Seakayaking , Backcountry Skiing , Mountain Trip ...... It's My SLOW LIFE
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Trekking【08_No. 21】祖母傾完全縦走3日目
【3日目・九折越小屋~傾山~水場コース~三ツ尾~九折】
 2日目の夜は避難小屋での宿泊です。さすがに3連休とあって,小屋はいっぱい。そんな夜はいびきのオンパレード。ボクもかなりご迷惑を掛けたと思いますが,早く寝たもん勝ちです♪
 朝までぐっすりと行きたかったのですが,夜,小屋の屋根を叩く雨の音。予報では3日目は崩れます。天候次第では3日目はそのまま下山しなければいけないかもしれません。
PB030115.jpg 朝になっても雨は止まず,同じコースを辿る人たちもエスケープルートを検討しています。ボクたちは始めから緩やかな水場コースの予定なのですが,ここを何度も縦走されている方から,水場コースも胸まで水がきて越えられないときがあったと聞きました。だめになったら引き返すということで予定通り決行です。無謀なわけではありません。前夜の天気予報で雨は長く続かないということがあったからです。
 さすがに暗いうちの出発を避けて明るくなって小屋を出て,ガスに隠れる傾山を目指しました。

 そんなボクたちを出迎えてくれるように,山頂に立ったときにガスもきれいに晴れて,祖母の深い深い谷と縦走路,そして,周りに広がる雲海を見せてくれました。通れるだけでもいいと思っていたところに,思いがけない山頂からの景色にMorryさんと大興奮です。雨も上がっていますので,このままゴールを目指すこととしました。

 山頂から九折登山口までは『坊主尾根コース』と『水場コース』という2つのコースがあります。坊主尾根コースは,巨大な岩山をいくつも越える難コースで,この日はみんな危険だということで水場コースを選択していました。ボクたちは数年前に坊主コースを通っていたので,当然,始めから水場コースです♪
 地図で見ても緩やか等高線を描いていると思った水場コースですが,下山路の落ち方,等高線に表れないアップダウンの多さには参りました・・・。なによりこのコース,どこを見ても同じような景色に見えます。テープの少ない祖母の山道ですが,このコースにはたくさんテープがつけられており,これがなければ迷ってしまうでしょう。おまけに山道は落葉で隠されてしまっています。この辺りはできるだけ早く山道を見つけて時間のロスをなくすよう気をつけました。
PB030148.jpgPB030149.jpg

 下山時は,同じ北九州で山を登られているダンディな山屋の紳士とご一緒させていただきました。教えていただいた山で,またいつかお会いしたいです。
 3日目も,少し時間がかかってでしたが,Morryさんと二人,怪我もなく無事下山。そして,念願の祖母傾完全縦走です!!感無量で下山後は握手!!感動しました~。これで,ボクも趣味で山に登ってますと言ってもいいですよね。のんびりしか歩けませんが,難コースを歩きとおした充実感でいっぱいです。
 同行してくれたMorryさんに,お名前も聞かないままで楽しい時間を共有させていただいた山男さんたち,親切なご夫婦,みなさんに感謝の気持ちでいっぱいです。これまでで最高の山行でした!!(でも,もうしばらくはこんな縦走はしません・・・疲れました~~~!!!)
 1日目・約16km10時間
 2日目・約17km11時間
 3日目・約11km6時間
(距離は正確なものではありません。)
恥ずかしいコースタイムですが,最低レベルでも完全縦走達成で~す


関連記事
コメント
この記事へのコメント
さるぼぼさん^^
はじめまして~!
Morryさんの前のブログで拝見しておりました。たしか、たいへんな美人の山屋さんだったと記憶しております♪
 いやいや、距離はともかく時間はボクたちの亀ペースでしたので、お恥ずかしい限りです。
 遠いところから九州の山まで来られてるんですね。阿蘇は来年登りつくしてやろうと思っております。ボクとしては、くじゅう連山がお勧めですので、機会がありましたら、ぜひ楽しんでください。
2008/11/12(水) 18:58:02 | URL | mouji #-[ 編集]
大業を成しましたね!
はじめまして、Morryさんのところから来ました。
すごい縦走ですね。距離にも時間にも驚きました。
私も山好きです。
九州の山にはなかなか行けませんが、去年阿蘇に行きました。
年末はまた九州に行く予定ですが、今回は山にはいけそうにありません。
共に山を楽しみましょう!
2008/11/12(水) 16:53:43 | URL | さるぼぼ #-[ 編集]
neckyさん
 neckyさんに山のイメージはありませんが・・・岩の上に立って感動を味わっているお姿は、すぐに想像できますね♪
 山登りとシーカヤックはよく似てますね。今回のような縦走登山はシーカヤックマラソンみたいな感じで、景色も見ずにひたすら・・・という方がほとんどだったのに驚きました。やっぱりボクは、山でものんびりツアラーだなあと思いましたねえ。
 同じフィールドに立っていても、人それぞれ、求めるものや感じるものが違うんだなあと思いました。山に入ると、ついつい、もの思う自分がいることに気がつきます。
2008/11/05(水) 12:10:07 | URL | mouji #-[ 編集]
魅力
遥か昔のこと。そう、数年前といえないのがちと寂しいですが。
会社の同僚、女子3名と共に山小屋泊で尾瀬に行きました。良く分からずに燧岳を登ったのですが、その時の山頂の景色を思い出します。
尾瀬ババという言葉ができたくらい、お手軽トレッキングコースだったはずが、私の希望で燧岳を登ることになり・・・
お散歩のはずの尾瀬を登ってきたのです。
途中、雪渓あり、急なアップダウンあり、それでも可憐なお花などを眺めながら岩場をひとつひとつ登り詰め、山頂に到達した時の気持ちは「えも言えぬ」感動でした。時折流れる雲の間から見え隠れする周囲の山々の景色はそれは素晴らしくて。
私たちはやっとの思いで登ったのに、お父さんと登ってきた4才くらいの女の子が楽しげにしていたのにはびっくりでした。
山に取り憑かれる思いが蘇りました。
山登りとシーカヤックって、共通するものがあると思います。
2008/11/05(水) 11:12:44 | URL | necky #-[ 編集]
ありがとうございます!!
 今回,いろんな山屋さんを見ましたが,みんなそれぞれの山登りがあるんだなあと思いました。ボクみたいに景色を楽しむだけではなくて,何度もここを縦走されている方なんかは,ずっとゴールを目指して自分との戦いを常にしているんだなあと感じました。それこそ,マラソンランナーです。
 そんなことも含めて,今回はいろんなものを肌で感じた3日間でした。やっぱり景色を見にいく山登りが,ボクにはいいなぁ~♪
2008/11/05(水) 06:02:57 | URL | mouji #-[ 編集]
おめでとうございます!
完全制覇、おめでとうございます。
3日間歩き通せる体力、精神力、すばらしい!!
山登りはマラソンと一緒、他人と競うよりも自己との戦い、タイムよりも達成感と思っています。
一生できる趣味だと思いますので、お互い、怪我をしないように楽しみましょう!
2008/11/05(水) 04:37:13 | URL | 山奥 #-[ 編集]
終わったね~!
お疲れ様~!
山もよかったけど,今回計画通りに進んだのが一番の収穫ですよ。サポートしてくれたMorryさんには大感謝ですよ。また,このしんどさを忘れた頃に大縦走をしましょう。
2008/11/05(水) 00:21:11 | URL | mouji #-[ 編集]
終わりましたね~~
>もうしばらくはこんな縦走はしません・・・疲れました~~~!!!

ボクも同感です~~><
充実感も疲労感も並みの山じゃあありませんでした。さすが祖母,傾。手強いです。

しばらくは足の豆の治療に専念しますわ~~
2008/11/04(火) 23:52:48 | URL | Morry #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。