Seakayaking , Backcountry Skiing , Mountain Trip ...... It's My SLOW LIFE
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
インプレ・MSR Hubba Hubba HP 【テント】
秋に購入したNEWテント・MSR ハバハバHPです。


MSRのテントはHPがついていないものはインナーがメッシュのものになります。
3シーズンの使用を考えたらHPのものを選ぶ方がいいでしょう。
お値段は1マンエンくらい高くなりますけど・・・。

たいへんいい値がするMSRの製品ですが、
このテント、格安で手に入れることができたものです(o ̄ー ̄o)

これまでボクがメインで使っていたテントは石井スポーツのゴアライトです。
当時、最軽量といわれていたので、奮発して購入しました。



ずいぶん、いろんな山でお世話になりました。
ということで、ゴアライトとの比較を通して、MSR ハバハバHPのインプレッションです。

P1010325.jpgP1010326.jpg


【GOOD
○広い!!
 山岳テントのゴアライトは、2人用といいながら大人2人が横並びになるのはたいへん窮屈です。
 ところが、Hubba Hubbaは、シングルマット2枚を横に並べることができる広さです!!
P1010328.jpg


○軽い
 ゴアライトX
  シングルウォールのゴアライトですが、普段はフライを使います。
  1330g(本体)+380g(フライ)+170g(ボトムシート)=1880g

 Hubba Hubba HP
  1690g(本体+フライ)+198g(フットプリント)=1888g

 これだけの広さがあるのに重量にほとんど違いがありません。
 20Dリップストップナイロンが、薄くてなめらかですねえ。

○前室が広い!!
 
P1010395.jpg Hubba Hubbaの出入り口は側面の2か所。
どちらにも広い前室がついています。
煮炊きもできる広さなので、
雨が降っても火が使えるのがとってもいい!!


○ギアロフト
 
P1010329.jpg 天井には広いロフトが標準装備。
スタッフバッグなんかは全部収納できます。


○ぺグループのテンションロック
 
P1010393.jpg 設置するときまで気が付かなかったペグループ。
コードを引くだけでテンションがかかってロックされる仕組み。
使ってみてびっくり!
これはいいですよ。

 
○フライシートの窓
 
P1010394.jpg インナーにはメッシュの窓が2か所。
 その窓に合わせて、フライシートに写真のように風通し窓がついています。
テント内の喚起がしやすいですね。



【BAD
○スタッフバッグが大きい
P1010408.jpg

 ほとんど特筆すべき欠点が感じられないテントでしたが、
 唯一困ったのが、パッキングがしにくかったこと。
 スタッフバッグは、テント本体とポールを一緒に入れられるもので、
 かなり余裕のある大きさです。
 小さくしても、すぐに膨らんでくるので、ザックの容量をかなり占有してしまいました。

 そこで、本体用にスタッフバッグを準備して、
ゴアライトと同じようにポールのバッグと別にしてやりました。

P1010410.jpg
 すると、こんなに小さくなったのでザックへのパッキングもしやすくなります。
 ただし、スタッフバッグに入れるのが少々窮屈ですけど。

○広い場所が必要
 広いテントなので、設置にはそれなりの広さが必要になります。
 森の中とかでは張りにくいかも。

 厳冬期は雪用フライのオプションのあるゴアライトにかないませんが、
3シーズンの使用では、Hubba Hubbaの方が使いやすそう~♪

 あとは、耐久性の問題ですが、これは数年後までわかりませんので・・・。



☆とにかく、軽くて快適なテントです!!







個人の印象ですので感じ方には違いがあります。ご了承ください。

関連記事
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。