Seakayaking , Backcountry Skiing , Mountain Trip ...... It's My SLOW LIFE
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2015 sea kayak trip in 隠岐の島 Vol.1 ~中ノ島の海~
この夏は海友キタさんと、
日本海に浮かぶ島根の隠岐の島にシーカヤックに行ってきました。
昨年計画していたのですが台風上陸のために断念。
今年こそは!と思っていたのに、今回も出発予定日に台風接近(T_T)
またしても……と不安が過りながら、
毎日、天気予報を見て計画を練り直していました。
そして、ここしかない!という一日に決定。
いい条件で漕げるように、休みをやりくりして1週間の滞在することにしました。

さすがに1週間も家を空けたことはなかったので、
荷物や写真の整理などでクタクタです。
ボチボチ楽しい思い出をまとめていきたいと思います。




《島内1日目》
朝イチの船に乗って、島前・別府港に到着。
20150728shichirui.jpg
陸を離れた海の水はひときわ輝くように透き通っています。
胸が高鳴ってしかたありません。
20150728ontheferry.jpg

この日は島をまわってロケハン。
漕げない時は観光してまわることにします。
20150728kuniga02.jpg

隠岐の島は、島前と島後の2つのエリアに分かれています。
ボクたちが漕ぐのは島前エリアです。
ここは国賀海岸というすばらしい景観を誇る場所があります。

しかし、訪れたこの日はガスと強風で楽しめず。
これからの季節、南西の風がここを吹き抜けていくことは容易に想像ができます。
20150728kuniga01.jpg


キャンプ予定地の耳浦に移動して、
とりあえずカヤックツアーを始められたことに乾杯

20150728camp.jpg

お隣でテントを張っているご夫婦は、
大きな魚をたくさん釣ってこられたということで、
新鮮なお刺身をたくさんいただきました(^o^)
ああ、隠岐の島っていいなあと
完全に酔っぱらい状態でのんきに楽しんでいましたが、
しかし、このあと数日は強風の予報が続いていることを、
このときはそれほど深刻に考えていませんでした。




《島内2日目》
島前は3つの大きな島からなるところで、
それぞれの島の景勝地を漕ぐ計画をしています。
そこで、フェリーは島内を自由に行き来できる
フリー航送券を購入していました。
これが、あとあとほんとに滞在を有意義にしてくれるものでした。
20150728freetichet.jpg

島内の移動は本土と行き来する隠岐汽船の3つの船しか使えないと思ったら、
島内を専用でまわる船があることがわかりました。
1~2時間おきに出ているので、思い立ったときに移動ができます。



2日目は、予報通りの強風。
陸上でも風速8m。
とても海に出られません。
しかし、のんびりする余裕はないので、
予定を変更して風裏になると思う島へ移動しました。
20150729明屋海岸01
中ノ島の明屋海岸。
風は感じられるものの、風裏になっていて、少し漕ぎ出せる雰囲気でした。
天気がイマイチでも海の透明度は抜群!
20150729明屋海岸00
目の前にはこの島を象徴するような海食洞があります。
カヤックならではの楽しみを各エリアで味わいたいと思います。
20150729明屋海岸02
海岸から目の前に見える島は1kmほどと思われたので、
まずはここを目指しました。


しかし、漕ぎ出したとたんに白波が立ち始め、
小さな島をまわることもできません。
20150729明屋海岸03

ここで中断するのはフラストレーションがたまるので、
一旦岸に戻り、『三郎岩』を目指しました。
『三郎岩』は、この島一番の景勝地。
観光船がやってくる場所です。
20150729三郎岩01
裏側と言っても強い風が吹き抜けるとこもありましたが、
ここはなんとかたどり着くことができました。
20150729三郎岩02
初日から楽には漕がせてくれません。
20150729三郎岩03
この日は10kmほどのツアーで終了。
くたくたになりましたよ( ´△`)

明日からは海に出られるかなあ。

20150728-0802隠岐の島ツーリングLOG









関連記事
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。