FC2ブログ
Seakayaking , Backcountry Skiing , Mountain Trip ...... It's My SLOW LIFE
遅くなりました Mt.S
前日までの好天、高気温で、
きっと雪はないだろう。
行っても楽しくないだろう。
そう思って、今週末は家でじっとしていようと思ったんだけど、

来てね(^.^)b
という栄太郎さんからのラブコールを受けて、
ぎりぎりまで悩んだ挙句、やっぱり山に向かっていました。
早朝目を覚ますと、KIHA☆MANさんからも集合合図がかかっており、
滑れなくてもシンニュー族の面々に会うだけのつもりで、
一路220㎞先の山に向かいました。

道中も降雪の形跡は薄く、
八幡高原に入ったとたんに-10℃
新雪はなく、放射冷却でクラスト・・・
滑れないパターンだと肩を落とし向かった先では、
意外ときれいにリセットされた山肌のMt.Sが見られました。
今シーズン、まだここには登っていないので、
滑れなくてもとりあえず山頂までは行こうと思いました。
P1020734_2015011816251033d.jpg
いつもの駐車場に着くと、
シゲさんが珍しく朝からスタンバイ。
ゲレンデも大好きなシゲさんとは
なかなかタイミングが合わず一緒に滑れないのですが、
今日はすぐに登るというシゲさんについていくことにしました。
朝一滑る予定だったKIHA☆MANさんも合流し、
今日はモルゲンロートの中のハイクアップです。
P1020741.jpg
これだけでも気分はアゲアゲなのに、
なんと快晴の空に、わりといい雪!!
P1020744.jpg

早朝からすでにかなりの人が入っていった山だったので、
ピークは後回しにして、
今日一番いいと思われた斜面を滑ることにしました。
ピークをハントするシゲさんとは途中でお別れして、
KIHA☆MANさんと久しぶりのセッション。
思った通り、ふかふかの雪を楽しめましたが、
めったに滑ることがないこの斜面。
途中はやはり崩れておりました…。
P1020743.jpg
それでも、誰も滑っていないメンツルの雪の上に二人で落書き。
これ一本でも十分に満足でした。

今日はクラストしている南面を滑る人たちが多かったので、
もう一本、今度は山頂まで登り返していつもの東斜面に滑り込み。
この時期なのに誰もいない山頂も楽しむことができました。
P1020745_20150118162504ab2.jpg
すでに栄太郎さんたちやシゲさんの
シュプールが残っていましたが、
それでもこの時期の日曜日に、
これだけのトレースですんでいるのは幸い。
あとを追いかけ、ボクもフカフカの雪を楽しみました。
しかし、最後辺りの雪はすでに重く、
今日はここまでにするのがいいだろうと切り上げました。
ローカル浜さんともご挨拶はできましたが、
今日のシンニュー族は皆さんそれぞれが忙しく、
誰もボクの相手をしてくれませんので、
満足したところで即撤収!!

雪山への足が遠のきそうでしたが、
やっぱりこの山を滑ると、
雪の楽しさが湧き上がってきます。
行ってよかった~!!
栄太郎さん、ありがとう
シーズンはまだ中盤?
これから楽しみます!


スポンサーサイト