Seakayaking , Backcountry Skiing , Mountain Trip ...... It's My SLOW LIFE
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
MSR Hubba Hubbaのフライシート
今日は午前中に仕事が入っていたため、
今週末は昨日の日帰り登山だけでした。
このまま坊がつるでテン泊したら最高だろうなあと思う一日でしたが、
今日はじゃっかん雲が多く出ていたようですね。
先週テン泊できたので満足しなくてはいけませんね。

先週は星空も楽しめるとても気持ちのいいキャンプだったのですが、
実は嫌なことが一つありました。
それは、使用したMSRのテントのフライシートが
ベタベタしていたことです。
MOSSテントのころも含めて以前のバージョンのテントは、
内側のコーディングがべた付いて臭いまで発すると聞いていました。
3年前に購入したボクのバージョン(緑テント)になってからは
改善されたのだろうと思っていたのですが、
先日、袋から取り出してみてびっくり!
内側同士が張り付いています!
おまけにシームテープはボロボロに朽ちてしまっていて、
フライを動かすたびに粉のようなカスが舞い散る始末・・・(-_-;)
改善されてないんじゃん・・・。
べた付きは朽ちたシームテープの跡のせいなのかもしれませんが、
生地自体もベタベタ感があります。
P1020679.jpg
前回乾かさずに仕舞い込んだのかなあ・・・?
圧縮したままでおいてたのがダメだったのかなあ・・・。
いずれにしてももう一つの国産テントは5年以上経過しても
ノンストレスです。

今年になってMSRのテントがまた赤いカラーで
出ていたのが気になってましたが、
こういったところを直してまた売り出したの・・・?
機能性、居住性、デザイン、使い勝手・・・など、
とても気に入っているのですが、
使っている材料の品質は最悪です・・・。
まだ3年しかたっていないのに、次に使うことがためらわれます。

というわけで、時間ができた夕方に、まずシームテープの残骸を
取り去ることにしました。
しかし、手で取っているとベタベタしてくるし、
全然取りきれないし・・・
P1020680.jpg
どうせ全部のテープがダメになっているんだから、
ガムテープではぎ取ることにしました。
一度でわりときれいになりましたが、
まだまだ細かい残骸がたくさん残っています。
フライシートの内側のコーティングも剥ぎ取ってしまってるようで
そちらも気になりますが・・・。

3シーズン用で使っているから、
次の春になるまでに地道にきれいにして修復してみたいと思います。

はぁ・・・道具に悩まされるのが一番ストレスになる・・・。



関連記事
コメント
この記事へのコメント
とおりすがりさん
こんにちは!貴重な情報をありがとうございます!シームテープ、どうしようかと思ってたところなんです。お値段も手ごろそうで、さっそく注文入れちゃいます!

使用回数の少ないテントなので、ほんとにショックでしたが、フライは濡れたまま乾かすのを忘れてたのかなあ・・・。3連休は天気も悪そうなので、地道にごみを取って修復作業に励むことにします!

BCネタ、ぜひ、こちらにもご提供ください(^0_0^)
2014/10/31(金) 17:17:47 | URL | mouji #kDLYiXOQ[ 編集]
おすすめのシーリングテープです。
透明タイプが良いみたいですよ。
http://www.sugita-band.com/SHOP/122241/list.html


あと、糊残りはこの方法が一番です。
僕は、大昔の DANA DESIGNはこれで綺麗になりました。劣化していない箇所はナンともなく。安くて一番いい方法かもしれません。僕もダンロップのテントのシームテープが剥がれてきているので、いつかいつかと思いながら・・・放置しています。
http://www.yamareco.com/modules/yamanote/detail.php?nid=164

ウレタンコーティングが剥がれるようだと重症かもしれません。

BCネタを参考させていただいていたので、お役に立てばと思いコメントしました。 では失礼します
2014/10/31(金) 15:58:30 | URL | とおりすがり #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。