Seakayaking , Backcountry Skiing , Mountain Trip ...... It's My SLOW LIFE
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
テントの撥水・防水メンテナンス
先日の雨でテントの雨漏りが発覚したスノーピークのランドブリーズ。
まだそんなに使ってないのに~と思いながら、
いつ買ったか調べてみると、2007年購入。

前のテントはホームセンターで買ったコールマンのファミリーテント。
10年くらい頑張ってくれたけど、
ポールが折れたことをきっかけに買い換えました。
奮発して買ったのが、このランドブリーズです。
landbreeze.jpg

今回、修理やフライシートだけの購入ができるかもと思い、
スノーピークのサービスセンターに連絡してみると、
この雨漏りは経年劣化のためで修理は難しいとのこと。

え!?経年劣化!?
先日買い換えたスノーピークのタープは
20年近く現役でがんばってたのに!!
スノーピークへの信頼が崩れてしまいそうでした・・・。
しかも、このモデルは2008年に廃版になってしまったとか!
フライシートの在庫もないし、
あったとしても在庫の経年劣化が心配とのこと。

polont.jpg
そこで、今回はテントのフライシートに撥水処理をすることにしました。

使ったのは、信越シリコーンのポロンT。

MSRのテントのフライシートの修繕をしたときに
教えてもらった撥水剤です。
調べてみると、テムポ科学のパラウェットというのも
評判がいいようですね。

mytent.jpg

日が高くなって暑さが増す前に、
駐車場の隅にテントを立てて、まんべんなく液をしみこませます。

done.jpg
でき上がりはこんな感じ。
水滴は川のように流れ落ちてくれます。
とりあえず、まだ使えそうですが、
液の耐久性はどれくらいかなあ。

 



関連記事
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。