FC2ブログ
Seakayaking , Backcountry Skiing , Mountain Trip ...... It's My SLOW LIFE
So I …
テン泊登山をしようと思っていた土曜の朝。
海友SP3さんからメールが入り、
予定していた久住・長者原で待ち合わせ。
SP3さんも天気が良くて、山に登りたくなったよう。
IMGP2070_2014052516124197e.jpg
坊がつるでのテン泊の予定だったので、目指す山は三俣山。
久しぶりに長者原からダラダラ道をアプローチ。
すがもり越に荷物をデポして本峰を目指しました。
IMGP2076_20140525161242679.jpg
天気が良くて、最高の山歩きです。
IMGP2078.jpg
すがもり越に戻ったらSP3さんとはここでお別れ。
北千里浜を通って、急坂を下り坊がつるを目指します。
久しぶりにテント泊の道具を担いで山を歩きましたが、
坊がつるについた途端、足は売り切れ。
両太ももともピクピクッ!
この程度の荷物と距離でこんなになってたら、どこへも行けんわ。
こりゃあ、鍛えなおさんと・・・
IMGP2077.jpg
とはいえ、今日はテントでのんびりすることだけを目指してきたので、
テントを張ったら昼寝!
久しぶりに野の香りを感じながらウトウト・・・。

と思ったら、女の子の大きな声と突然、ポンッという破裂音!
ボクのテントから見えていたはずの隣のテントが燃えてなくなっています。
どうやらテント内でガスがたまって爆発したようです。
近くにいた親切なグループの方々がいろいろとお手伝いをして、
やけどを負った子や
同じグループの若者たちをサポートしてあげていました。
幸い、中にいた女の子は大きなけがではなかったようです。
よかったですね。
IMGP2079_20140525162231c85.jpg
しかし、これは事故扱いとなり、
夜になって現場検証が行われていました。
いつもと違う坊がつるの夜となりました。
それでも、ボクはテントの中にいると、
いつも以上によく寝られます。
星も期待できない夜だったし、
朝駆けしたいと思う気にもなれなかったので、
思う存分、惰眠をむさぼりました。
いつもは5時間も寝なくても動けるのに、
テントでは10時間も寝てました(^0_0^)
そう、だからボクにはこんな時間が必要なんです。
だからボクは山で寝るんです。


足の疲れがとれてなかったらそのまま下山しようと思っていたけど、
荷物が重くなければ歩けそうだったので、
空が白み始めたら準備をして、平治岳に登ってみることにしました。
IMGP2080.jpg
平治岳までの道はぬかるみが多く、あまり好きな山道ではありません。
今日は一石運動のために、砲弾2個を担いで上がりました。

久住のミヤマキリシマはまだ開花が始まったばかり。
いろんなところが虫害で、今年の花は少ないという話。
平治岳はどうかよくわかりませんでしたが、
虫が悪さしているしている株がいくつか・・・
今年は心配ですね。
IMGP2086_20140525162233b8d.jpg


花を期待して来たわけではないので、
朝の清々しい空気の中を歩けるだけで気持ちいい!
IMGP2087.jpg
そう思いながら山頂を目指していると、
別府湾方面は一面の雲海!!
由布岳の双耳峰が雲の波に飲み込まれそうでした。
そう、ボクは山のこの景色が見たいんです。
だから、山で寝るんです。
IMGP2092_20140525163708a13.jpg

IMGP2093.jpg
花の便りがまだの山頂にはボク一人だけ。
仲間たちよりちょっと早く色づいた数株のミヤマキリシマを楽しみました。
来週からは、この時間にもたくさんの人が押し寄せてきてるんでしょうね。


今が、一番坊がつるで過ごしやすい気候なんじゃないかなあ。
吹いてくる風が気持ちよく、テント撤収までに何度もコーヒーを淹れ、
久しぶりの感覚を楽しみました。



しかし、なんとか坊がつるでのテント泊は楽しめたけど、
こんなに足が弱ってたら、山が楽しめない!
宝探ししてる場合じゃないね・・・





スポンサーサイト