Seakayaking , Backcountry Skiing , Mountain Trip ...... It's My SLOW LIFE
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スマホの実力! 地図ロイド&山旅ロガー
 今日の山歩きでは、スマホのアプリ『地図ロイド』と『山旅ロガー』を使ってみた。
P1010283.jpg


【GOOD

☆正確なログ

GPSの補足しにくい林の中では雑なログになっているけれど、
ほぼ正確にログが取れてると思う!!

P1010288.jpgP1010289.jpg


測定結果の一覧にあるのは、今日のログと前回、英彦山に登った時のもの。
英彦山で初めて使ったけど、どこにどんなふうに記録されてるかわからずほったらかしにしてた。
こんなところにあった~(^o^)

左側に示されてるのは最高到達地点と全行程の標高差グラフですね。
山頂の高さは、古城山が174m、英彦山が1200mだから誤差は10mくらい。



☆共有・転送ができる

GPX形式に変換してPCへ送ることもできるから、
カシミールで編集・保存もバッチリ!!

すごーい!!
これなら高いGPSなんかいらんやん!!って、本気で思ってしまう。
なんといっても、この2つ、無料アプリ~~~!!

今回は藪漕ぎも多かったので、GPS機能があって重宝しました~♪



【BAD

●バッテリー

これは現在のスマホすべてに言えることだけど、
バッテリーの減りが早い・・・。
いや、早過ぎる・・・。

1時間くらいの山行で、時々、位置確認のために取り出して見てたけど、
下山したところでバッテリー残量は65%くらいだったかな。
95%くらいから開始して、この減り方。
午前中歩き通したらバッテリー交換が必要になるかな。
地図として頻繁に使おうと思ったら、まだまだ実用の域にはありませんね。
ロガーと割り切って、測定を開始したら放っておくのがいいでしょう。

●現在地確認

まだ使い方に慣れてないだけかもしれないけど、
現在地は、常に地図上で示されているわけではなかった。
どこにいるか知りたいときは、『現在地を追尾する』と、
位置が更新されてどこにいるのかわかりました。

バッテリー節約のためだと思うけど、
こういう操作の煩わしさは、山では味わいたくないですねえ。
特に、GPSがほしいと思うような雪山歩きや厳しい縦走では。


とはいえ、無料のアプリで数万円するGPSの主要機能が使えるというのはほんとに驚きです!!
バッテリーを何個も持ち歩き、わずらわしい操作をしたり
バッテリーを交換したりの手間が気にならない人にはたいへん使える機能ですよ!!
すばらしい!!



山屋さんや海屋さんは、他にどんなアプリを使ってるんでしょう。
使えるものがあったら教えてほしいな~♪




関連記事
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。