Seakayaking , Backcountry Skiing , Mountain Trip ...... It's My SLOW LIFE
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
最近ヒットした・・・その2 フラッドラッシュ・インナーグローブ
 最近ではないのですが、昨シーズンから使用している
finetrackのフラッドラッシュ・インナーグローブは、
冬山でのアクティビティで欠かすことができないアイテムになりました。


 ボクはかなりの汗かきなので、冬山の登山でも、BCのハイクアップも、
汗をかかないようにけっこう薄着で登ります。

手にも汗をたくさんかくので、グローブの着脱にはたいへん苦労します。
フリースが内張りされたようなグローブだと、
湿気でくっついてアウターとはがれて出てくることもあり、
ものすごいストレスなんです

 そんなときに見つけたのは、フラッドラッシュのスキンインナーグローブ。
ファイントラックの商品はカヤックで実証済みのいい品物ばかりなので、
現物を見ないまま試しに購入。
雪山で使用してみると、汗をかいた手でも表面はべとつかず、グローブの着脱が簡単!
 湿ったグローブの内側も気になりません!!
ボクにはもってこいのアイテムでした。
昨シーズンの終わりに紛失してしまったので、今シーズンは早々と購入しなおし使っております。

気をつけなくてはいけないのは、生地が薄くてストレッチ性がないこと。
力を入れて手にはめたら、「バリッ」と縫製が裂ける嫌な音がしました・・・。
縫製の強度は難点です。

IMGP3349.jpg  finetrackのフラッドラッシュ・インナーグローブ



今年はファイントラックが、5レイヤードのウェアリングを提案しています。
基本的にボクも賛成できる考え方です。
一番内側のレイヤーは、フラッドラッシュのスキンメッシュシャツで、
インナーの快適さを求めて、このシャツも購入してみました。

先日の難所が滝や久住登山で使ってみたのですが・・・、

汗戻りはないのだけれど、肩の縫い目がちょうどザックと干渉して、肩が痛くなってしまいました。
それから、ストレッチがあまり効かない生地なので、肌との間にどうしてもすき間ができ、
その分、ひんやりと感じることがあったので、
冬山ではメリノウールやキャプリーンなどの保温性のあるシャツの方が快適に思います。

山での使用を考えたら、縫い目の位置をずらすなど、
まだまだ改良の余地があると思います。
期待してます!!                 > finetrackさん

関連記事
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。