Seakayaking , Backcountry Skiing , Mountain Trip ...... It's My SLOW LIFE
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
アルコールストーブで珈琲セット
 今週末も雨のため、自宅でのんびり。
海に出てないな~と思いつつ、遠い先の山を思うmoujiであります。

 今日は、新しい道具を使ってみることにします。
今回仲間入りしたのは、『アルコールストーブ』です。
アルコールというと、ガソリンやガスに比べて非力なイメージがあったので、
ボクが使うことはないだろうなあと思っていました。
アルコールランプといえば、頭の中には理科の実験で出てくるヤツ・・・。
そんなので調理??ってな感じです。


 ボクが海や山で使っているストーブは、遊び方に合わせて、
いつのまにか増えていったのですが・・・。

 ガスストーブは、
  大人数用・EPIのGSSA
    普段のキャンプは焚き火で調理も行ってしまいますが、
   予備的な使い方や、火がおきる前にお湯を沸かしたいときなどに使ってます。
   高火力で、耐荷重もかなりのもの!!

  EPIのREVO-3700・EPIのPSSA型コンロ(初めて買った思い出の品です♪)・EPIのBPS-III
  ソロで出かけたり、山や海へコンパクトに持っていきたいときのメインはやっぱりガスストーブ。
    
 ガソリンは、
  MSRのドラゴンフライColeman(コールマン)のスポーツスターII 508A
  寒い時期になると、かさばりますが、ドラゴンフライの出番です。
  安定感のある火力は頼もしいので、冬の遊びの主役です。
  手軽に使える508Aは、冬場の焚き火の補助的な仕事をしてもらってます。
 

 これだけあれば、他には必要ない・・・ともちろん思っていたのですが、
テン場を去る前にコーヒーを1杯飲んで帰りたい・・・。
そんなときに、パッキングした荷物からストーブを取り出すのは容易ではありません。

 寝る前や早朝、1杯のコーヒーを飲みたい・・・。
でも、ドラゴンフライじゃ、まわりのみんなに迷惑だし、
お湯を少し沸かすだけだったら手間がかかり過ぎ!

 
 簡単に、すぐに使えて、軽くてコンパクトに収納できるストーブを探していると、
行き着いたのは『アルコールストーブ』でした。

 定番のtrangia(トランギア)のアルコールバーナーと最近評判のエバニューのチタンストーブとで迷いましたが、
スタンドとセットになったエバニュー(EVERNEW)のアルコールストーブスタンドDXセット EBY255をチョイス!!



 P1010976.jpgさて、その使い勝手は・・・

P1010977.jpg 2つに分かれたスタンド。

P1010985.jpg ストーブ内部には30mlと60ml、上限の70mlのメモリが付いています。
 今回は、よく使うクッカーで、0.7リットルの水を沸かしてみることにします。
使用するアルコールは、60ml。

P1010979.jpg下部にアルコールストーブを置いて、
上部スタンドが五徳になります。
上部スタンドには、パワープレートがあって、火が弱いときには装着する・・・とありますが、付いているものは最初からつけたまんまで使いましょう!

P1010980.jpg 火をつけて、50秒ほどで本格的に燃焼し始めました。

P1010981.jpg 静かに燃えていますが、
かなりの火力にビックリ!

P1010982.jpg 700mlの水は、6分30秒くらいで沸騰しました。
もしかして、うちの非力なガスストーブよりも早い・・・?

コーヒーを淹れるなら、この半分くらいの水でいいから、
準備から5分もあれば淹れられますよ!!

P1010983.jpg さて、燃費の方はというと、
燃料は10mlほど残っているでしょうか。
30mlで1杯のコーヒー。夜と朝の2杯を入れたければ、60mlのアルコールがあればいい計算になります。

P1010984.jpg  このストーブの難点は、消火するための蓋がないということです。
アルコールがなくなるまで燃やすか、無理やり消火するかですが、いざというときに消すことができるようにはしておきたいですねえ。
 コーヒーを入れるステンレスマグカップがスタンドの径と同じくらいだったのでかぶせてみますと・・・消えてくれました。でも、ぴったり密封していないので、火力が強いと周りに漏れた炎が危険ですねえ。

P1010986.jpg なかなかの燃焼効率で使い勝手がよさそうです。ただし、実際のフィールドでは、この軽い炎は風にはかなり弱いでしょうねえ。
 ちょうど余っていたユニフレームの風防があったので、こちらとセットで持ち歩くことにしましょう。

P1010987.jpg 最後は収納性。
 コーヒーを淹れるのに必要なアルコールを60mlのナルゲンボトルに入れて、トランギアのケトルにピッタリ!!
 これは使えます!

 ボクの野点のためのセットができあがり♪
ああ、早くテント泊した~い。

関連記事
コメント
この記事へのコメント
tamaさん
いがいとアルコールストーブファンが多くてビックリです!
tamaさんのミニマムパッキングには最適のアイテムですよ~!アルコールなんか、ガスカートリッジよりも、ずっと小さく持ち運べますし。

カッコよさで言ってもトランギアかなあ。


2011/06/05(日) 23:43:15 | URL | mouji #kDLYiXOQ[ 編集]
私も欲しい~♪
Morryさんと同じく、アルコールストーブは私も欲しいな~と
思ってたアイテムです!
なんとなくカッコイイ!というのが欲しい理由なので、
moujiさんとは動機が全然違いますが…(笑)
ネットで物色してみよ~♪
2011/06/05(日) 22:38:52 | URL | tama #rId1tC1Q[ 編集]
Morryさん
いや~、ちょっと小ばかにしてたんだけどね、アルコールストーブ。いやいや、なんという実力!!残念なのは燃焼時間だけかなぁ。

トランギアの方が、エバニューよりも燃焼時間が長いらしい。その分、パワーは落ちるそうだけど、燃費がいいのは大事なこと。

テント泊したいね~♪
この雨が恨めしいですよ。

2011/05/29(日) 21:59:30 | URL | mouji #kDLYiXOQ[ 編集]
ムムム・・・
先を越されてしまいましたか~~v-12ボクもアルコールストーブ狙っていたんですよね。

>テン場を去る前にコーヒーを1杯飲んで帰りたい・・・。
そんなときに、パッキングした荷物からストーブを取り出すのは容易ではありません。

そうそう。珈琲飲みたいだけっていうときにピッタリのサイズですよね,きっと。moujiさんがエバニューだったらトランギアにしようかな~~。いやいや夏のボーナスまでは我慢するかな。

>ああ、早くテント泊した~い。

付き合います付き合います!
2011/05/29(日) 21:47:22 | URL | Morry #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。