Seakayaking , Backcountry Skiing , Mountain Trip ...... It's My SLOW LIFE
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
'10ボクの夏休み!第2弾・屋久島縦走登山(森の巻)
【13th & 14th mountain day】

 屋久島滞在後半から腹を下してしまい,体力が回復しないまま,
ダラダラと家で過ごしているmoujiです。
 おなかをこわすなんて10年ぶり!!何が悪かったんでしょう・・・。

IMGP1847.jpg

 さて,屋久島山行の後半です。
台風の風雨を避けて,森に入ってきました。
ホッと一安心で,次の宿泊地・高塚小屋に向かいます。
【Day 3】
 平石を過ぎて森に入ると,もうそこは台風を感じない静かな世界でした。
残念ながら山の姿を見ることなく森に入ってしまいましたが,
森では屋久島のもう1つの美しい世界が見られます。
IMGP1838.jpgIMGP1840.jpg

 到着した高塚小屋でボクらを待っていたのは,鹿児島大学のワンゲル部の学生さんお二人。
どうやら,調査のために,8月いっぱい滞在するそうなんです。
すでに小屋の主となったリーダーは,あとから入ってくる利用者にテキパキと指示をしていました。
キミはほんとに学生・・・?
IMGP1860.jpg
IMGP1848.jpg 今回の行程では,高塚小屋ではなく
新高塚小屋に宿泊することもできたのですが,
無理をしてここまで来た理由のひとつは
縄文杉がすぐ近くにあることです。

 屋久杉はどれも威厳があり,生命力に溢れているので,
どの木を見ても感動できるのですが,
縄文杉の迫力は,やはり別格ですね。

 14時過ぎの縄文杉前は無人の空間でした。

IMGP1850.jpg 近くの水場で夕食用の水を汲んだら,

お楽しみの島水での水割り♪♪

静かな時間を楽しみました~♪♪



【Day 4】
 さて,いよいよ下山の日を迎えました。
この日が,台風の最接近のようですが,森の中は意外と静かですので,
予定通り,山を下りることにしました。

 巨木の森は,歩いているだけでも気持ちのいい場所ですが,
少し足早に歩く必要があります。
 それは,縄文杉観光の団体とすれ違わなければならないからです。
狭い山道ですれ違っていたら,待っているだけでかなりの時間がかかります。
下山口には予約しているタクシーが待っているので,時間通りに下りなければいけません。

 とはいえ,今日は台風の最接近の日。
さすがに登ってくる人は少ないだろう・・・と油断していると,
ウィルソン株あたりはすでに観光地の様相でした・・・。
IMGP1882.jpg みんなが撮っている

ウィルソン株の中から見えるハート。

今回はボクも撮ってみましたが・・・。

使い道がない・・・。


 ここから先は,団体さんとのせめぎ合い?
声をかけないと止まってくれない団体もいるので,
譲るより進む気持ちで歩かなければいけません。

 ヘトヘトになりながら,なんとかトロッコ道まで下りてきました。

 ここで,メンバーの1人が足を痛めて歩きにくくなってしまったので,
先発隊のボクが先に下山して,再び迎えにくることにしました。
IMGP1894.jpg この時点でちょっと時間の心配はあったのですが,早足で下山口に向かっていたら若干の余裕ができたので,白谷雲水峡で太鼓岩に登ってみました。
 前日まで,全く眺望に恵まれなかったところに,太鼓岩からのすばらしい見晴らし!
 また,ここには来よう!と思いますね。


 白谷雲水峡につくと,すぐに予約のタクシーがやってきました。
今回はギリギリの行程になってしまいましたが,その後,全員ピックアップでき,宿に到着です。
屋久島の絶景には出会えませんでしたが,
大きな怪我もなく,全員無事下山できたことがなによりでした。


【Day 5】
IMGP1908.jpg 屋久島滞在最終日も,別の山に登る予定だったのですが,朝から雨。
ずぶ濡れの道具の片付けもあったので,
ゆっくり朝を過ごし,
屋久島観光に予定変更です。

IMGP1911.jpg 20年ぶりに訪れた永田浜。感動です!
 一人で初めてテントを持ってキャンプした場所は,今でもほとんど変わりがありませんでした。
 ウミガメの上陸する浜は,荒れてたかな。

 この浜で,なんと鹿之沢小屋で出会った青年とばったり出くわしました。
永田歩道はヤマヒルが出るので,薬をかけてあげていたんだけど,
出発してすぐに,侵入されそうになったそうです。
 無事下山できたようでなによりでした。


 ボクたちも,無事,帰還し,屋久島遠征が終わりです。
初めてのメンバーにはちょっと残念な遠征だったと思いますが,よくがんばりました~!

 ボクはといえば,いつもよりも厳しい行程で,無事,最後まで歩き通せたことが大きな自信になりました。
また,悪天で考えなければならないことがたくさんわかった山でした。
まだまだ未熟ですね~!




 さて,お盆はゆっくりしたいところですが,そうはいかないですねぇ。




関連記事
コメント
この記事へのコメント
tamaさん
この夏は遠征がなかったようですね。
次は秋の連休くらいですか?

アルプスを知らないボクは,今のところ,
屋久島というフィールドが一番魅力的なんですよね。
ほんとに毎年会いに行きたくなるほどですわ。
今回のようにつれなくされるとなおさらですv-10

盲目なのは,中毒ではなくて,恋焦がれてるからなのv-413
2010/08/18(水) 02:21:18 | URL | mouji #kDLYiXOQ[ 編集]
たかさん
いらっしゃいませ~v-10

足の方はよくなったようでよかったですね~。
ボクは一度痛めると,完治に1ヶ月くらいかかるので,
怪我の予防やサポートには,とっても慎重なんです。
こういうのも,慣れかな。

今回は残念な山歩きでしたが,4日間,山の中で過ごした体験は,
かなりの経験になったことと思います。
自分の大きさがわかるようになる山って,すばらしい!!

これで,どこのどんな山でどんな天候にあっても,かなり対応できますね。
そう思うと,行きたいところに欲が出てしまいます・・・( ̄¬ ̄*)
またご一緒してくださいませ~♪
2010/08/18(水) 02:14:37 | URL | mouji #kDLYiXOQ[ 編集]
fusaiさん
コメントが遅くなって申し訳ない!!

雨は当然覚悟していた屋久島だったんですけど,
さすがにあの風雨・・・。
来るなと言われているような気さえするすごさでした!

それよりもなによりも,4日間ずぶ濡れになった道具類のあの○○○!!
たまりませんでした~!

でもでも,屋久島はボクにとって,最高のフィールドです。
海も山もいいですね~!
川では毎日のようにカヤックが出ていましたよ。

自然を愛するアウトドアマンには,ぜひ,訪れてほしいところです♪
2010/08/18(水) 02:08:23 | URL | mouji #kDLYiXOQ[ 編集]
遠征は北かな~?それとも南かな~?などと、
いろいろ想像しておりました(笑)

屋久島の山はそれぞれ魅力があるようですね~♪
私もどっぷりハマって登りに行ってみたいです。

屋久島は魅惑の島らしいので、ヤクチュウ(屋久島中毒)には
くれぐれもご注意ください…( ̄ー ̄)

2010/08/17(火) 23:27:32 | URL | tama #rId1tC1Q[ 編集]
お初です!
見つけましたよ~!!moujiさんのブログ!!
こんばんわ、たかです<(_ _)>
屋久島に行く前から、ずっと・・・いろいろとお世話になりました☆
足の痛みはもうすっかりとれました!しかし、moujiさん・・・わたしも一緒でお腹を下してしまい・・・早3日。一向に良くなりませんv-404ホント、何が原因なんでしょうv-292
いろいろなことがわかった5日間でした。自分の未熟さ、屋久島のすばらしさ・・・。次は色々経験を積んで臨みたいですね!
次も誘ってくださ~いv-290お願いします!
(写真もありがとうございました。)
2010/08/16(月) 23:55:15 | URL | たか #-[ 編集]
マンキツ
台風の影響が最小限でよかったですね。
それにしても・・・
山、森、海と見所がおおいフィールドなのですねぇ。
いつか行ってみたいものです。
カヤックで漕いでみたい!
2010/08/15(日) 18:06:46 | URL | fusai #c1ds2r8g[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。