Seakayaking , Backcountry Skiing , Mountain Trip ...... It's My SLOW LIFE
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Trekking【2007_No.11】広島県・深入山
 今日は一人で山に行きたい気分だったので,思い立って広島県まで。
 いつもの191号線を通って広島県に入りますが,今何月?信じられない陽気の八幡高原です。悲しくスキー場の人工降雪コースが見えますが,雪の気配は感じられません。こんなときに,バックカントリーする山に登ってリサーチです。

 今までは人についていくか,先に登った人のトレースを手がかりに登っていたのですが,やっぱり山自体知っておかないのは怖いモンです。雪が積もったら山道はあまり関係なくなりますが,それでも正規の登山ルートを知っておきたかったので,GPSに記録です。
深入山

 アクセスしやすい東から登ってばかりでしたので,今回は南登山から。これがけっこうな急斜面。久しぶりの山と病み上がりの体で,ちょっと登るのも一苦労でした。
 登山口に,山頂が低くなっていくので,積み石の協力を!とありましたので,張り切ってたくさんの石を運んだのも足にきてます・・・。
DSC01393.jpg
DSC01401.jpg

 深入山はあまり雪崩の心配がないと聞きますが,南側斜面は気をつけたほうがいいと聞いていたので,チェックしながら登っていきます。
CA280058.jpg
 肩から見上げた深入山・・・・・・雪の気配すら感じません。でも,トレッキングには最適のポカポカ陽気。天気の心配もしていましたが,すばらしい青空。山頂からの景色も気持ちいい~!
 今日はのんびりしたいと思っていたので,本とコーヒー2杯を山頂で楽しみました。

 南側には遠く恐羅漢,聖湖が見渡せるすばらしい眺望です。
南側の景色
 
 気になっていた深入山北側。ここは慣れた人たちが滑り降りていくのを見たことがあるのですが,登山ルートが確認できませんでした。尾根伝いに滑っていくと,いこいの村まで降りれるのかな。山奥さんとか,詳しくないかな~~~?
北斜面

 お散歩コースと思っていた山でしたが,この1ヶ月何もしていなかったので,ひざにきました~~~!がんばって鍛えなおそう。雪乞いも忘れず!

関連記事
コメント
この記事へのコメント
ないですよ・・・
fusaiさん
 トレッキング,楽しんでおられるようですね。行った事ない山もあるので,レポが楽しいです。

 スキー場でもですけど,ホワイトアウト(今まさにやってる・・・)になったら,平衡感覚がおかしくなってしまうんで,GPSはいざというときの保険ですよ。海もですけど,山も怖い思いをしたことが何度もあるので,チキンのボクには必要な準備なんです♪
2007/12/28(金) 15:02:48 | URL | mouji #-[ 編集]
本当、雪無いですね~
心配です

さて。
広島の山って深入山だったのですね。確かにBCスキーをする際にルートをイメージしておくと助かるでしょうね。何せ踏み跡なんか見えないのですものね。GPSあれば大丈夫のような気もしますがどうなんでしょう。
バッテリ切れたり機器の故障も考えられるから、やっぱり「知っておくこと」なのでしょうね・・

コーヒー2杯。美味かったでしょう!
2007/12/28(金) 14:35:17 | URL | fusai #c1ds2r8g[ 編集]
お気をつけて
Morryさん

 これは由々しき問題ですよ。今シーズンは,ほんとに何回滑りに行けるやら・・・。

 めがひらは,この時期でも人出が多いでしょう。道中は心配ないと思いますが,ゲレンデでの人間にご注意を。
2007/12/28(金) 07:12:57 | URL | mouji #-[ 編集]
う~~ん
とても冬とは思えない景色ですね。
実はこれから支度をしてめがひらに滑りに行くことになりました。前々から職場の仲間と計画してたので決行です!

明日の天気が心配です~~
雪も全然降らないし~~

年末の寒波でたくさん降るといいですね☆
2007/12/28(金) 02:06:22 | URL | Morry #-[ 編集]
ありがとうございます~♪
山奥さん
 林道も一通り見て回ったんですが,出てくる場所がなさそうだったんですよね~。そのかわりにいこいの村の裏手に,山道ではない道があったので,そちらに出てこれそうな気がしました。
 今年は雪が降っても気温が高い日もあって不安定な感じがするので気をつけないといけませんねえ~。
2007/12/27(木) 20:11:44 | URL | mouji #-[ 編集]
北斜面はよく知りません。
余り詳しく無くてすみません。
普段はスキー場からゲレンデを直登、肩の部分まで直下降したら、尾根を一本松辺りまでトラバースし、東斜面をいこいの村まで滑り降りています。
北には林道が小坂方面へ走っているので、ボーダーはそちらへ降りているのかもしれませんね。
東壁にもクラックが出来たのを見たことがあります。深入山では大きな雪崩は起きないとは思いますがお互い注意しましょう。
2007/12/27(木) 20:00:57 | URL | 山奥 #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。