Seakayaking , Backcountry Skiing , Mountain Trip ...... It's My SLOW LIFE
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
MSR Hubba Hubbaのフライシート
今日は午前中に仕事が入っていたため、
今週末は昨日の日帰り登山だけでした。
このまま坊がつるでテン泊したら最高だろうなあと思う一日でしたが、
今日はじゃっかん雲が多く出ていたようですね。
先週テン泊できたので満足しなくてはいけませんね。

先週は星空も楽しめるとても気持ちのいいキャンプだったのですが、
実は嫌なことが一つありました。
それは、使用したMSRのテントのフライシートが
ベタベタしていたことです。
MOSSテントのころも含めて以前のバージョンのテントは、
内側のコーディングがべた付いて臭いまで発すると聞いていました。
3年前に購入したボクのバージョン(緑テント)になってからは
改善されたのだろうと思っていたのですが、
先日、袋から取り出してみてびっくり!
内側同士が張り付いています!
おまけにシームテープはボロボロに朽ちてしまっていて、
フライを動かすたびに粉のようなカスが舞い散る始末・・・(-_-;)
改善されてないんじゃん・・・。
べた付きは朽ちたシームテープの跡のせいなのかもしれませんが、
生地自体もベタベタ感があります。
P1020679.jpg
前回乾かさずに仕舞い込んだのかなあ・・・?
圧縮したままでおいてたのがダメだったのかなあ・・・。
いずれにしてももう一つの国産テントは5年以上経過しても
ノンストレスです。

今年になってMSRのテントがまた赤いカラーで
出ていたのが気になってましたが、
こういったところを直してまた売り出したの・・・?
機能性、居住性、デザイン、使い勝手・・・など、
とても気に入っているのですが、
使っている材料の品質は最悪です・・・。
まだ3年しかたっていないのに、次に使うことがためらわれます。

というわけで、時間ができた夕方に、まずシームテープの残骸を
取り去ることにしました。
しかし、手で取っているとベタベタしてくるし、
全然取りきれないし・・・
P1020680.jpg
どうせ全部のテープがダメになっているんだから、
ガムテープではぎ取ることにしました。
一度でわりときれいになりましたが、
まだまだ細かい残骸がたくさん残っています。
フライシートの内側のコーティングも剥ぎ取ってしまってるようで
そちらも気になりますが・・・。

3シーズン用で使っているから、
次の春になるまでに地道にきれいにして修復してみたいと思います。

はぁ・・・道具に悩まされるのが一番ストレスになる・・・。



スポンサーサイト
錦秋の大船山へ
くじゅう連山の紅葉は、やはり今週末でした~!
明日が仕事のため、今回はテン泊できず。
でも、今日はしっかり紅葉を楽しむことができました。
くじゅうは秋真っ盛りです!

今回は吉部から入山。
暗い森の中は水気を含んだ空気でひんやりしています。
20141025taisen01.jpg
朝日に照らされた苔が美しい!
20141025taisen06.jpg
そして、広い広い坊がつるに出てみると、
先週とは違って、坊がつるは秋の色になっていました。
やはり、先週は少し早かったようです。
平治岳の麓は朱や橙に彩られています。
20141025taisen26.jpg
今回は大船山を選択。
坊がつるから見ても、
山が赤く染まっていて気分が高揚します。
20141025taisen32.jpg
大船山の斜面は秋色です。
20141025taisen43.jpg
久住山方面も、この時期ならではの色合いです。
20141025taisen49.jpg
山頂はかなりの人出。
いいお天気なので、今日、上がってこなくてどうするの!
そんな感じでたくさんの人が集まっていました。
御池にはたくさんのカメラマンが陣取っていました。
20141025taisen57.jpg
ゆっくりお昼を取って、のんびり休憩したら、
帰路は北大船山を通って吉部に戻ることにしました。
20141025taisen64.jpg
平治岳下の山道は山もみじがとてもきれいで、
なかなか歩が進まないくらいでした。

来週まで楽しめると思いますので、
晴れたら山へ!


2014年・くじゅう紅葉登山
ミヤマキリシマの時期と紅葉の時期は、
のんびり山で過ごしたいと思って、
ここ数年はソロでキャンプすることにしてます。
今年の紅葉登山はこの週末。
しかし、今年の紅葉は今一つでした・・・(゜_゜)
色づかないで落葉したのかなあ。
次の週末の方がまだいいかなあ。

【Day 1】
IMGP2451.jpg
長者原からバスに乗って牧ノ戸峠へ。
一人だと行き当たりばったり。
バスの中で今日のルートを考え、WEBで登山届。
便利になりましたが、入力項目が少なくて、
いつもの登山届に比べて簡素なもんでした。
marge001_20141019190847cca.jpg
久しぶりにザックの中もぜいたく品を詰め込んでいて、
なんとなくがっつり歩けそうな気がしたので、
中岳から白口岳を通って坊がつるに下りることにしました。
白口谷は依然通行規制がされているので、
稲星山を通って白口岳へ。
ここから眼下に見える坊がつるまでは超急坂!!
鉾立峠に下りるころには足は売り切れ寸前でしたが、
ここまで歩けるようになった足に感激。
IMGP2483.jpg
この時期も、テントは多いです。
marge002_201410191908469e1.jpg
なんとか隙間を見つけて設営したら、
15時ごろからもう夕食です♪
今日は天気もいいので、一寝入りしたら星を見るつもりで!

夕食後、陽が落ちるまで散歩しようと坊がつるを出たところで、
なんと山友tamaさんとばったり!
焼酎を大事そうに抱えている女性を見て、
tamaさんみたい・・・と思っていたら彼女でした(^0_0^)
実に3年ぶりくらいの再会でした!
そして、一緒に来ていたこれまた山友miwaさんたちと宴会登山。
ボクがけがをして約束が反故になってしまった後は、
tamaさんも仕事が忙しくなったようで
なかなか遊ぶ機会がなかったのですが、
こんなに偶然出会えるなんて、
縁がありますね~!
ってことで、また遊びましょうってことになりました。
縁がつながってうれしい限りです♪

【Day 2】
IMGP2532.jpg
朝は霜の降りた坊がつる。
トイレで出会ったおじさんは寒くて寝られなかったと。
もうこの時期の坊がつるは冬装備ですよ。
こんなに霜が降りるということは、
今日も一日いい天気になりそう。

紅葉を楽しむなら、大船山か三俣山か・・・。
朝駆けをするつもりがなかったので、三俣山を選択。
色づいていましたが、もっといい時を知っているだけに、
ちょっと物足りない紅葉だったかな。
それでも、こんな晴れた日に山で2日も過ごせるなんて、
贅沢な限りです。
IMGP2553.jpg
IMGP2563.jpg
IMGP2554_2014101919092263c.jpg
IMGP2578.jpg
のんびり昼まで三俣山と坊がつるを楽しんで、
今週もいい時間を過ごすことができました。

紅葉登山はこれからですね。

国東半島峯道ロングトレイル その1 20/140
この連休は、海友キタさんとかねてから計画していた
国東半島のロングトレイルを歩いてきました。

このトレイルロードは、国東半島をぐるりと周って、
最後は中心部にある両子寺まで歩く全長140kmほどのコースです。
国東半島の山は、低山ですが険しい山道が多く、
歩いていてもスリリングで標高以上に楽しめる山があります。
また、仏教文化が広がっていて、
六郷満山と言われる寺院の集まりがあり、
独特の雰囲気を持ったところだと常々思っていました。
残念ながら一山登るために出かけるのはもったいないので、
いくつか組み合わせて遊ぶといいなあと思っていたら、
こんなコースができていたんです。
全長を10のコースに区切って設定していますが、
まだ全コース開通していないようです。
とりあえず開通しているコースを歩けばいいのでしょうが、
1から順番に歩かないと、きっとすっきりしない気がしていたので、
未整備のT-1という最初のコースから歩き始めることにしました。

【T-1】
IMGP2435.jpg
T-1スタート地点・熊野磨崖仏
IMGP2431.jpg
苔むした山道
IMGP2428.jpg
10月26日からは「やまくにかかしワールド」です。
道々にたくさんの案山子が立っていました。
それぞれの案山子が生きているようで、
いろいろな世界を作り出していました。
IMGP2437.jpg
美しい田園風景・田染荘
IMGP2440.jpg
里を抜けて西叡山に向かう途中、
ほうきを持ったおばあちゃんが駆け寄ってきて、
あまりの勢いに叱られるのかと思ったら、
「ここの柿、取って食べろ。」
としきりとすすめてくれました。
そして、その場でガブリ。甘い柿でした~!
こんなふれあいが里歩きの楽しさの一つですね。
IMGP2441_2014101121354621b.jpg
おばあちゃんとお別れしてからは、延々と長い山道。
舗装された林道歩きは長くて単調で、
ここはあまり楽しくありませんでした。

T-1終点の高山寺まで11.5km。
3時間半で到着したので、
昼からも続きを歩くことにしました。

【T-2】
IMGP2423.jpg
高山寺にお参りしてT-2をスタート。
IMGP2424.jpg
ここからは開通したコースになります。
IMGP2444.jpg
新しく切り開いたようなコースもあるようでした。
コース上にはところどころ、
小さな案内板にテープが付けられていました。
しかし、このT-2コースは、8㎞ほど歩きすすめましたが、
たいへん歩きにくいコースでした・・・。
たぶん、たくさんの人が迷い、道を外れ、
ゴールまでたどり着けないのでは・・・。
自分たちの反省も含め、コースの感想をまとめておきたいと思います。

開通したコースには、写真のような案内板と
コース上には黄色に緑のテープが付けられていました。
しかし、この案内板もテープも、とにかく見えにくいんです。
自然の景観を損なわない配慮だとしたら大成功なのですが、
これを頼りに歩くのはちょっと無理がある感じでした。
ボクたちは事務局の方々にいただいたコース地図と
GPSを持って歩いていたので、おかしいと思った時点で
すぐに引き返して道を大きく外すことはありませんでしたが、
これから歩こうと思う人は、正確なコース地図を持って歩くか
ガイドさんと一緒に歩くことをおすすめします。

もし、エキスパート以外の人たちにも
楽しんでもらうことをコンセプトにするなら、
次のようになっているといいなあと思いました。
(こうなってなかったので困りました・・・)
IMGP2445_20141011212827644.jpgIMGP2446.jpg
①案内板が小さく、自然に溶け込みすぎて気が付かない。
 また、歩いているコースから見えない向きになっているものもあり、
 引き返してくるときに見つかる物もあった。
②テープの色も自然に溶け込みすぎていて見つけにくい。
③テープの張られている位置がひざ丈の位置や
 目線の位置などいろいろとばらついていて探しにくい。
④テープがあったり、なかったり・・・頼れない・・・。
 西叡山からの下りは適度な間隔でテープが
 ついていると思っていたけど、
 途中から突然無くなってしまった。
 車道が近く感じられたので、そのまま進んだけれど、
 あったものが無くなったら、
 道を外したと勘違いをして引き返す可能性もある。
 これとは反対に、七田から富貴寺へ抜ける山道には、
 かなり間隔をあけてテープが突然現れる感じ。
 しかも、無くてもいいところに。
 西叡山からのテープの間隔に慣れたテンポで歩くと、
 あまりにも少なすぎてすごく不安に感じた。
 あっても少なくても同じリズムや目標物に付いていると
 探しやすいんですけどね。
⑤分岐をどちらに進めばよいのか、さっぱりわからない。
 これが一番困った!
 西叡山からの下りでは、
 なんとか案内板を見つけながら分岐を正しく進めたと思うけれど、 
 七田からは、取り付き点すら見つけられなかった。
 民家の人たち数人に聞いても、
 富貴寺に抜ける道を知らない方もいた。
 (七田の方々はみんな親切で、やり取りは楽しかった♪)
 途中の山道では、
 どちらに進むのかわからない分岐点がいくつもあった。
 わかりやすい案内板があって矢印が書かれている、
 曲がったり分岐を選択したりしたあと、
 すぐにテープなどで正しい道だと確認できるなど
 になっていると安心して進めたと思う。

 長い距離を歩くなら、歩くことに集中できるよう、
道迷いのストレスがないようになっていると
たくさんの人に楽しんでもらえると思いました。

好き勝手書いてしまいましたが、
これまでバラバラに存在していた道を
一つにまとめる作業はほんとに大変だったことと思います。
こうやって楽しませていただき、尽力されている方々に感謝です。

全コースは来年初めには開通の予定だそうです。
まだまだ整備が必要なところもあると思いますが、
人が来て、人が歩いて育っていくコースだと思います。
多くの人に訪れてもらい、
あたたかい里の方々とのふれあいも楽しんでほしいと思います。

ほんとうは3日間とも歩く予定だったけど、
またもや台風のせいで中止
ボクたちも、次を計画しなくては!





大規模サイクルロードNo.4 メイプル耶馬サイクリングロード
今日はパートナーと二人で、
耶馬溪のサイクリングロードに出かけてきました。
IMGP2368.jpg

2年前の大雨災害で壊されてしまったシンボリックな橋を含め、
今年の6月に全線が開通したそうです。
久住に通う道々、いつか渡ってみたいなあと思っていたこの橋を、
秋空の下、楽しんできました。
IMGP2373.jpg

パートナーの自転車は、サイクリングロードの中間点にある
「耶馬溪サイクリングターミナル」でお借りしました。
クロスバイクが置いてあって、3時間370円!
ありがたいことです。
IMGP2378.jpg
このメイプル耶馬サイクリングロードは、
昔の鉄道跡を利用しているため、
高低差があまりなく、
日ごろ乗り慣れない人でも十分楽しめるところです。
IMGP2390.jpg
途中の和菓子屋さんやパン屋さんに立ち寄って、
耶馬溪の味を楽しんできました。
日本一の8連橋と言われるオランダ橋。
こんな立派な橋があったなんて、知らなかった~!
marge002_20141004194810185.jpg
中津方面・青の洞門、オランダ橋を往復して22km。
今日はこれでちょうどいいと思っていたら、
日田方面の22kmも行ける!という合図で、
山国川沿いの秋を存分に堪能してきました。

IMGP2409.jpg
耶馬溪の一番は、やはり紅葉の時期。
車の渋滞を避けて、自転車で遊びに来ようかな。



Peak Design ピークデザイン キャプチャーカメラクリップ
久々の大ヒットギアをゲットした!!
剣山縦走の時、デジイチをショルダーパッドに装着した人を見かけ、
気になって気になって仕方なかったので、
帰宅してすぐに調べてみた。

Peak Design ピークデザイン キャプチャーカメラクリップっていうものだった~!





山へデジイチを持っていくときには、
自作の取り付けクリップで
カメラバッグをショルダーストラップに取り付けていた。

使うときにはジッパーを開けてカメラを取り出す。
この動作がもたついて嫌だったこと、
おなかの前でカメラがぶらぶらしていること、
そして、とにかくめんどくさい。

こいつは絶対ワンアクションでカメラを取り出すことができると思っていた。
だから、見つけたら買おうと思っていたけど・・・
え~、ただのカメラクリップがい、い、いちまんえん!?
こりゃやめとこう・・・とあきらめたけど、
調べてみると・・・
なにこれ?
GoProのクリップなの?
え~、コンデジも取り付けられるの~!?
そんなキットがあった~!
Peak Design ピークデザイン POVキットforキャプチャー POV-1




これがあったらGoProなくてもいいじゃんヽ(^o^)丿
GoPro持ってないけど、これでアクティビティ中の動画が撮れる~!

2つもボクの欲求をかなえてくれるなんて!!
そう、もちろん即注文ですよ(^^)v
そして、今日届いたの~!

P1020652.jpg




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。