Seakayaking , Backcountry Skiing , Mountain Trip ...... It's My SLOW LIFE
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
坊がつる発・くじゅう17サミッツ in ONEDAY
大型連休ですね。ボクもカレンダー通りの休みをいただいています。
家族と海に出る予定だったのですが、急遽予定がなくなってしまい、
どうしようかと思っていたところ、山友Morryさんが、
「17サミッツって知ってます?」
よく耳にするなあと思っていたけど
詳しいところは知らなかったのでさっそく検索。
なるほど、1700m以上の山を登ろう・・・ねえ。
Morryさんは分割して登ろうと思っているらしかったけど、
せっかく時間もあることだし、
ケガ後の初めてのロングトレッキングになるので、
ちょいとONEDAYで挑戦することにしました。

同じ日に坊がつる入りするはずだったMorryさんも急な仕事で来られず。
一人で坊がつるを満喫することにしました。
20150919-2101.jpg
1日目は坊がつる入りするだけ。
ここはボクのキャリアの電波は入らないので、
ほんとに何もすることがない空間が広がっています。
山を歩くのは2日目にして、
1日目は仕事で疲れた心と体を休めることに専念しました。

しかし、シルバーウィーク突入で様々なキャンパーが訪れています。
静かな時間を楽しみたいと一番奥にテントを張ったのに、
なんとその真ん前にデカいタープテントを建てたファミリーキャンパーが!
しかも、この人たち、夜の10時近くまで大声で話したり大笑いしたり・・・。
翌朝はご来光登山でスタートするために早くから寝ようと思っていたのに、
子どもや女性の笑い声が耳についてとても寝られません。
10時を過ぎても騒ぐようなら声をかけに行こうと思っていたら、
やはり寝られず困っていた人が一喝!
とたんに静かな空間に戻りました。
いや~、子どもにこんな思いをさせちゃダメでしょう、お父さん、お母さん。
マナーを教えてあげてほしいですね。
20150919-2102.jpg
急に静かになったのはいいけれど、
寝るタイミングを完全に逃してしまい、
ほとんど眠ることができなかったので、
出発を3時間ほど遅らせてとにかく寝不足にならないようにしました。
大船山はいつも朝駆けだけど、今日は青空の下で登頂。
この日は快晴に近い空で、高気圧が張り出し空気も澄んで、
阿蘇の噴煙や普賢岳、由布岳の双耳峰もくっきり見ることができました。
稲星山まで歩き進んだら、久住高原は雲に覆われ、
この辺りで見たことのないような雲海に出会うことができました。
20150919-2103.jpg
10時間近くかかって10峰を登り、スタート地点の坊がつるに戻りました。
いつもは登山者に合わないようなピークにも、
どの時間でも人が景色を楽しんでいました。
まさに登山日和の一日でしたね。
駆け足でもったいないように思えるけど、
この天気の中、たくさんのピークから
いろいろな景色が楽しめたのはこれだけ歩いたから。
久住を堪能できました。
20150920log.jpg
さてさて、くじゅう17サミッツはどう登るの正解なのかよくわかりませんが、
坊がつるをベースにして歩くと、
登山口スタートより数km短い距離で終われると思います。
当初、大船山からは立中山を通って鉾立峠に行くはずだったのですが、
まさかの道間違い!
距離を少し延ばしたと思いますが、
時間的・体力的にはあまり差はないように思います。

足のけがをして以来、無理な山歩きはしていませんでしたが、
これくらいの行程なら十分歩けることがわかってうれしいです。

関連記事
コメント
この記事へのコメント
fusaiさん
ご無沙汰ですね~!!お元気ですか?
お仕事、お忙しいことと思います。
ボクの方は、仕事はパッとしませんが、楽しい休日を過ごしております。また遊びに行きましょう!
2015/09/21(月) 19:39:23 | URL | mouji #kDLYiXOQ[ 編集]
いい天気ですね
お久しぶりです。
ほんと、この連休は天気が良くて最高!
ワーク・ライフ・バランスの充実に努めてください。
2015/09/21(月) 19:24:23 | URL | fusai #c1ds2r8g[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。