうねり。岸壁に当たって複雑になるうねりで目の前にたくさんの波が立って,めったにないことですが酔いそうになってしまいました。
 牧崎を過ぎると拍子抜けしたかのように穏やかな海。観光地としても有名になった灯台やきれいな砂浜にはたくさんの人が見えます。
 角島の海はきれいなのですが,上陸しやすい場所が少なくて,意外と単調な漕ぎになってしまいます。そこで,さっさと1周したら,陸に近い島を目指します。双子島と金子島。陸から近くて慣れない人でもけっこう無人島気分を味わえそうな場所です。
 両島とも,一度訪れたことがあるのですが,そのときは監視船に,島に近づかないように注意を受けた覚えがあります。今日はそんな気配がないので,双子島をゆっくり眺めていきます。
futago_island.jpg

DSC00785.jpg
 一見つながっているように見える双子島ですが,間の岩礁には大きな切れ目があり,そこから侵入すると,ちょっとした探検気分です。侵食された岩肌が美しいラインを作り出しています。こういう島の探検ができるカヤックを,いろんな人に知ってほしくなりますね~。

beach.jpg

 エキスパート3人と一緒のツーリングで,いつもにましてハイペースなツーリング。あっという間に陸に戻ってきました。お昼はせっかくだから,人の入り込みにくいビーチでとります。おしゃべり好きの皆さんと過ごす浜での時間はあっという間。また来たいなあと思わせられる最高の時間ですね。
 今日一番の彩は,このビーチから見る海でした。晴れた日にまた来よう!!
from beach

20070924tsunoshima.jpg

関連記事
コメント
この記事へのコメント
はい~
水の透明度は落ちている気がしますが,
やはりこのエリアの海はきれいですね~。
2007/09/25(火) 21:21:56 | URL | mouji #-[ 編集]
角島
この時期も良いのでしょうね。
2007/09/25(火) 05:10:09 | URL | fusai #c1ds2r8g[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。