Seakayaking , Backcountry Skiing , Mountain Trip ...... It's My SLOW LIFE
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
夏の終わりの海
今日は海友キタさんと、数年ぶりに萩の姫島にやってきました。
美しい浜辺と岩肌の海岸線。
波打つ水も透き通ったお気に入りの海です。

2015082901.jpg
この海の透明度はどこにも負けてませんよ。
2015082902.jpg
モドロ岬付近も海食洞があって楽しめます。

2015082903.jpg
姫島の青の洞窟。
今日はあいにくの天気で輝き具合はイマイチ。
また来なくちゃね。

2015082904.jpg
美しい玉砂利の浜で休憩。
潜るのには水が冷たすぎて、
秋の訪れを感じました。

上陸後は久しぶりにGI Paddlersのネイコさんにお会いできました。
また、こっちの海に遊びに来ますね~♪

この夏は、昨年のうっ憤を晴らすかのように遊び過ぎました。
少し体も休めて、秋を迎えましょう。






スポンサーサイト
Hakata event & Osaka Trip
土曜はGeocache イベントに参加。
次の日所用があったため、夜の部は飲むことができませんでしたが、
この日初めて出会った九州GCerさんたちと楽しい一日が過ごせました。
社交的でないボクですが、人とこうやって会うと刺激がいっぱいですね。
楽しかったです!
82201.jpg82203.jpg

さて、次の日曜は朝から大阪に向けて出発です。
今回は家族二人で向かうのですが、
道中、車で行くのがいいか、新幹線を使うかという話になりました。
費用面ではじゃっかん車の方が安上がりですが、
片道7時間近くかかります。
高速道路はただ運転するだけなので面白くないし、
7時間もって、時間がもったいない・・・。
新幹線だと午前中には到着しています。あっという間ですよね。
交通網の発達している都会なら、車じゃない方がいいのかもなあ。
最近はそう思うようになってしまいました。

Osaka00.jpg
日本一低い山?4.6m!?
これは三角点の頭かな?

Osaka01.jpg
日曜の夜遅い時間でも起きている街
Osaka02.jpg
暑かった大阪城公園。

初日に所用を済ませたら、次の日はせっかくなので大阪観光。
キャッシュ巡りで歩き回り過ぎて、
九州に戻ってきたら倒れ込むように寝ておりました(^_^;)
さすがに大型台風には目を覚ましましたが、
大きな被害もなく通り過ぎてくれて安心しました。

台風でもあるし、今日は休みを取っていたので、
一日寝てばかりで疲れを取っていました。

ああ、遊んでばかりだった夏もそろそろ終わるなあ~。


九州支部設立総会(ただの飲み会)
昨日は一日博多におりました。

朝は竹下駅周辺でゴミ拾い活動。
昼からは博多駅の周辺をグルグルグルグル歩き回って・・・、
秀逸キャッシュのラドン退治。
そして、夜は九州各地にいるGCerさんが集っての飲み会。
個性的な人々の集まりに、終始らいが絶えない楽しい時間でした。
82201.jpg
何をしてるんでしょう?

82202.jpg
メンバーが持ち寄ったトラベルバグがいっぱい!
まさか、すでにボクが解き放ったルパン一家と同じコンセプトでqpsiroさんが!!

82203.jpg
ジオキャッシングのROAD TRIP'15に合わせてのイベントでしたが、
本来の目的は、ジオキャッシングの九州支部設立を祝おうという集まりでした。
みなさん、ありがとうございました~!


You know where to find me
ずっと映画館に通えてませんでした。
でも、どうしても見たくて行ってきました。
いや~、おもしろかった!!!

"You know where to find me"

このセリフとともに見せる妖艶な笑顔。
久々に虜になりました♪
c901d71dfa6c1599c035ceefa36e702a.png


もう一度観に行きたい・・・。

Mission Impossible -Rogue Nation-


コテコテの海水浴&BBQ
今日は今一つの天候でしたが、
前職場の若者たちと集い、
山口県のきれいな海で海水浴&BBQなどという
楽しい遊びをしてまいりました。

前職場を離れたいへんな思いをしているAと
同じく一緒に移動したのに
電撃結婚をして幸せ絶頂中のBを中心に囲んで、
ワイワイ遊んでまいりました。

延々と浜辺で遊んでいられる若者・・・。
ついていけません。
2015081601.jpg

準備するのも楽しいBBQは、
口出しせずにじっと我慢。
P1030991.jpg

スラックラインを設置して自慢してやろうと思ったら、
やっぱり若い奴らは上達が早かった((+_+))
おかげでアイスをおごらされる羽目に(-_-;)
P1040008_20150816194936128.jpg

んんん、夏の一日って感じでした。
なんだ、かんだ、楽しかったの(^^♪






2015 夏の久住高原
お盆のお休みでやっと家族との予定が合い、
久住高原へキャンプにやってきました。
IMGP3135.jpg
やってきたのは馴染みの「南登山口キャンプ場」です。
さすがにお盆のころはキャンプ場も人がいっぱい。
2015081501.jpg

ただただのんびりするつもりだったので、
食べては飲み、飲んでは食べ、
IMGP3141.jpg
時々スラックラインで遊んでみたり…。
IMGP3180.jpg
夜はペルセウス座流星群を探し、
満天の星空を楽しみました。
IMGP3229.jpg
次の日もすっきり晴れた朝で、
くじゅう連山がはっきりと見えました。
IMGP3232.jpg
久住山の山頂をガスが覆う時間も多かったようですが、
終始青空です。
2015081505.jpg
2日目昼にはテントを撤収して、近くの「グランディオーソ」へ。
大好きなTAOの夏フェスが昨日から始まっていたので、
久しぶりにTAOのライブを見に行きました。

大好きなものをたくさん味わった夏の久住でした。
Great Day!!!






初めての山の時間
旧職場の登山部で坊がつるにやってきました。
一緒に登り始めて、もう5年以上になるんですね。
今回、彼女たち念願の山泊となりました。
IMGP3046.jpg
テント好きのボクは坊がつる。
初めての彼女たちは法華院山荘泊まりで、2日間山を楽しみます。
2015081112.jpg
ボクも夏の坊がつるは久しぶり。
雨が近い予報でしたが、今日は気持ちのいい青空。
IMGP3064.jpg
初日はなんと三俣山の南峰直登ルートを登らせてしまいました(^v^)
IMGP3076.jpg
汗だく、フラフラになりながらも、よく登りましたね~。
おかげで夜はぐっすりのはず。


山泊の魅力は朝駆け。
特に大船山がお気に入りなので、
次の日は2人をそちらへ案内することにしました。
昨夜はクタクタになったのに、
満天の星空が見えたとうれしそうでした。

真夜中起きだして大船山に向かいます。
2時間登りつめて迎えた白んだ山頂。
IMGP3088.jpg
ガスがかかることもありますが、
強い風ですぐにピークを駆け抜けていきます。
IMGP3108.jpg
太陽は雲の向こうにいますが、強い光が空を輝かせ、
山頂の朝を彩りました。
この景色に2人も感激してくれて、
朝食とコーヒーとともに楽しみました。
IMGP3093.jpg
突然、大きな声で呼ばれて振り返った西の空には
大きな虹がかかっていました。
朝の虹なんて、ボクにも初めての景色で感動しましたね。
IMGP3113.jpg
存分に堪能して山頂を後にする頃、
ボクたちを待っていてくれたかのように
予報よりも早い雨が落ち始めました。

ずぶ濡れでテントを撤収し、
これまた久しぶりに雨の中のトレッキング。
いろいろな表情を見せてくれた夏の久住でした。

楽しかった~!
Great Day!!!






Rafting 2days
連日暑い日が続きます。
クーラーは苦手ですが、
さすがに冷房設備のない部屋での仕事は効率が悪い・・・。
とても集中できません。
ああ、やっぱり水辺の天然クーラーがいいなあ。

この週末は、球磨川でのラフティング2連荘となりました。
昨年度末に一緒に転勤した後輩が
たいへんな思いをしながらしごとをしているということで、
やっぱり夏はラフティングやろう~♪となり、
忙しい後輩の貴重な休みに予定が入りました。
もともと家族と行く予定だったところに、
この予定が入ったので、連続球磨川通いとなってしまいました。


P1030917.jpg
激流をワーワーキャーキャー言いながら下る楽しさ!
P1030859.jpg
大岩からの7mジャンプ!
DSCF8427.jpg
なかなかの空中姿勢でしょ?
DSCF8409.jpg
こんないたずらをしてみたり。

大騒ぎの2日間でした。
ボクはストレス発散してばかりの夏だけど、
後輩もちょっと息抜きができたかな。


しかし、さすがにラフティングの大騒ぎを二日も続けるときつい・・・。


2015 sea kayak trip in 隠岐の島 Vol.4 ~西ノ島・国賀海岸~
写真の整理もほぼ終わり、
浸っていた余韻も少しずつ覚めてきました。
夏はまだまだこれから!

隠岐の島のカヤックTripも完結。
次のアクティビティの準備もしなくては・・・。


《島内6日目》
本土では連日の猛暑のようでしたが、
島の夜は寒くて目が覚めるほどでした。
朝は露でテントもびしょ濡れ。
谷から吹き降りる風もなく、
今日は晴れるに違いない。

THE DAYです!

出艇予定の外浜海水浴場に到着。
風は爽やかで抜けるような青空。
20150802国賀海岸01
隠岐に来て初めてのベストコンディション。
そして、ボクたちにとってはここを漕ぐ最後のチャンスでした。
神様って、いるのかも~❗

国賀海岸往復で15kmほど。
でも、このコンディションなら、もっと楽しめるだろうと、
三度岬まで行くことにしました。
20150802国賀海岸02

時折突風が吹き付けることがあるので油断はできませんが、
波は穏やかでまさにカヤック日和♪
気持ちは高鳴ります((o( ̄ー ̄)o))
20150802国賀海岸03

岸の様子を確かめながら、一気に三度まで漕ぎ進め、
帰りは洞窟探検など楽しみながら帰ることにしました。
目的地までは約9km。
20150802国賀海岸05

向かい風ではありますが、いつもよりスピードが出ず、
昨日の疲れが残っているのかと感じられました。
いつ荒れ始めるかもわからないところなので、
景勝地を愛でるのも後回しにして、
とにかく前へ前へ、パドリング!
しかし、漕いでも漕いでも三度に着きません。

2時間後にやっとたどり着くことができました。
こんなに時間がかかるなんて、
これが対馬海流の力なんでしょう。
逆潮に一気に体力を消耗してしまいました。

20150802矢走0120150802矢走02
20150802矢走0320150802矢走04
矢走の二十六穴探検。

20150802国賀浜0120150802国賀浜02
20150802国賀浜0320150802国賀浜04
国賀浜の海岸線にはたくさんの海食洞。
20150802国賀浜05
ゆっくりゆっくり楽しんでまわりました。

20150802通天橋0120150802通天橋02
20150802通天橋0420150802通天橋05
一番の景勝地『通天橋』でのんびり休憩。
観光客はこの浜まで下りてくることができません。
カヤックだけのちょっとした優越感です。
20150802通天橋03

20150802摩天崖01
高さ257mの摩天崖の下も、
今日は風裏となってくれる頼もしい場所でした。

浜への帰還は、対馬海流の流れに乗って、
少し力を入れるだけで時速10kmを超えるほどの楽々ツーリング。
あっという間に戻ってくることができました。
念願の国賀海岸を漕ぐことができて、
予定通りのツアーを終えることができました。



20150802camp.jpg

隠岐の島最後の夜はちょっと贅沢にオートキャンプ場を使って、
汗や潮で汚れた体もピカピカ。
夜空も雲がない初めての夜で、
たくさんの星を楽しむこともできました。


《島内7日目》
フリー航送券の期限は1週間。ボクの休みも今日まで。
最後の最後まで島の生活を堪能することができました。
20150803帰り
本土へ帰るフェリーは3つ。
満足したボクたちは、一番早い便で戻ることにしました。

最後まで付き合ってくれたキタさんもお疲れのご様子。
そりゃそうです。お歳を聞いたらビックリですよ。
ありがとうございました。
また、どこかへ出掛けましょう!

贅沢なツアーも無事終了。
明日から仕事、がんばります!

20150728-0802隠岐の島ツーリングLOG





2015 sea kayak trip in 隠岐の島 Vol.3 ~知夫里島~
週末も、幸せなことに予定が入った。
夏なので、やっぱり水遊びが楽しい♪

昨夜もいつの間にか寝てしまい、
朝は珍しく寝坊してしまった!
といっても普通の人にしては早起きだと思うけど。
熱帯夜のせいか疲れが残っているせいか、
そろそろシャンとせんとね!

《島内5日目》
島に来て5日目の朝は、
島前南にある知夫里島で目を覚ましました。
一昨日、島内を車で巡って
地形やカヤッキングポイントをしっかりロケハンしておりました。
今日は、知夫赤壁をながめたら東側の海食洞を楽しむ予定です。

朝イチで確認した天気予報では、どれを見ても風がおさまる様子。
これは漕ぎ出すしかない!
と早朝から準備を始めました。
20150801赤壁01
風はそこそこ。向かい風はしんどいけど、
漕げないほどではありません。

うねりが残っているのですが、
先日陸から眺めた断崖絶壁の『赤壁』を目指すことにしました。
風はほどほどですが、うねりが気持ち悪い。
空はどんより曇っています。
20150801赤壁02
ウキウキ気分とは程遠い気持ちで漕ぎ出したところで、
すぐ横にシャークフィン発見( ̄□ ̄;)!!
サメが目の前にいる~!!(゜ロ゜ノ)ノ
種類がわかりませんが、はじめての経験で緊張感倍増!!
この岬を回れば『赤壁』が目の前に見える……
はずなのですが、うねりと風が複雑に絡み合って、
この岬を越えることがたいへん\(゜ロ\)(/ロ゜)/でした!
キタさんを待ってあげる余裕もないので、
とにかくチンしないでついてきてくださいと願いながら、
なんとかかんとか『赤壁』の前に到着。
止まっていると、砕けた波にいつひっくり返されるかわからないので、
写真を撮る余裕などほとんどないまま引き返すことにしました。
久々の緊張感でした( ̄∇ ̄)
20150801赤壁03

出艇地近くに戻ってきたら、
風も収まり、青空も見え始めました。
隠岐の島に来て、やっと楽しく漕げそうなコンディションになってきました。
20150801知夫里島01

20150801知夫里02

20150801大波加島01

20150801大波加島02

20150801知夫灯台下

島の東側はうねりもなく、岸にはたくさんの海食洞が見えます。
いくつも島を巡って、
やっとカヤックらしい楽しみ方ができました。
20150801竹島01

20150801竹島02

20150801竹島03

20150801竹島04

20150801竹島05

今日は風が落ちたので、
明日はうねりもなくなり、
国賀海岸を漕ぐことができるでしょう!
大きな期待を込めて再び西ノ島へ移動しました。

毎日、『フェリー島前』を使わせてもらいましたが、
これが最後です。
どうもありがとう!!!

そして、なんと耳浦キャンプ場で4泊目となりました。
おじさん、今日もお世話になります。

20150728-0802隠岐の島ツーリングLOG



2015 sea kayak trip in 隠岐の島 Vol.2 ~東国賀海岸~
一昨夜は遅く帰宅したので、
十分に睡眠をとることができず職場へ。
昨夜はやっとゆっくり布団に入ることができました。
いや、ベッドに転がった瞬間に寝てましたね。
テン泊が好きとはいえ、
こういって帰ってくる家があるから楽しめることを実感します。
今日は睡眠もしっかりとれましたので、
続きをまとめたいと思います。


《島内3日目》
耳浦で2泊して迎えた朝。
キャンプ地は朝からテントを揺らすほどの強風が吹き抜けます。
この風は、南西の風で、漕ぎたいと思うところを吹き抜けていきます。
島内にある風速計を確認に行くと、
なんと風速8m(+_+)(+_+)(+_+)
20150730ws.jpg
やはり海に出るのは難しそうだったので、
もう一つの島・知夫里島に行ってみることにしました。
ここも漕ごうと思うところは南西の風が吹くと漕げなくなるところですが、
気分を変えて観光することにしました。

20150731赤壁20150731mouji.jpg
20150731kitasan.jpg
一番の景勝地・赤壁と赤ハゲ山は楽しめず・・・

山にはガスがかかり、曇天で海の色も輝かず……
欲求不満でキャンプ地に戻ってきました。
順調に行けば、すでに違う島へ移動しているはずでしたが、
耳浦キャンプ場で3泊目となりました。



《島内4日目》
予報ではこの日から風が弱まるようになっていましたが、
やはり谷から吹き下ろしてくる風が強い!
ツーリング予定地を見に行って見ると、
海は洗濯機状態(T_T)
現地の風速計でも前日よりも強い9mの風(T0T)
20150731耳浦の朝

隠岐の島がボクらを拒んでいるのかと
本気で拗ねそうになりました。
連日漕げないとほんとに気持ちが荒れそうだったので、
ダメもとで現地でカヤックツーリングを行っている
クラブノアさんを訪ねてみるとツアー決行とのこと。
沖には出られないけれど、
隠岐の海での遊び方を知っているガイドさんについて、
午前中はのんびり海道や海食洞を楽しみました。
20150731耳浦00

20150731耳浦01

20150731耳浦03

ガイドさんからは、東国賀海岸のカヤックポイントを教えてもらい、
午後からは漕げるところまで行って遊ぶことにしました。
20150731北国賀01

20150731北国賀02

20150731北国賀03

20150731北国賀04

20150731北国賀05

20150731北国賀06

20150731北国賀07

20150731北国賀08

5kmほどのツーリングでしたが、
漕げないフラストレーションは解消することができました。

ガイドさんの話では、風はまだまだ続く可能性があるということでした。
明日、風が弱まったとしてもうねりが残るので、
一番漕ぎたい国賀海岸は楽しめないと判断し、
気分も変えて、この日は知夫里島に移動することにしました。
ここは車で行けるキャンプ場がないので、
車中泊で夜を過ごすことになりました。
20150731知夫里の夜

20150728-0802隠岐の島ツーリングLOG



2015 sea kayak trip in 隠岐の島 Vol.1 ~中ノ島の海~
この夏は海友キタさんと、
日本海に浮かぶ島根の隠岐の島にシーカヤックに行ってきました。
昨年計画していたのですが台風上陸のために断念。
今年こそは!と思っていたのに、今回も出発予定日に台風接近(T_T)
またしても……と不安が過りながら、
毎日、天気予報を見て計画を練り直していました。
そして、ここしかない!という一日に決定。
いい条件で漕げるように、休みをやりくりして1週間の滞在することにしました。

さすがに1週間も家を空けたことはなかったので、
荷物や写真の整理などでクタクタです。
ボチボチ楽しい思い出をまとめていきたいと思います。




《島内1日目》
朝イチの船に乗って、島前・別府港に到着。
20150728shichirui.jpg
陸を離れた海の水はひときわ輝くように透き通っています。
胸が高鳴ってしかたありません。
20150728ontheferry.jpg

この日は島をまわってロケハン。
漕げない時は観光してまわることにします。
20150728kuniga02.jpg

隠岐の島は、島前と島後の2つのエリアに分かれています。
ボクたちが漕ぐのは島前エリアです。
ここは国賀海岸というすばらしい景観を誇る場所があります。

しかし、訪れたこの日はガスと強風で楽しめず。
これからの季節、南西の風がここを吹き抜けていくことは容易に想像ができます。
20150728kuniga01.jpg


キャンプ予定地の耳浦に移動して、
とりあえずカヤックツアーを始められたことに乾杯

20150728camp.jpg

お隣でテントを張っているご夫婦は、
大きな魚をたくさん釣ってこられたということで、
新鮮なお刺身をたくさんいただきました(^o^)
ああ、隠岐の島っていいなあと
完全に酔っぱらい状態でのんきに楽しんでいましたが、
しかし、このあと数日は強風の予報が続いていることを、
このときはそれほど深刻に考えていませんでした。




《島内2日目》
島前は3つの大きな島からなるところで、
それぞれの島の景勝地を漕ぐ計画をしています。
そこで、フェリーは島内を自由に行き来できる
フリー航送券を購入していました。
これが、あとあとほんとに滞在を有意義にしてくれるものでした。
20150728freetichet.jpg

島内の移動は本土と行き来する隠岐汽船の3つの船しか使えないと思ったら、
島内を専用でまわる船があることがわかりました。
1~2時間おきに出ているので、思い立ったときに移動ができます。



2日目は、予報通りの強風。
陸上でも風速8m。
とても海に出られません。
しかし、のんびりする余裕はないので、
予定を変更して風裏になると思う島へ移動しました。
20150729明屋海岸01
中ノ島の明屋海岸。
風は感じられるものの、風裏になっていて、少し漕ぎ出せる雰囲気でした。
天気がイマイチでも海の透明度は抜群!
20150729明屋海岸00
目の前にはこの島を象徴するような海食洞があります。
カヤックならではの楽しみを各エリアで味わいたいと思います。
20150729明屋海岸02
海岸から目の前に見える島は1kmほどと思われたので、
まずはここを目指しました。


しかし、漕ぎ出したとたんに白波が立ち始め、
小さな島をまわることもできません。
20150729明屋海岸03

ここで中断するのはフラストレーションがたまるので、
一旦岸に戻り、『三郎岩』を目指しました。
『三郎岩』は、この島一番の景勝地。
観光船がやってくる場所です。
20150729三郎岩01
裏側と言っても強い風が吹き抜けるとこもありましたが、
ここはなんとかたどり着くことができました。
20150729三郎岩02
初日から楽には漕がせてくれません。
20150729三郎岩03
この日は10kmほどのツアーで終了。
くたくたになりましたよ( ´△`)

明日からは海に出られるかなあ。

20150728-0802隠岐の島ツーリングLOG









上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。