Seakayaking , Backcountry Skiing , Mountain Trip ...... It's My SLOW LIFE
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
鳥取県・伯耆大山 2日目~ユートピアコース~ 【9th mountain】
 ボクの仕事にお盆休みというものはありませんが,この時期は気忙しいものですから休暇をとってゆっくりしています。遠出して帰省の渋滞に巻き込まれるのも嫌なので出かけることはめったにないのですが,今回は友人と鳥取の山へ遠征です。

 2日目,大山の麓の下山キャンプ場で目を覚ましたました。早起きのA兄さんは早くも動き回っています。でも,この日の天気は午後から晴れ。午前中,大山は雲の中です。出発を遅らせて,しっかり山の姿をおさめて帰るつもりですので,朝はゆっくり過ごしました。

 駐車場で食事をしていると7時ごろから車が頻繁に入ってきます。このキャンプ場の駐車場は登山者にも解放されているので,登山目的の方々がやってきているようです。8時前までには駐車場は埋まってしまったのに,まだまだたくさんの車が入ってきます。天気がよくなったので,今日はかなりの登山者がいるようです。

 本日の登山路は大山東側を登るユートピアコースです。夏山登山道から登頂した弥山が山頂とされていますが,ユートピアコースから続いている『剣が峰』の方が標高は高いんです。弥山~剣が峰間は崩落がひどくて通行することができないのですが,どうやら剣が峰までのルートもかなり崩れて危険なようです。登るかどうかは目の前まで行って決めることにしました。
P8140030.jpg このルートの出発は,昨日のゴール地点となった大山寺奥宮です。しっかり安全祈願をして出発です!

P8140031.jpg ユートピアコースは整備された夏山登山道と違って,本格的な山の道です。最初の尾根に取り付くために,いきなりの急登に汗が噴き出します。

P8140035.jpg 山はまだほとんどガスの中ですが,風が通るところに立つと谷から上がってくるガスの冷気が気持ちいい~んです。

P8140038.jpg 山頂はそびえる壁のはるか上なのです。一歩一歩,歩を進めるしかないのですが,きついです~。

 すると,少しずつガスの切れ目が出始め,ときどき山の姿が見えてきます。地図でイメージしたとおりの急峻な,いや絶壁の北壁からいくつもの谷筋がみえます。
daisen_north1.jpg
CA3B0012.jpg ユートピア小屋下の分岐まで到着すると,A兄さんはちょっと休憩。その間にボクは尾根の東端にそびえる『三鈷峰』に駆け足登山です。

P8140041.jpg ちょうどお昼ごろ,ユートピア小屋に到着しましたが,ガスはまだ切れません。小屋で昼食をとって,しばし休憩です。
 このユートピア小屋も,小さな避難小屋なのですが,とてもきれいに整備されています。

P8140049.jpg よくここを訪れる方にお話を聞くと,この小屋の周りは7月ごろは花が咲き乱れて花畑と呼ばれているそうです。尾根沿いにはその名残のように高山植物が咲いています。
 夏山登山道の方はすごい人の賑わいでしょうが,こちらはとても静かな山の時間です。大正解!!


 晴れ間が多くなってきたところで,小屋から上に続く縦走路に登ってみることにしました。常連の方も登っていかれますが,今日は剣が峰に行くのはやめておくということです。
P8140055.jpg 大山の尾根は脆い細かな岩の地質で,歩くたびに両側の谷に石が転げ落ちていきます。道は次第に細くなっていき,両側の谷が真下に迫ってくるようでした。A兄さんは『天狗が峰』の手前で断念。高所恐怖症のボクも,その先に進むことが躊躇われましたが,ここを目指す機会はそんなにないし,天候も味方してくれているようでしたので先に進みました。

P8140056.jpg 
 歩を進めるたびに石がコロコロ・・・。なんとか登っていくことができるのですが,下を見ると泣きそうです^^;
 やっと最初のピーク『天狗が峰』に到着です。南側からも痩せ尾根が続いています。

P8140061.jpg ここから先はさらに道が細くなっていることがわかります。でも,最高峰『剣が峰』はあと少し。え~い!!と勢いで行ってみることに。

そして,後悔・・・。

道がないやん・・・。


 道には足を一つおくことができるようなスペースしかなく,なんとか,脆い潅木も使いながらガリガリに痩せた尾根を渡っていくと・・・・・・

kengamine.jpg

 これまでより少し抜け出した山頂から,日本海に広がる雲の海が見えました。
大山最高峰に無事登頂です。
んんん!感動です!!


と感慨にふける余裕はなく,先ほど来た道を戻りますが,
下りの方が数倍恐怖感が増しています・・・・・・(TT)

IMG_1050.jpg
 待っていてくれたA兄さんと地元の山ヤさんに出迎えられ,ほっと一息です。無事に戻ってくれたボクは,若干興奮気味です。

 みんなで下山を始めた頃にはガスは見事になくなり,北壁の姿が見えました。
美しい夏山の色ですね~~~!!
九州の山とは違った山容にうっとりです。
すごくいい山でした!!
daisen_north0.jpg
P8140067.jpg 帰りは『砂すべり』というコースで下山。地元の山ヤさんが,ずるずると滑る砂地の上を軽快に走って下っていかれます。ついていったボクたちも,あっという間に大山寺まで戻ってきました。


 下山して元谷から見る大山の全容は,やはり雄大で美しい形でした。
伯耆富士と言われる形と違って,荒々しい北壁もとても美しく感じられました。
大満足の山行でした。

daisen_north.jpg

 帰りはちょっと渋滞にあっただけで,無事帰宅。
A兄さん,お疲れ様でした~♪

関連記事
コメント
この記事へのコメント
fusaiさん
盆明けもずっといい天気が続く予報だったのに,また低気圧が迫ってきましたね~。昨日も帰り道で降り始めたので,ほんとに束の間の晴れ間を楽しむことができてラッキーでした。たしかに日頃の行いがいいんです^^♪

大山はとてもいい山で,ほんとに気に入りました。夏山登山道は観光気分で登るような人もたくさんいて,それでも登れるくらいの整備のされ方でしたね~。それでも,9合目付近からの景色は抜群なんだと思います。また機会があったら,弥山側にももう一度登ってみたいですね。
山をゆっくり楽しみたいと思われたら断然ユートピアコースがお勧めです。剣が峰までは,ほんとは行っちゃいけないのかな?ほとんどの人が手前で引き返しましたもんね。
1500mを超えた景色は,アルプスじゃないの?と思うような景観です。ぜひ楽しんでください。
2009/08/15(土) 18:22:04 | URL | mouji #kDLYiXOQ[ 編集]
お疲れ様でした
大山の夏姿が見られたようでよかったですね。低気圧が中国地方を囲んでいたようでしたが・・日頃の行いが良いからですね!

そのうち行きたいと思っている山なので参考になりました。ユートピアの方はあまり情報を見つけられなかったので有り難いです。でもこのレポ読んで怖~くなりました。大変な道ですね。山慣れしているからこそですね。
勇気を出して登った先の景色は最高だったでしょう。
2009/08/15(土) 18:09:28 | URL | fusai #c1ds2r8g[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。