Seakayaking , Backcountry Skiing , Mountain Trip ...... It's My SLOW LIFE
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
シーカヤック・この夏の遠征
毎年恒例?夏のシーカヤックツーリングに出かけてきました。
今回、ご一緒してもらったのは、長年遊んでもらっているSP3さんとキタさんです。

みんな、年々、漕ぐ機会が減ってきているので、
なんとか予定を立てて海に出る機会をうかがっています。
今年の夏は、ボクが漕ぎたいと思っていた、長崎県平戸の海です。

【DAY1】
 初日、みんなより一足早く平戸入りしたボクは、
海岸線をドライブしながら漕ぐエリアをロケハンです。
途中、出会ったカヤッカーさんから根獅子の海がいいことを聞きました。
ここはボクも一度は来たいと思っていたところ。
初日の海は根獅子湾に決定です。
20160818-2100.jpg
どこまでも続く遠浅の海は、
白砂に照らされてエメラルドグリーンの美しい海でした!
20160818-2101.jpg
風もない穏やかな海だったので、
調子にのって生月大橋まで漕いできました。

2日目のテン泊は、生月島の御崎野営場。
夕陽がきれいな最高のテン場でした。
20160818-2103.jpg
20160818-2104.jpg


【DAY2】
穏やかな天候が続く予報だったので、
2日目に選んだのは、平戸の北の端、生月島の大バエ岬でした!

この日は大潮。
前日のロケハンでは、
御崎には大河のような潮の流れが確認できました。
こんな状況ではとても漕げないと思っていたのですが、
次の日は風も弱い予報なので、潮止まりの時間を狙って、
岬を目指すことにしました。
20160818-2102.jpg
生月島の潮俵の断崖。
厳しい海の様子を物語っています。
20160818-2105.jpg
しかし、次の日は朝から風のない、最高のコンディション!
満潮時刻に出艇して、岬を巡ることができました!
20160818-2106.jpg
大バエ灯台には朝早くから観光客の姿が見えます。
20160818-2107.jpg
前日は河になっていた鯨島にも近づき、
カヤックでないと味わえない体験をすることができました。
20160818-2108.jpg
もちろん、塩俵の断崖にも簡単に近づくことができました。
20160818-2110.jpg
海に出て気が付いたのですが、
テン場は塩俵の断崖の中にあったようです。
上陸後は、テン場でのんびりしながら、時々海に潜ってみたり。
透明度の高い、美しい海でした。
20160818-2111.jpg

【DAY3】
3日目はSP3さんがご家族孝行に戻ってしまい、キタさんと2人になりました。
2日も続いた穏やかな天候ですが、さすがに3日目からは風が出始めます。

3日目は平戸島の南の端を漕ごうと思って漁港で準備をしていたら、
地元の漁師さんが寄ってきて、この海域のことを教えてくれました。
生月島を漕ぐことができて調子に乗っていたボクたちでしたが、
そこよりももっと厳しい海域であることを教えてもらい、
島の中ほどにある千里が浜に移動してきました。

しかし、この日は強風で平戸の瀬戸は大荒れ。
残念ながらツーリングにはなりませんでした。
20160818-2112.jpg
20160818-2113.jpg

【DAY4】
そろそろ疲れが出てきたころですが、
キタさんは漕ぐ気満々!
風が出ていたので漕ぐ場所の選択に困りましたが、
選んだ場所を北九十九島。
ここならば風を避けて漕ぐことができるでしょう。
20160818-2114.jpg
美しい海ではありませんでしたが、
風のない、穏やか海で遊ぶことができました。
20160818-2115.jpg
大島にはカヤック用にデッキも設置されていて、
子どもたちも楽しめそうな海域でした。
20160818-2116.jpg

ロケハンの一日を合わせて5日間も遠征に出ていたため、
帰宅したとたんにバタンキュー!
朝までぐっすりでした。

楽しい海友との遠征ツーリングでした。
次の夏はどこへ行こうかな~!


関連記事
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。