Seakayaking , Backcountry Skiing , Mountain Trip ...... It's My SLOW LIFE
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
大型ザック・インプレ
 8月前半の遠征が終わり、体のメンテナンスと後半の急ぎの仕事のため、しばらく外遊びは休憩です。
道具のメンテナンスはボチボチ終わったので、次のアクティビティまで眠ってもらいます。
ただ、その前に、今回の遠征ではザックについていろいろ思うことがありましたので、
今後の参考のためにも、使い勝手をもとめておくことにします。

これまでテント泊登山のためにボクが使っていたザックは、OSPREYのArgon 70でしたが、
そこに、GREGORYのwhitney 95という大型ザックが加わりました。
寒い時期にぜいたくテント泊をしようと思ったら70リッターでは、少し足りない感じがあるので、
もっと大きいザックがほしいなあと思っていたところ、
昨年、海外のショップにあまりにも安く出ていたので思わず買ってしまいました・・・。

P1020638.jpg GREGORYのwhitney 95という大型ザックは、
日本では正規輸入してないモデルのようです。
(現在はエイアンドエフによって正規取扱いでカタログにもラインナップされ、ナチュラムとか、取扱店も増えているようですね)

 この夏の屋久島と穂高の遠征には、
このホイットニーを使いましたので、
主にこちらのインプレです。


【GOOD

○背負い心地

・ウエスト部分
 ボクが大型ザックに求めるポイントは、重い荷物をいかに安定して背負えるかですが、
ウエストへのフィット感は抜群です。
Response CFS & AFSシステムによって、骨盤にしっくりはまります。
ウエストベルトを包み込むプラスティックのプレートは自立するほどの強度があり、
重い荷物で体が後ろへ引っ張られないようにしているようです。
P1020862.jpgP1020863.jpg


屋久島で背負ったときに違和感があった背面のステイですが、
穂高に行く前に背骨のラインにあわせて曲げ直したら、かなりよくなりました。
P1020864.jpgP1020865.jpg



一方、オスプレーのアルゴンのウエストベルトはは、熱形成するタイプです。
(ボクはしてませんが、使っているうちにフィットしてきました)
ウエストのサイドに当たる部分は腰骨をはさむようにベルトが上下に分かれています。
これがボクの腰にぴったりはまってくれて気持ちがいいんですよね。
日帰りザックやバックカントリーのザックははDANA DESIGNを使っているのですが、
このデイナが2本のベルトで腰骨をはさむタイプで、ボクの好みです。

また、アルゴンは、リカーブロッド(7075アルミニウム製のロッド)がサイドに配置されていて、
これがサスペンションのような働きをして重い荷物を適度に分散してくれるようです。
同じオスプレーのイーサーにはこの弓状のロッドはないようですので、
重い荷物を背負ったときに、両者の違いがわかるそうです。
P1020874.jpgP1020878.jpg


・ショルダー部分
 アルゴンもジャバラ式である程度、肩幅に合わせて調整されるのですが、
 グレゴリーのショルダーパッドは、付け根の部分が可動式になっています。
 これには感動しました~!
 まあ、どちらも、あまり肩に干渉しないので快適ではありますが。
P1020866.jpgP1020876.jpg


フィッティングの仕方(by assesbridgeさん)


 背負い心地が抜群といわれるグレゴリーですが、
30kg近い荷物を背負ったときには、アルゴンの方が安定している感じがしました。
グレゴリーの場合、容量が95リッターとありますが、
縦に伸びていくために、荷物が増えれば増えるほど左右に振られる感じがあるので、
どうしても腰に負担がくる感じがありました。
アルゴンの方が、重さが腰に伝わるまでにロッドで分散されているような感じもあります。
容量は小さいけれど、重量のある荷物を持つ場合ではアルゴンに軍配が上がります。

○使い勝手
 ・トップ、フロント、サイド、ボトムからのマルチアクセスが

 一度背負ったらあまり荷物を出し入れしないので、たくさんアクセスできなくてもいいんですが、
ホイットニーのサイドポケットは使いやすいですね~。
隠しポケットもあるので、ちょっとした小物を入れておくことができます。
ボクは1リッターのナルゲンボトルを入れていたので、給水がとてもしやすかったです。
 アルゴンには、サイドポケットがないかわりにメッシュポケットがあって、
いろんなものを挟み込むことができます。
これもなかなか便利なんですが、ボクなんか適当に詰め込むのでかっこ悪くなりやすいのが難点です。
P1020871.jpgP1020872.jpg


 ・ポケットが(左:WHITNEY 右:ARGON)
 どちらのザックもウォーターボトルを入れておけるポケットがついています。
これに関しては、ななめに差し込むホイットニーの方が抜群に使いやすいです。
最初は落としてばかりだったのですが、ちゃんとゴムで押さえられるようになっていました。
アルゴンの方は、ちょっと高い位置にあって、肩関節のかたいボクは歩きながら取出しが難しいんです。
P1020869.jpgP1020879.jpg




【BAD
○容量について
 95リッターのホイットニーですが、実際に荷物を入れてみると、思ったほど荷物が入りません・・・。
70リッターのアルゴンに無理やり詰め込んだときの荷物と、あまりかわりがないような印象です。
パッキングの仕方を変えてみると、かなり余裕が出てきますが、
なんでも適当に詰め込めるほどの余裕は感じません。
どちらも適性重量は32kgくらいまでとありますが、安定感はアルゴンの方が上のように思います。
というわけで、重量があまり増えず、
かさばるものが多くなる冬前後のテン泊がホイットニーの活躍場ですね。

○強度・剛性について
 初めて手にした印象からすると、グレゴリーの方が縫製などが弱そうに見えました。
重い荷物を入れているときにショルダーベルトを持ち上げると、
ホイットニーは付け根が破れてしまうのではないかと思ってしまいました。
(実際には60kgほどに耐えられる強度があるそうです)
その点、オスプレーの方が安心感がある仕上がりのように感じられます。
P1020865_20110820173655.jpg
 強度に関して不安に感じた一つに・・・

屋久島縦走中、背面のステイの留め金が外れていたんです。これには驚きました。ビスをなくしてなかったのがさいわい。帰宅してしっかり締めておきました。


○素材について

 現物を見ないで買ってしまったザックなので、届いてみて驚いたのがボトム部分の素材です。
ザックは強度のあるナイロンでできていると思っていたのですが、ホイットニーのボトムがビニルっぽいんです。
ターポリンという素材で、実際には防水性や耐摩耗性にすぐれているそうなのですが、
荷物を入れてて引っ張ったら、すぐにでも穴が開きそうな印象です。
防水性がかなり高いことは、嵐の屋久島で証明されました。
というのも、防水性が高くて、逆に困ってしまったのです。
山小屋について荷物を取り出していたところ、ボトム部分に水がたまっているんです。
ここには水抜き穴がほしかったかな~。
P1020867.jpgP1020868.jpg
 


この他、ハイドレーションの機能やギア類のホルダーなど、細かな工夫もありますが、
あまり重要視していないので違いがよくわかりません。


いろいろ書いてきましたが、山を歩くということは単純な動きも、
各メーカーのちょっとした技術でずいぶんサポートされているんですね~。


細かい違いはいろいろありそうですが、ボクが求めている部分でのインプレであります。
感じ方も個人によってまったくかわってくると思いますので、
あくまでも個人の感想だということをご了承ください。


関連記事
コメント
この記事へのコメント
FIXERさん
お役にたてていれば何よりです♪

2012/12/05(水) 20:55:03 | URL | mouji #kDLYiXOQ[ 編集]
ハイドレーションの件
すみません。ハイドレーションの件、
わかりました。ありがとうございました。
これからも よろしくです。
2012/12/05(水) 15:28:56 | URL | fixer #-[ 編集]
FIXERさん
お久しぶりです。
山行は楽しんでおられますか?
ボクの方は、恥ずかしながらケガをしてしまい、もっかリハビリ中です。
Whitney95を背負えるようになるかどうか・・・そんな感じです。

さてさて、ご質問のハイドレーションですが、確認したところ、
本体の右肩付近にハイドレーションのチューブを通す穴がありました。
ここには水滴マークがついています。
メーカーによってはH2Oなどと書かれています。
本体からチューブを出したらショルダーパッドに
引っ掛けるクリップがついているメーカーもありますが、
ホイットニーにはなさそうですね。

栓抜きのようなものは、ベルトの調整用の取っ手です。
まあ、いろんな使い方をしてもいいかと思いますけど・・・。
穴の位置は、こちらのページを見ていただけるとわかるかと思います。
http://www.aandfstore.com/shop/g/g11310370010/





2012/12/04(火) 19:08:03 | URL | mouji #kDLYiXOQ[ 編集]
ハイドレーションについて
こんにちは、ご無沙汰しています。
静岡のfixerです。以前ザックの件で
おせわになりました。そのときは
ありがとうございました。ところで大怪我を
されたとのこと。心よりお見舞い申し上げます。しっかり なおして1日も早く復帰して
くださいね。さて今回もホイットニーの
話なんですが、必要にせまられて

ハイドレーションを使うとおもうのですが、
使い方がよくわからないです。
ハイドレーションの本体は ザック内に入れて そのチューブは どこから出すのでしょうか? またチューブの口の部分はウエストベルトの近くにある栓抜きみたいなのに
ひっかけるのでしょうか?わかったら
教えてください。
2012/12/04(火) 15:41:57 | URL | fixer #-[ 編集]
FIXERさん3
やっぱりホイットニーにしたんですね!
ご購入おめでとうございます~!!
これでどこに行かれるんですかねぇ~(^o^)

Whitneyのロゴは、正面のポケットに入っていると思いますが、たぶん、ザックの色と同色なのでわかりにくいかもしれませんね。

たしかにすき間が空いていますが、ボクはテントのポールなんかを下まで差し込んで使っていますので、けっこう便利です。

パッキングの際、隙間から下に落ちそうな小さな物は、スタッフバッグなんかでまとめて、ある程度の大きさになっているので、これまで心配してことがありませんでした。

ボクが知っている2気質のザックは、ホイットニーのようにセパレーターが外せて、1気質としても使えるようになったものばかりです。
こういう使い方しかできない・・・というよりは、自由度があるものの方が、自分の使い方には合わせやすいです。
2012/01/12(木) 17:35:36 | URL | mouji #kDLYiXOQ[ 編集]
ホニットニー買ってきました
ホイットニー買ってきました~。
でも、これってザックにホイットニーって
名前は入っていないのでしょうか?
それと上と下の2室になっていますが
しきりの左右にすきまが開いているんですが
きっちり2室に分けられないですか?
このままだと上の物が下に転がり落ちて
しまいそうなんですが。よろしくお願いします。
2012/01/12(木) 07:41:45 | URL | FIXER #lgta3MFo[ 編集]
FIXERさん2
正月は、さすがに家族一緒に・・・が掟ですので、
ちょっくら南の鹿児島まで旅行しておりました。
FIXERさんの縦走予定はどこなんですかねえ、
計画するって楽しいですよね~♪

マウンテンダックスとかマックパックとかは、ボクの感覚では渋いなあという感じです。本物っていう感じですかね。
スタージュは実物を見たことがありませんが、アルゴンとホイットニーの中間的な細さで、バランスがよさそうに見えますね。
とにかく背負い心地がいいというのが一番ですので、ブランドや見た目にはごまかされない方がいいですね。
(お前が言うなと言われそうですが…)


>「よにげ」と答えたら 
>屋根とか壁とか登ると思うのでクライミングバックの方がよいと

どちらも抜群のセンスですね!!v(≧∀≦)v


いい相棒が見つかるといいですね!!
ぜひ、感想もお聞かせください。

2012/01/05(木) 21:29:57 | URL | mouji #kDLYiXOQ[ 編集]
ホイットニーについて、回答ありがとうございました。
回答ありがとうございました。
遠出ってどちらに いかれたのですか?
横浜のショップで大型ザックを見ていたら
店員さんに「何にご使用になりますか?」って
聞かれたので「よにげ」と答えたら すごく
いやな 顔をしてました。でも さすが
プロの店員さん 立ち直りも早く、
「あのー、それなら 屋根とか壁とか登ると
思うのでクライミングバックの方がよいと…
」などと 言われてしまいました。

お店にはオスプレーのイーサーもありました。でも色が果物のカキみたいな色でした。
背負って官職がよかったのはマウンテンダックスのスタージェでした。色もあざやかなイエローで いかにも女性が よろこびそうな商品でした。でも男の、しかも オッサンの私には ちょっと はずかしいかなと。
では、また報告しますね。
2012/01/05(木) 08:41:59 | URL | FIXER #lgta3MFo[ 編集]
FIXERさん
こんにちは~。
遠出していたもので、レスが遅くなり申し訳ありません。


さてさて、帰宅したばかりで、実物で検証してみる余裕がありませんので、
今の時点で分かることをお答えさせていただきます。
あくまでも、私見であることをご了解ください。


>「アルゴン85」だったとしたらホイットニーより中身が入るということで

これは全くわかりません・・・。アルゴン85を使ったことがないので。
ボクのアルゴン70はLサイズですので、容量は73リッターのようです。
これまでは、無理やり荷物を縦に伸ばしたり、
横にはみ出したりさせて詰め込んでいたので、
ひどいときには80リッター分くらい持っていたかもしれません。
ホイットニーはMサイズです。
カタログ値で95リッターありますので、アルゴン85のMサイズ
(たぶん85リッター)よりも容量だけ見れば、
やはりホイットニーの方が荷物は入るはずだと思います。

アルゴンはご指摘のように、ちょっと太っちょな感じのあるザックです。
荷物を詰めると背中から外側へ膨らんでいくような感じで荷物がどんどん入る印象です。
ホイットニーは細身で、その分、縦に高くなるように詰めていきます。

>ロゴの下の楕円形の部分
これはメッシュになったもので、外ポケットの中身を見ることが
できるようになっているのかな。ただのデザインではないようです。

>背骨のラインにあわせて曲げ直す作業は、素人の私でもできるでしょうか?

材質はやわらかなアルミ?なので、素手で簡単に曲げることができます。
ただし、背中にフィットさせるという技術は素人にできるかと言われると、
プロに任せた方がいいのでは・・・と思います。
ボクは通販購入でしたので、自分で曲げて合わせました。
何もしないよりは、断然背負いやすくなりましたが、
プロが行えばもっといいでしょう。

>強度についてですが

これにはボクも驚きました!
縦走中、気が付いて部品をなくさなくてよかったと思いました。
グレゴリーの製品にはよくあることなのか、
たまたま悪かったのか、ボクにはわかりませんが。
友人は、オスプレーのイーサーを購入したときに、
縫製に不具合があったということで交換してもらったと聞いたことがありますので、
正規販売店で購入した場合は、そういう対処ができると思いますが、
海外通販なんかだったら、ほんとに自己責任で修繕になるかなあ。

これで全部お答えできたかな?
高い買い物になるのでとても慎重になりますねえ。
でも、ボクは、実は道具を選んでいるときが
一番楽しい時なんじゃないかと思っています(^―^)

ただ、初めて大型ザックを購入されるんであれば、
やはりプロに相談されることをお勧めします。
ボクは何度か失敗して、
前のザックは手放さざるを得なかったという経験もしております。


参考になりましたら。

2012/01/03(火) 22:57:07 | URL | mouji #kDLYiXOQ[ 編集]
ホイットニーについて
こんにちは、hp拝見しました。
ホイットニーの記事参考になりました。
私も大型ザックを探しています。
記事の中で気になったことを質問させて
ください。

まず容量ですが もし オスプレーの「アルゴン70」ではなくて「アルゴン85」だったとしたらホイットニーより中身が入るということで
よろしいですか?ちなみにホイットニーには
サイズが「S.M.L」とありましたよね。


次に背面のステイですが、
背骨のラインにあわせて曲げ直す作業は、素人の私でも
できるでしょうか?

次に強度についてですが、
ここが記事中でもっとも 驚いたとこですが。
背面のステイの留め金が外れていた
とのこと。う~ん。これは こまりますね~。
ただでさえ危険な縦走時なのですからね。

ここは質問ではないのですが、

アルゴンは ちょっと太っちょに見えますよね。それとオスプレーのロゴの下の
楕円形の部分が ちょっとデザイン的に
木になりました。

以上について ご存知のことが
ありましたら おしえてくださいませ。
2012/01/02(月) 09:22:09 | URL | FIXER #30CrQPXY[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。