Seakayaking , Backcountry Skiing , Mountain Trip ...... It's My SLOW LIFE
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
初詣・・・今ごろ?
雪がなくて家にいる・・・。
家にいるときは、病気ですかといわれるほどのダメダメっぷり。
さすがに2日もダメダメでいるのは情けないと思い、
今日は地元の山に登りました。

いつもの駐車場に車を止めて…
そのまま登ろうと思ったのですが、
いつもとちょっと違うことをしたくて、
別の登山口まで移動して、
ここまで帰ってくることにしました。
2015012508.jpg
今日は家から一番遠い、桃山登山口から入山です。
2015012510.jpg
ここから登れば最初に到着するのが大台ケ原。
ベンチでのんびり昼食を・・・と思っていたのですが、
さすがに吹き抜ける風が冷たすぎました(-"-)
2015012512.jpg
それでもコーヒーを沸かして小一時間、
通り過ぎる人や景色を楽しみながら、
久しぶりの山の時間を過ごせました。
やっぱり、この山はいいなあ~。
2015012514.jpg
戸ノ上山の山頂はすぐにパスして、
戸ノ上神社上宮に参拝。
今年は初詣に行っていなかったので、
ここが初詣となりました~!
今年1年の外遊びの充実を祈願して帰還。

けっこう歩いたつもりだったけど、
やっぱりちょっともの足りない・・・(-.-)
やはり寒い時には雪が見たいです・・・。

スポンサーサイト
遅くなりました Mt.S
前日までの好天、高気温で、
きっと雪はないだろう。
行っても楽しくないだろう。
そう思って、今週末は家でじっとしていようと思ったんだけど、

来てね(^.^)b
という栄太郎さんからのラブコールを受けて、
ぎりぎりまで悩んだ挙句、やっぱり山に向かっていました。
早朝目を覚ますと、KIHA☆MANさんからも集合合図がかかっており、
滑れなくてもシンニュー族の面々に会うだけのつもりで、
一路220㎞先の山に向かいました。

道中も降雪の形跡は薄く、
八幡高原に入ったとたんに-10℃
新雪はなく、放射冷却でクラスト・・・
滑れないパターンだと肩を落とし向かった先では、
意外ときれいにリセットされた山肌のMt.Sが見られました。
今シーズン、まだここには登っていないので、
滑れなくてもとりあえず山頂までは行こうと思いました。
P1020734_2015011816251033d.jpg
いつもの駐車場に着くと、
シゲさんが珍しく朝からスタンバイ。
ゲレンデも大好きなシゲさんとは
なかなかタイミングが合わず一緒に滑れないのですが、
今日はすぐに登るというシゲさんについていくことにしました。
朝一滑る予定だったKIHA☆MANさんも合流し、
今日はモルゲンロートの中のハイクアップです。
P1020741.jpg
これだけでも気分はアゲアゲなのに、
なんと快晴の空に、わりといい雪!!
P1020744.jpg

早朝からすでにかなりの人が入っていった山だったので、
ピークは後回しにして、
今日一番いいと思われた斜面を滑ることにしました。
ピークをハントするシゲさんとは途中でお別れして、
KIHA☆MANさんと久しぶりのセッション。
思った通り、ふかふかの雪を楽しめましたが、
めったに滑ることがないこの斜面。
途中はやはり崩れておりました…。
P1020743.jpg
それでも、誰も滑っていないメンツルの雪の上に二人で落書き。
これ一本でも十分に満足でした。

今日はクラストしている南面を滑る人たちが多かったので、
もう一本、今度は山頂まで登り返していつもの東斜面に滑り込み。
この時期なのに誰もいない山頂も楽しむことができました。
P1020745_20150118162504ab2.jpg
すでに栄太郎さんたちやシゲさんの
シュプールが残っていましたが、
それでもこの時期の日曜日に、
これだけのトレースですんでいるのは幸い。
あとを追いかけ、ボクもフカフカの雪を楽しみました。
しかし、最後辺りの雪はすでに重く、
今日はここまでにするのがいいだろうと切り上げました。
ローカル浜さんともご挨拶はできましたが、
今日のシンニュー族は皆さんそれぞれが忙しく、
誰もボクの相手をしてくれませんので、
満足したところで即撤収!!

雪山への足が遠のきそうでしたが、
やっぱりこの山を滑ると、
雪の楽しさが湧き上がってきます。
行ってよかった~!!
栄太郎さん、ありがとう
シーズンはまだ中盤?
これから楽しみます!


mouji、スノボる!
三連休は、やっと広島で雪遊びシーズンインでした。
今回は、雪山新雪仕様の板を新調したMorryさんと。
ところが、ずっと雪が降っておらず、
いつもの山は楽しめる状態ではなく、
しかたなくゲレンデに行くことにしました。
20150111osora01.jpg
いつもの恐羅漢は雪も多くいい状態でしたが、
コブもうまく滑れず、
かっ飛ばすだけでは午前中で飽きてしまい、
午後からは、人生初スノボに挑戦することにしました!
道具は互いに古くなったものを
Morryさんと交換しあっていたのです。
Morryさんはボクのお古の板(のはずが、
忘れてきたそうなので、現役の板を貸してあげました!)で、
十数年ぶりのスキー!
20150111osora02.jpg

まあ、両足が固定されて、
囚人のように身動きがとれない形に
恐怖心一杯で始まりました。
最初はなんでもない斜面を歩いて登っては
バランスを保ちながら
木の葉のように下りてくる練習を
くりかえしていましたが、
そのうち曲がるきっかけがわかるようになり、
何となくターンができるような気がして、
もっと広くて長い斜面で練習できるように、
リフトに乗って上がっていきました。

そして、練習開始から1時間後……
乗れました~!
目線を遠くに…というMorryさんのアドバイスと、
これはまさしく雪板効果でしょう、
昨年、栄太郎さんに教えてもらっていた
ヒザの使い方を組み合わせると、
何となくターンしているぢゃないですか!
いや~、我ながらよく滑れている気がしました(//∇//)
恐羅漢&深入山 032
まあ、見てやってもいいよという方は、
moujiの初スノボを見てやってください。


しかし、こいつはいけません( ̄ー ̄)
こける度に尾てい骨を強打。
5~6回も繰り返すと、もう痛くてしかたなくなり、
テンションは下げ下げ。
撤退を余儀なくされてしまいました(ToT)

夜は車中泊でもう一日滑ることにしていましたが、
予定宿泊地に行くと、
栄太郎さん、カッコウさん夫妻と偶然遭遇。
そのまま、ご夫婦の週末別宅号で飲んで、
楽しい夜になりました。
もちろん、初スノボをした映像も見てもらい、
レジェンドお二人にも誉めてもらいましたよ~\(^^)/

それにしても、このお二人、
とても聞き上手な方々で、
根掘り栄太郎さんと葉掘りカッコウさんに
身ぐるみを剥がされるかのように質問攻めにあい、
存分に聞き取りが終わったお二人からは、
「秘密が多い方がよかった。」
などと身勝手なお言葉をいただく始末……
それなら聞かんかったらいいやん……( ̄^ ̄)
久しぶりに大笑いの夜でした。

夜が明けると、
思った以上に雪が降り始めていましたが、
山で滑るにはまだ十分ではなかったので、
栄太郎さん、Mr.Oh、Morryさんと雪板遊びをして
はやめに帰宅することとしました。
午前中いっぱい、
ふかふかの雪で子どもみたいに楽しみましたね~♪
eitro02.jpg
Mr_Oh.jpg
Morry.jpg


雪はいまいちの週末でしたが、
新しいことをするっていう楽しさは、
童心にかえったようでした。
しかし、やっぱり、山で滑りたいぞ~!
次の雪待ちです。


2015年 あけましておめでとうございます
あっという間に年末・年始が過ぎ去って、
やっと家で落ち着いているところ。

年始は、恒例の親族旅行で長崎に行っておりました。
今回は初めて訪れる軍艦島ツアーを計画していたので、
とても楽しみにしていました。
20150112nagasaki02.jpg
軍艦島は端島が正式名称ですが、
この方向から見た姿が軍艦のようだったことから
軍艦島と呼ばれるようになったそうです。
ほんとに、海に浮かぶ船のようでした。

参加したのは「軍艦島コンシェルジュ」さんのツアー。
ガイドのお母さんの語りがたいへん上手で、
軍艦島の歴史や地下600mで作業する人々の
当時の暮らしがとてもよくわかりました。
20150112nagasaki00.jpg
20150112nagasaki01.jpg

長崎は産業・文化が織りなす多様さが魅力的な街で、
いつ訪れても新鮮で楽しむことができます。
こういう港町、大好きです。
20150112nagasaki03.jpg
久しぶりに稲佐山からの夜景も楽しんで戻ってきました。
20150112nagasaki04.jpg


雪山に出かけたいところですが、
体が重く、休養を必要としているような気がするので、
次の降雪までおとなしくしていることにします。

もう若くはないので、
ぼちぼち遊べるようにしないといけませんねえ。
そんなことができるようになるかな。

今年もたくさんの方々と、
いろいろなフィールドで楽しみたいと思います。
よろしくお願いします。







 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。