Seakayaking , Backcountry Skiing , Mountain Trip ...... It's My SLOW LIFE
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
The 14th Yuya Bay Sea Kayak Festival 【7th sea day】
 9月に入り、外に出ている時間が増えたせいか、ますます黒みを増していくmoujiです。
この週末は、山口県の油谷湾で行われるシーカヤックフェスティバルに参加してまいりました。

IMGP2186.jpg YOCという油谷のアウトドアクラブの皆さんが主体で行われる、とてもアットホームな大会です。
 ボクが初めて個人の本格的なレースというものに参加したのがこの油谷のお祭りで、とにかく前夜祭が楽しかったので、毎年、この夜の集まりのため(だけ?)に来ております。


 今年も、実行委員長さんをはじめ、たくさんのみなさんのおかげで、楽しい一日になりました。
まずは、ありがとうございました。





IMGP2173.jpg この油谷シーカヤックフェスティバルは、ローカルな1イベントでしたが、実は、来年、山口県で開催される国体のデモンストレーション競技になっています。というわけで、今年はそのリハーサルの年ということもあって、これまでとはちょっと違った雰囲気でしたが、やっぱり中身は一緒でした・・・(^_^)


 
【Day 1】
IMGP2174.jpg 土曜日は、コースの下見のショートツーリングとYOC主催のミニゲーム。手で漕いで競争なんて、おもしろ過ぎ~!


IMGP2175.jpg 日が暮れると、お楽しみの前夜祭。西日本各地のレーサーが集まって、濃い~~~レース談義が繰り広げられたり、国体に向けて渋い顔をしながら酒酔いに負けてしまっている山口県カヌー協会の方々・・・。いろんな人の思いも、おいしい食べ物とお酒の前に、するりと流れていくのでありました・・・。

 ボクもおしゃべりに夢中で、写真を撮る暇がありませんでした・・・。

 そんな中で、カヌー協会の事務局長さんには、以前から少しお世話になっていますので、来年は違うイベントに参加する約束をしてしまいました・・・ヾ(´゚Д゚`;)ゝ

 このイベントには、福岡の海面ハウスの方々がたくさん来られていて、各レースで表彰台を独占するダイナマさんともお話させていただきました。なんとも気さくでいいお方♪
 海友で、最近カヤックサイボーグと化したHさんとは、来年には福岡に漕ぎに行きたいねえという話になりましたので、いつか、お邪魔させていただこうと思います。


IMGP2176.jpg 今年の夏は、ほんとに異常なくらいの暑さです。これまでテントは山泊のためのゴアライトしか持っていませんでしたが、これではあまりにも暑いため、安いテントを買い足しました。それでも暑いので、真夏のキャンプスタイルはこれです。

 コット+Bug Hut。

 浜辺では寒いかも~と思ったのですが、これでも暑苦しいくらいでした。

【Day 2】
IMGP2178.jpg いよいよ大会当日。予報では強い風が吹くことになっています。レーサーではないボクは、もちろん、荒れた海を期待しております( ̄ー ̄)
 なのになのに・・・、夜明け頃は、ベタ凪の穏やかな天気でした。


IMGP2179.jpg レースが始まろうかというときに、やはり予報通りの風が吹き始めました( ̄ー ̄)

 でも、トップクラスの選手には、そんなことはたいしたことないんです。


IMGP2180.jpg 今年はちょっと大目の参加のような気がします。フネも、それだけたくさんです。全部、同じように見えるんですが、違うんです、これが・・・。
 

 ボクのフネは、荷物がたくさん積めて、どこにでもいけるような4WDのバンタイプ。あとフネは、2シーターのような軽くて機敏なフネやスポーツカータイプのものまで、見た目だけではわかりにくいフネの特徴があるんですよ。
IMGP2181.jpg 当然、スポーツカータイプのフネが速いに決まっていますが、それ以上に速いのが、こんなの。
 これは、もうフォーミュラーカークラスと言えるようなレース艇です。

IMGP2182.jpg こういうフネは、傷がついて抵抗にならないように、無造作には置かれてないんですよ。
 こんなフネと、トラックのようなボクのフネとでは勝負にはなりません。ですが、よーいドン!になると、負けたくないのが心情です。そういったチャレンジも、ボクには楽しみの一つです。


IMGP2184.jpgIMGP2185.jpg

 フネだけではなく、パドルも違うんですよ。
 レースのためによく使用されるパドルは左側の『スプーンパドル』といわれるもので、効率よく水をキャッチして推進力を増します。それに引き換え、ボクの右側のパドルは『平パドル』といわれて、一般的に使われているものです。つかんだ水が横に適度に逃げていきますので、進むための効率が悪くなってしまいます。でも、ツーリングには、100%ノ力を使い切っていてはすぐに疲れてしまうので、こういう要素が大切です。

 レースでは少しでも前に進むために選手の皆さんは、少しでもいい道具を選択してレースに臨みます。そういう道具を見ると、鈍足ツアラーのボクは対抗心で燃えるのですが・・・、けっきょく、上位の選手には太刀打ちできません。なぜなら、エンジンとしての体の鍛え方が違います。この方々は、どんなフネに乗っても速いんです。

 とは言え、たぶん、今回のレースでも、ボクは平パドルでは1番だったはず♪
しかも、重いナイロンブレードだし~。
 誰も知らない密かな優越感です。
なんてったって、ボクは快速ツアラーを目指していますから♪


IMGP2183.jpg こういったレースでの楽しみはもう1つ。こんなイベントでないと出会えないカヤッカーの方々との交流です。

 これは山口連?の師匠さんです。仏の顔を持つ筋肉マンです。この方のアドバイスで、ボクのフォワードは進化しました。尊敬するカヤッカーのお一人です。
 なんと、この拙ブログを「見てるよ~♪」との御言葉。恐縮です。ぜひ、また、ツーリングでご一緒させてください。


 
 
 夏休み企画が8月で終了したのに、秋は秋で、スポーツの秋。
海も気持ちよく漕げ、キャンプをしても楽しそうです。



しかし、このままではボクにはオフシーズンがない(゚〇゚;)


いえいえ、仕事も軌道に乗り、これだけ遊ぶことができるんですから、幸せなことです。









関連記事
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。