Seakayaking , Backcountry Skiing , Mountain Trip ...... It's My SLOW LIFE
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
福智山(900.8m)で地図と遊ぶ! 【20th mountain day】
moujiです。
この週末は予定がなくなってしまいました。
天気もあまり良くないようなので、どうしようかなあと昨夜まで考えていました。
昨日、のんびりできたので、山でリフレッシュしたいわけではないので、どうしようかな・・・。
どこかに行くなら近場の山だなとは思っていたのですが、暇だから出かける・・・
は、ボクの遊び方として、ちょっと危険です。

いい景色を眺めたい、山頂でコーヒーが飲みたい、おいしいものを食べたい、昼寝をしたい・・・
なんでもいいから、なにか目的がないと油断して事故にあうような気がするんですよね。

思いついたのが福智山。
ここは縦走では何度か通っていますが、ここだけを目的に登ったことはないので、登山道をよく知りません。

それならば!!
気力も体力も充実しているので、福智山で読図トレーニングだ!!
と出かけてまいりました。


今回は選んだルートは通ったことのない次のコースです。

鱒淵ダム ~ 七重の滝 ~ 豊前越 ~ 山頂 ~ 烏落~ ホッテ谷新道 ~ 鱒淵ダム


IMGP2588.jpg山頂では5組くらいの方々とすれ違いましたが、静かな山でした。
紅葉は少ない山だと思いますが、山頂から下の山々の控えめな色づきと、曇りだけど遠くの山々まで見張らせるほどの視界がよさで、とても気持ちいい一日になりました。

ホットサンドにコーヒー2杯。のんびりできた印です♪


IMGP2596.jpgIMGP2589.jpg


福智山ルート

気持ちのいい山行でしたが、
今回もいくつかのミステイクがありました( _ _ )..........o
さて、それでは反省会です。

このコースに関する事前情報(先入観)
 ・七重の滝ルートは数年前の大雨で通行止めになっていた。
  山道が崩落していたりガレ岩が道を覆っていたりするが、今は通れるらしい。
 ・七重の滝ルートは山道を示すテープはほとんどない。
 ・滝の入り口に赤い橋がかかっている。


IMGP2575.jpgIMGP2582.jpg


IMGP2584.jpg 七重の滝コースまではなんなく到達。入り口をふさいでいたと思われる柵も倒されていたので通ることができるようになったようだ。
道は聞いていたように崩落していたり、土石流がかぶさっていたりだけど、ストレスなく通過できました。

PointA
 滝の入り口の吊橋です。半分くらい土がかぶさっていたので、大雨のすごさを感じました。ここから滝見物ルートに入ります。


地図には『七重の滝』と表示されているものの、これは何番目の滝?
四の滝辺りに滝の地図記号が表示されている感じです。
滝の位置をGPSに登録して帰ればよかった・・・。

位置が特定できないまま進んでいきましたが、高度計で300mのところに来て、
そろそろ自分の位置をチェックしてみようと、地図上で見当をつけ、GPSで答え合わせ・・・。

???

山道から外れてる?
自分は滝の左側だけど、山道は右?
まあ、高度計は目安だけど、GPSの中に表示される山道からも外れてる・・・。
国土地理院の地図の山道は100%信用できるものじゃないから、もうちょっと様子をみようと進んでみます。

五の滝に来たところで、山道に土石流がかぶさっています。
何ヶ所かガレ場があって、そこは踏み跡も見当がつけにくかったのですが、
ここも同じくわかりにくいところでした。

PointB
地図上で現在地が特定できていなかったのすが、
ここで、川の左にいけばいいと思い込んで、ルートを左にとって、
ガレ場の谷に入り込んでしまいました。

どのガレ場も、すぐに山道と合流できていたのに、
なかなか合流できないのでおかしいと思い、
五の滝まで戻ってみると、滝のすぐ横を通るルートがありました( ̄ー ̄;

七の滝を過ぎると、その上にも小さな滝があって、
そこを渡渉すると、なんと立派な山道にぶち当たりました。
やっぱりボクはルートを外していたのか?
それとも、2本ルートがあるのか?崩壊した山道に出てきたのか?
帰宅してカシミールの地図にログを落とすと、
国土地理院の地図の山道とはずいぶんずれていますが、
カシミールで使っているマップでは、七重の滝ルートは軌跡とほぼ一致しています。

やっぱり道は正しかったのだろうか??
いつか検証しなくてはいけませんねえ。

福智山ルート2

大きな山道に出てからは地図を必要としません。
山瀬という分かれ道からは、南西に伸びるゆるやかな谷伝いで縦走路まで出ます。


PointC
空が明るくなってきて、そろそろ縦走路が近づいてきたところで、
山道はやや右の谷に向かっていきました。
ボクの地図ではまっすぐなんですが、
ここも崩壊して巻き道ができたのかと思い、踏み跡に従っていくと、
予定していた豊前越に出てきました。

???

このルートは地図上になかったので、自分で地図に書き込んでおいたのですが、
最後の谷を一つ間違って書き込んでいました。_| ̄|○
(PointCのピンクの線)



というわけで、ボクの地図読みはあてにならん、修行が足りん・・・ということがわかりました。
がんばろうっと!



たぬき水は、十分出ていましたが、ホッテ谷新道途中にある『鈴のしずく水?』は枯れていました。
IMGP2587.jpg



福智山はいい山だ~!
また行かなくては!




関連記事
コメント
この記事へのコメント
シゲさん
お久しぶりです~!
冬が近づいてきましたね~♪
テントを購入されると言ってましたが、もうテン泊はされましたか?

七重の滝のコースは登山には心配ない状態だと思います。ボクは初めてだったので、いろいろ探りながら登りましたが、メインの山道を外してもすぐに気がつくくらいの1本道ですね。
ススキは終わりのようでしたが、やはり眺望のよさが最高の山ですね。
ボクも暇ができたら登りに行きたいと思います。

2010/10/31(日) 21:26:52 | URL | mouji #-[ 編集]
久しぶり
七重の滝コース荒れてますか?
山登りを始めた当時、福知山、よく登りました。
かっこいい山なので、けっこう通いました。
最近行ってなかったので、情報ありがとうございます。
また、遊びましょう。
2010/10/31(日) 21:23:09 | URL | しげ #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。