Seakayaking , Backcountry Skiing , Mountain Trip ...... It's My SLOW LIFE
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
撮るために撮る?残すために撮る?
連休初日に存分に遊べたので、残りの2日間はのんびり過ごしました。
一眼レフカメラを使えるようになるために、
やっとマニュアルと解説本を読むこともできました。

ボクが購入したレンズは、カタログなんかでも仕様がよくわからなかったので
PENTAXさんに問い合わせたところ、


「ダブルズームキットのレンズは防塵・防滴仕様ではありません」


の回答が・・・・・・

そ、そ、そうだったの~?
雪山に持っていく前にわかってよかった~。
こりゃあ、大事に使わなければ!!


いろいろ使い方があるようだけど、
けっきょくボクはオートとシーンモードを駆使する以外に
あんまり使うことはなさそう。

今日も関門海峡では、たくさんのカメラマンを見かけたけど、
ボクはあんな風な撮り方はしないなあ。
あの人たちは写真を撮るために撮ってるけど、
ボクの場合、その時見たものを早く残したいってのが強いから、
便利なオート機能が使えるようになるのが一番。
ボクはこんなので満足なのだ

IMGP0123.jpg

IMGP0112.jpg

IMGP0114.jpg

IMGP0175.jpg

IMGP0205.jpg

IMGP0220.jpg



関連記事
コメント
この記事へのコメント
ayumuさん
解説書って言っても・・・このボタンはなにをするもの、
このボタンはこんな時に使うもの・・・って、
そんなレベルです( ̄∇ ̄;)

マニュアルは、とりあえず一通り目を通す癖があるんですよね。
知らないことがあるのが悔しい!
って思うタイプなんです。

でも、ボクは活字が苦手で、小説とか活字ばかりの本を読んでると
頭がぐわーーーってなります(;^◇^;)ゝ

2013/02/13(水) 04:50:44 | URL | mouji #kDLYiXOQ[ 編集]
KIHA☆MANさん
おぉ~、その本、すごく評判がいいらしいですね!
ボクは店頭で最初に手に取った本がわかりやすかったので
思わず買ってしまいましたが、
最初の本がそれだったら、そっちを買ってたと思います。

防塵・防滴であればよかったんですが、
慎重に使わなくてはいけない!
という心構えがある方が、ボクにはよかったかも。

2013/02/13(水) 04:47:10 | URL | mouji #kDLYiXOQ[ 編集]
私の一眼もそんな機能ないと思いますが
雨降る山にもいつも持って行っています(笑)


解説書を読まれるなんて、素晴らしい~☆
↑と言うかそれが普通なんですよね^^
私、説明書・解説書とか読むのすごく
キライで読んだら頭の中がむず痒くなって
ぐわーーーってなります(笑)

moujiさんがレンズを通して見られた風景を
これからも楽しみにしています~♪
2013/02/12(火) 22:33:47 | URL | ayumu #-[ 編集]
いい感じですね。
せっかくのボディーもちょっとガッカリですね。でもいい感じでとれ撮れていますよv-218

僕の買った本は
『世界一わかりやすい デジタル一眼レフカメラと写真の教科書』インプレスジャパン発行
でした。
僕もカメラは素人なのであまり詳しく書かれてもわからないのでこのくらいで丁度良かったです。
2013/02/12(火) 22:08:56 | URL | KIHA☆MAN #-[ 編集]
shindy★くん
防塵・防滴カメラがレンズによって変わってくるなんて想像もしてなかったから、ちょっとだまされた感じ<`ヘ´>
レンズだってセット物なら、ちゃんとカタログとかで防滴・防塵仕様にふれるべきだよ。
今回の件で、PENTAXさんの信頼度はかなり下がったね。

雪山に持っていくのは、かなりためらわれます~( ̄∇ ̄;)



2013/02/12(火) 21:13:13 | URL | mouji #kDLYiXOQ[ 編集]
そういえば
僕のカメラも、レンズセットで買ったのですが、決め手のひとつにレンズの防塵防滴ってのもありました。
でも雪くらいなら大丈夫ですよきっと多分...
2013/02/12(火) 19:49:48 | URL | shindy★ #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。