Seakayaking , Backcountry Skiing , Mountain Trip ...... It's My SLOW LIFE
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
大規模サイクルロードNo.3 しまなみ海道
【Day1】
秋晴れの最高の週末!
今週末は、山友Morryさんと、
サイクリストの聖地・しまなみ海道サイクリングをしてまいりました!
3年ほど前にチャリダーQちゃんに連れて行ってもらったコースで
今回はMorryさんをご案内。
本格的チャリダーではないボクたちは、
グルメと船旅を楽しみにやってきました。
P1020629.jpg
ボクたちが住む街にも、関門海峡という大きな橋がかかっていて、
海峡、大橋というものにはとてもなじみがあります。
P1020637.jpg
しかし、こういう島々を渡り歩く楽しさは、
ここ瀬戸内海でしかできません。
marge002.jpg
行きは2/3の行程で宿泊まり。
2日目は今治に渡ったら、連絡船を乗り継いで、
楽々尾道に戻る計画。
途中にあるグルメは外せません!!
ブドウ・甘夏大福は絶品だった~!
はっさく大福が有名なお店ですが、
はっさくは10月からだって・・・。
P1020641_20140928181609c47.jpg
50㎞ほどのツーリングなので、ほどよい疲れで宿に到着。
お世話になるのは民宿「かぶらぎ」さん。
大きな鯛の塩焼き、鯛めし、お吸い物…。
もう箸が止まらないうまさでした。
これまた海の幸を満喫して、その夜は爆睡でした~!


【Day2】
次の日は朝早く宿を出て、
最後の大きな大きな来島海峡大橋を渡ります。
P1020644.jpg
このスケール、すごいですね~!
写真で表せないのが残念!
P1020651.jpg
自転車専用道をかっ飛んで、
最後は今治港から尾道への帰路につきました。
海好きなボクは、この島々をつないでいく船旅も楽しみの一つでしたが、
Morryさんは船が動き出した瞬間に安眠に・・・。

土生の街で、お好み焼き、尾道でラーメンをいただいて、
大満足の楽しい旅を終えることができました。
質素な山旅をするぼくたちに、
いつでも買える飲料水や、頼めば出てくる食事、
そして、快適な布団で寝る旅なんて、
ほんとに新鮮で贅沢の極みでした。
たまには、こういう旅もいいよね~!

スポンサーサイト
なんだって!?
定期健診で胃の状態が引っ掛かり、
先日、胃カメラを飲んでまいりました。
まあ、慢性胃炎だとうことです。
驚くのは、潰瘍ができて治った跡がいくつかある・・・。
まったく自覚症状がなかったのが驚きです…(^_^;)

で、荒れた状態が続いていて
これからも検査で引っかかることはあるだろうから
ピロリ菌の検査をして陽性だったら治療しましょうということになりました。
胃袋だけはだれにも負けないくらい丈夫だと思っていたのに・・・(-_-;)

今日、検査結果を聞いてきましたら、
立派に陽性反応が出ていたようです。
result.jpg

これからも検査に引っかかって、
その度に受診していくのが面倒なので、
菌の退治をすることにしましたが・・・
7日間の薬を飲む間、できるだけ禁酒!?
「できるだけでいいんですか?」
との質問には、
「効力が落ちるので2度目の服用が必要になるかも・・・」


・・・・・・・・・・・・


明日は楽しく飲みたいから、
明後日から薬を始めることにしようっと♪

がんばれ禁酒!って、そっちか?

THE BOOM HISTORY ALBUM
P1020622.jpg
25年続いたTHE BOOMというバンドが、今年解散します。
島唄という楽曲で一躍有名になったバンドですが、
ボクの出会いはデビューのころ。

免許取りたての若いころ、
大阪へボロ車を走らせていたときに
ラジオから流れてきた『星のラブレター』
それまでわりとクールなロックを好んでいた自分に、
新鮮な風を送り込んでくれた宮沢さんの歌詞。
荒くれたロックから、サンバを取り入れた変わった曲調になった時にも、
その変化にボクも同調することができました。
それ以来、自分の成長と並行して
このバンドも大きくなっているような気がしていました。

島唄のヒットにより、THE BOOM=『島唄』になってしまったころから、
昔からのファンは少し離れていったかもしれません。
それでも、彼らの楽曲はボクの心をつかんでいました。

ずっと続いていくと思っていたこのバンドも、
一時代を終えてしまうと知り、
昔からのファンとして、最後まで見届けたいなあと思います。



初めての星空
縦走の山中で撮った星空の写真。
恥ずかしながら設定がよくわからなくて、
今回、四苦八苦して初めて星を写すことができた。

IMGP2329.jpg
ピンボケだし、画質は粗いし、
お世辞にもいい写真だとは言えない。
でも、この写真には、
初めて星空が写せて興奮していたボクが写っているのだ。
だから、これはボクのベストショット。
IMGP2326.jpg

これからもうちょっと勉強して、
美しい写真が撮れるようになりたいですね。


2014年遠征・剣山系縦走
久しぶりの晴天。
久しぶりの山行。
3日間も山の中で過ごす幸せ。
総距離37kmの縦走。
海友キタさん、三重からはQちゃんが参加してくれた、
四国・徳島県の剣山系縦走。
それは、これまでにないほどの素晴らしい山だった。

【Day1】
我が家から500㎞先にある山。
3日間の連休が晴れの予報だったので、
すべてを山の時間にすべく金曜の夜から車を走らせた。
ほとんど徹夜だったけど、久しぶりの山にアドレナリンが噴出!
気心知れた友人と、これから下界を離れ山の時間だ!
marge003.jpg
あっという間に剣山山頂。
IMGP2166.jpg
写真で見て、いつか行きたいと何年も前から思っていた
憧れの山に立つことができた。
IMGP2171.jpg
クマザサで覆われた明るい山は、
遠くまで縦走路が見張らせる。
名前からは想像もつかないほど穏やかな山だ。
IMGP2181_20140916204053516.jpg
ここから、初日のテン場までは10㎞超。
久しぶりの重い装備にひざがきしむけれど、
それもどこか心地いい。
IMGP2202.jpg
振り返ると次郎笈からの縦走路。
まだまだ序の口なんだけど。
marge004.jpg
8時間ほどかかってたどり着いたテン場。
寝不足の体は悲鳴を上げ、
担ぎ上げたワインを口にしたら、もう夢の中。
朝まで爆睡していた。


【Day2】
9時間も熟睡して快調な体は、
朝の清々しい空気を欲していた。
IMGP2233.jpg
2人はぐっすり寝ていたようなので、
一人丘を登り、太陽が出るのを待った。
ボクは山のこの時間が一番好きなのだ。
山でテントを張る人はみんなそうだと思っていたら、
帰りの車の中でキタさんが、「朝はゆっくりしたい・・・」だって。
人それぞれなんだ~知らなかった~(@_@)
IMGP2244.jpg
朝一番の楽しみは黎明の空・雲海・ご来光。
この日はなんとブロッケンまで!
IMGP2255.jpg
2日目は前日よりは余裕のある行程。
テン場から目の前に見える三嶺を目指す。
快晴の空が疲れも吹き飛ばしてくれる。
IMGP2267.jpg
三嶺手前の急登。
IMGP2272.jpg
一気に登り詰めて三嶺山頂へ。
IMGP2284.jpg
Qちゃんおすすめの天狗塚への縦走路。
次郎笈からのながめに全く劣らない。
marge005.jpg
笹原が広がる三嶺の山頂台地でのんびりと時間を過ごす。
青空と雲をこんなに近く感じられる場所があるなんて。
ここが百名山でないことの方が驚きだ。
IMGP2304.jpg
2日目の夜は興奮しすぎているのか遅くまで寝つけない。
じゃまな光の届かない星空と、
テントのすぐ横まで迫っている鹿の鳴き声を感じながら夜を過ごした。

【Day3】
IMGP2341.jpg
Qちゃんおすすめの天狗塚へ向けて出発。
IMGP2345.jpg
天狗峠からはこれまで歩いてきた縦走路がすべて見晴らせた。
初日の剣山・次郎笈はもう点のように小さい。
IMGP2346.jpg
天狗塚も名前ほどの険しさはない。
360度の展望に絶句。
IMGP2349_2014091620461202e.jpg
3日目の空は、飛行機雲が演出してくれた。
IMGP2364.jpg
広い広いクマザサの原をのんびり歩いて、長い長い下山路へ。
3日も山を楽しめるなんて、山の神様に感謝!
2014剣山系縦走
【山データ】
宿泊:13日・白髪小屋前テン場 14日・お亀岩テン場
下山:ミツコバ山から亀尻峠を経て久保へ。
    国土地理院の地図には
    亀尻峠を通った下山路が示されていますが、
    亀尻峠から久保の山道はおそらく使われていないと思われます。
    山道は昔の踏み跡程度にしか確認できず、
    GPSrを頼りに藪漕ぎしながら久保までなんとかたどり着きました。
    ここを使う予定の方は要確認です。
水場:次郎笈下◎ 
    白髪小屋下△
     沢があり水は豊富ですが、
     水場として設置されたところは確認できませんでした。
    お亀岩テン場下△
     テン場の100m先に沢がありますが、
     ここも水場としての設置はなく沢の水を使いました。
    お亀岩小屋下◎
     豊富な水があふれ出ていました。
2014剣山系縦走データ

3日間、最高の時間を過ごすことができました。
山の神様に一礼。
楽しい時間を共有できた仲間に一礼。


とりあえず
supermoon
楽しみにしてた。
晴れててよかった~!
うす雲の演出も最高!!
写真で表現する技術がないのが残念だけど気にしない。
supermoon.jpg



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。