Seakayaking , Backcountry Skiing , Mountain Trip ...... It's My SLOW LIFE
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
南極観測船「しらせ」見学
 今日は,引退を間近にひかえ全国7港をまわる旅に出た南極観測船「しらせ」を見に行ってきました。
 動力船に特別な興味があるわけではなかったのですが,地球を1周分も旅する船とはどんなものだろうかと,この「しらせ」には大変興味を持ちました。しかも,全国でたった7箇所しか立ち寄らないのに,近くの下関にやってきてくれるなんて。これは行ってみるしかないでしょう!
DSC01493.jpg
 今回はバスに乗ってのプチ旅行。真横に見える関門海峡には強い風が吹きぬけ,ウサギがたくさんです。

DSC01497.jpg
DSC01495.jpg

 間近に見る「しらせ」です。デカイです。僕のカヤックとは比べ物になりません。もちろんですが・・・。
 今日が下関お披露目の最終日のようで,たくさんの人で賑わっています。自衛官の方に案内され,艦内を見学させてもらいます。
DSC01505.jpg
 一度南極に旅立つと,到着まで5ヶ月もかかるそうで,艦の中はまさしく一つの小さな町のようで,診療室や床屋さん(これは隊員同士で切りあうそうです・・・)などがあります。
 おっと,通路の途中には南極の皇帝様が・・・。いちおう,敬礼しておきます。

P1010353.jpg
 一番の感動は「南極の氷!」
何万年も雪が堆積して固められたものが南極の氷で,氷の中には押しつぶされたときに封じ込められた気泡がたくさん詰まっています。触ってみると,溶けるときにプチプチと音がします。2万年前の空気が放たれてるんだなあと思うと感動です。
 また,南極近辺は常に暴風圏にあって,「しらせ」は最大56度も傾いたことがあることを聞き,よくぞこんな大きな船が転覆しなかったものだと感心しました。56度といえば,もう床が壁状態ですよ。驚きです。

 艦内では,自衛官の方々の縄結びやラッパの合図のご披露があり,飽きないように見学できるよう工夫されていました。それにしても,自衛官の方々のサービスのよさには驚きでした。ありがとうございました。明日は,次の港へと旅立たれるようです。日本1周が終わると,現役を引退するとのこと。ご苦労様でした。

関連記事
コメント
この記事へのコメント
ひぇぇぇ!!
(″ロ゛)ヤメテー

2007/09/20(木) 22:03:47 | URL | mouji #-[ 編集]
ブハハハハ (≧∇≦)人(≧∇≦) ブハハハ
6日が楽しみですv-238
ブハハハハ (≧∇≦)人(≧∇≦) ブハハハ
2007/09/20(木) 22:01:41 | URL | しぇりい #-[ 編集]
Morryさん
古い歴史を感じられるものは,いろいろあると思うんだけど,
プチプチプチッと生きてるように手の中で動いているのが大昔の空気だと思うと感動しますよねえ。
心もち,汚れた肺がきれいになったような気が・・・。
2007/09/20(木) 21:55:11 | URL | mouji #-[ 編集]
ええ
自衛官の皆さんは,若くてスマートでかっこよかったですねえ。←重要でしょう!

>南極の皇帝さんたちには、体型的に親近感を覚えます。はい。
ブハハハハ (≧∇≦)人(≧∇≦) ブハハハ



ごめんなさい・・・v-406
2007/09/20(木) 21:53:18 | URL | mouji #-[ 編集]
南極の氷
触れるんですか!
すごい!
何万年も前の空気・・・
きっと現代とは比べ物にならないくらい
きれいなんでしょうねえ。
2007/09/20(木) 21:08:30 | URL | Morry #-[ 編集]
ほほお
自衛官と一緒に見学ですか・・・。
いいなあ←そこかいっ

南極の皇帝さんたちには、体型的に親近感を覚えます。はい。
2007/09/20(木) 21:05:12 | URL | しぇりい #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
南極に関する最近の情報です。
2007/09/23(日) 06:03:34 | (メモ的)話題の動画・情報収集ブログ 第四倉庫 旅行
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。