Seakayaking , Backcountry Skiing , Mountain Trip ...... It's My SLOW LIFE
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
長野遠征 その2
長野3日目。
遠征中一番の好天が期待されたこの日は、
白馬乗鞍岳からのBCの予定です。
もう、ほんとに楽しみで楽しみでしかたありませんでした。

栂池からのアプローチは長いのですが、
ずっと青空の中、雪山をながめながら歩くことができるので、
ハイクアップも苦になりません。
201411228hakunori03.jpg
201411228hakunori05.jpg
ところが空は晴れ渡っているのですが、
天狗原に上がってくるとかなりの強風。
白馬乗鞍岳は雪煙が激しく舞っているのがわかります。
201411228hakunori06.jpg
上を目指すか、ここから滑り出すかを迷いましたが、
めったに来ることができないボクは、
行けるところまで行って滑りたいと思ったので、
Qちゃんには下で待っていてもらって、
ハクノリ山頂を目指しました。
201411228hakunori11.jpg
ときおり強風にあおられそうになりますが、
風裏になる中腹までは順調に登り進めます。
足元の雪はしっかりしまっていて安定しています。
心配していたウィンドクラストもありません。

ところが山頂を目の前にして風の通り道にやってくると、
地面からの雪が激しい川のように向かってきて、
なかなか先へ進むことができません。
Qちゃんを長く待たせるわけにもいかないので、
山頂はあきらめ、ここからドロップです。

201411228hakunori12.jpg
強風で指先も凍りそうになるくらい。
準備もいつも以上にかかります。

それでも、滑り出した瞬間から目の前に現れた遠くの山々、
空とは違う青色をした日本海が飛び込んできて、
最高の1分間を過ごすことができました。
んんん、感無量です。
いいなあ、ハクノリ!!最高でした!



次の日からは天候が荒れてくる予報だったので、
遠征はここで切り上げて帰還することにしました。
この時期、2日もいい天気だなんてめずらしいって地元の人たちも言ってました。
最高のご褒美をもらった気分。
もうよくばっちゃいけません。
なにからなにまで世話になったQちゃん、どうもありがとう!!
最高の長野遠征でした!!
こりずにまた連れてきてください。

ボクの遊びも今年はこれで最後。
たくさんの時間を共有してくれた皆さん、ありがとうございました!
年が明けたらホームタウンでの雪遊びです。
またよろしくです~!




スポンサーサイト
長野遠征!その1
年末は雪友Qちゃんと一緒に長野遠征です!
Qちゃんは中部地方に転勤になって長くなってしまいましたが、
そっち方面の雪遊びも充実しているようで、彼を頼ってやってまいりました。
今年は例年になく早い降雪でいつもの雪山も充実していたようですが、
この遠征のために、いろいろ我慢もしてきました(ToT)

【Day1】
名古屋でQちゃんと落ち合って長野に移動。
初日はやや荒れ気味の天気だろうということでゲレンデをチョイス。
もちろんパウダーが楽しめるところを選んでもらいました。
やってきたのは『斑尾高原スキー場』
斑尾さんから広がる大きなスキー場で、
非圧雪コースの多さが売りのスキー場です。
ノートラックのコースを探してあっちへこっちへ。
平日ということもあってか、ゲレンデが広いからか、
午後になっても喰い残しのパウダーがあって、
一日中楽しむことができました♪
201411226madarao04.jpg
201411226madarao05.jpg
201411226madarao06.jpg
201411226madarao07.jpg
今シーズン初の雪が、こんな贅沢なところなんて、
今回の遠征は充実しそうな予感です。
夜は白馬に移動して宿の近くの居酒屋でおいしいものをいただいて
なんという幸せでしょう♪

【Day2】
昨年の遠征では天候が悪いせいでBCができませんでしたが、
今回は山に入りたくてしかたありません。
天気予報とずっとにらめっこして、
2日目は早めに好天になるだろうと予想して、
栂池から山に入ることにしました。
201411227tsugaike05.jpg
栂池高原スキー場からのアプローチ
天気の回復が早くて、午前中ですでに青空!
201411227tsugaike06.jpg
レスキューの方々は、雪はあまり滑らないので
無理せず早めに帰った方がいいと言われていました。
201411227tsugaike07.jpg
もちろんそのつもりですが、
こんな雪山めったに味わえませんから~!
201411227tsugaike09.jpg
白馬の山々がきれいに見張らせて感動です!
山好きのボクはこれだけでも十分に幸せです。
201411227tsugaike12.jpg
ハクノリと言われる白馬乗鞍岳が魅力的でしたが、
今日は栂池のBCコースを楽しむことにしてます。
201411227tsugaike16.jpg
ドロップポイントを探して・・・
201411227tsugaike18.jpg
ここに決めました~!
斜度が緩いのですが、それなりに楽しめるでしょう!
201411227tsugaike19.jpg
なが~い沢をのんびり下ってパウダー満喫です。







ところが・・・
滑ってきたのは予定していなかったところ。
ゴール地点に向かうにはたいへんな山行が待っていました・・・。

GPSで現在地も確認できていたし、
予定コースが近くにあることもわかっていましたが、
地図では読み取れない地形に悪戦苦闘し、
リアルに遭難しかけました・・・。

なんとか無事に町まで帰り着きましたが、
反省点の多い山行でした・・・・・・。

気を取り直して、次の日もがんばろう!




国東半島峯道ロングトレイル その4 103/140 K1-K4
この週末も海友(最近は海に出てないけど・・・)キタさんと
国東半島峯道ロングトレイルに挑戦してきました。

ところが、土曜日は予想外の降雪!!
キタさんの車は峠を越えられず、初日は短いコースで終了。
その分、2日目は30㎞近くを歩くことになりました。
それでも、予定していたところまで歩けたので大満足です。

【K-1 to K-2】
前回ゴールした千燈寺から出発です。
目の前に千燈岳が聳えています。
この山はコースに含まれていないので、
いつか単独で登りに来たいですね。

旧千燈寺・国東の立派な山門には仁王像
2014120607国東ロングトレイル01
苔むした山道
2014120607国東ロングトレイル02
前回も訪れた五辻不動下にある芸術祭の名残
今日は雪が舞う中でした。
2014120607国東ロングトレイル05
ここは前回、芸術祭の見学で訪れていたところですが、
今回、ちょっと道をロストしてしまいました。
map01.jpgmap02.jpg

ロングトレイルの地図では、
五辻不動を過ぎて先を巻いて戻るルートになっていますが、
実際にはそのような道はよく確認できなかったので、
千燈岳のルートを下りかけてしまいました。
ロングトレイルの元になっていると思われる
峯道トレッキングルートのマップを確認すると、
巻いて戻るのではなく折り返して
岩戸寺へのルートに向かうようになっています。
(青色のルート)

とにかく千燈寺からのKコースは、
ロングトレイルコースとして整備されているのかと疑いたくなるくらい、
道案内はないに等しいほどでした。
そこにきて頼りの地図がこのようであれば困ります。

無事、岩戸寺まで下りてきて休憩。
2014120607国東ロングトレイル10
土曜日は降雪がかなりあり、
文殊仙寺まで車を回すことができなかったので、
山口池を周回して早めに終了しました。
おかげでゆっくり温泉に入り、
陽が沈むころには二人とも酔っぱらって寝ておりました♪
贅沢な休日でした。


【K-2 to K-4】
2日目は、土曜日にたどり着けなかった文殊仙寺への登りを加えて、
K-4コースの中盤まで行くことになりました。
単純に計算しても25㎞ほどの歩き。
厳しい一日になるのでまだ暗いうちからヘッドランプをつけて
いざ文殊山登山です。

早朝到着した文殊仙寺は敷地も広くとても大きなお寺でした。
2014120607国東ロングトレイル13
奥の院もとても立派で、
とても清々しい気持ちでスタートを切ることができました。
2014120607国東ロングトレイル22
しかし、Kコースはいけません…。
コースにほとんど案内がないんです。
テープや標識が乱立する山は幻滅ですが、
ほとんどなくて迷ってしまいそうなのはもっとよくないでしょう。
既存の峯道トレッキングコースをほとんど流用していると思いますが、
それにしても、ロングトレイルとしての独自性がないので、
ここを通っていて正しいのかどうか、
常に不安になります。
里山は、いろいろな踏み跡があって
分岐などはどちらに進めばいいかわからなくなることが多いです。
今回も、トレッキングコースを登っていくと、
ロングトレイルのコースを少しはずして
見どころを逃してしまったようです(*_*)

なんとか成仏寺まで下山することができたら、
芸術祭の名残の『Hundred life houses』も見学。
芸術祭が終わってもライトは点灯されていました。
夜は白い岩肌に美しいイルミネーションとなっていることでしょう。
2014120607国東ロングトレイル26

さて、Kコースはコースの不親切さに加え、
残念ながら見どころの少ないところのように思えます。
そんな中訪れた泉福寺は、
広い敷地に山の奥まで続く立派な御堂が聳えたって、
一見の価値のある場所でした。
2014120607国東ロングトレイル29
そして、K-3コースゴールの行入ダム。
「千の岩」を巻いてダム公園に向かうようですが、
まだ踏み跡もできていないような山道には、
目印が少しくらい欲しかったですね。
ここまでたどり着くのも一苦労でした。
2014120607国東ロングトレイル31
ここまででも20㎞ほど歩いているので終わってもいいくらいですが、
今日はもう一山越えていきます。
2014120607国東ロングトレイル33
世界農業遺産として認定されるに至った国東の貯水技能。
りっぱなため池を越えて、K4コース中盤でゴールといたしました。

ストレスの多いコースで何度も挫折しかけましたが、
ゴールが近づいてきたので、あともうひと頑張りしたいと思います。
お付き合いくださったキタさん、最後までよろしく!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。