Seakayaking , Backcountry Skiing , Mountain Trip ...... It's My SLOW LIFE
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
鶴見岳のミヤマキリシマ
今日は前の職場の仲間との春登山。
もう5~6年続いてるんですねえ。
みんな、バラバラになってしまったけど、
この時期の再会を楽しみにしてます。
さて、今日向かった山は大分県の鶴見岳。
ロープウェイで山頂近くまで行けるので
あまり魅力を感じていない山だったのですが、
一昨年の登山で裏からのアプローチの魅力を感じていました。
そして、ここもミヤマキリシマが群生しているところだったのです。

P1020324.jpg
晴天の空は黄砂のためにかすんでいますが、
南下するほど空の青さは増していました。
P1020361.jpg
南平台を通るルートは林の中のトレッキング。
今日は暑かったですね~。
日差しを遮る木々がありがたい。
P1020340.jpg
目指すは鞍ヶ戸。
一番端の3峰の山肌はピンク色に色づき、
まさにミヤマキリシマの最盛期のようでした。
P1020349.jpg
山頂にはほとんど人がいなくて、
ゆっくり昼食と花を楽しむことができました。
花越しに見る由布岳の雄姿。

大勢の人で賑わう久住のミヤマキリシマは見事ですが、
この静かな山頂で独占できる花には大きな魅力を感じました。

山の良さはそれぞれ。
素敵な山旅でした。





スポンサーサイト
So I …
テン泊登山をしようと思っていた土曜の朝。
海友SP3さんからメールが入り、
予定していた久住・長者原で待ち合わせ。
SP3さんも天気が良くて、山に登りたくなったよう。
IMGP2070_2014052516124197e.jpg
坊がつるでのテン泊の予定だったので、目指す山は三俣山。
久しぶりに長者原からダラダラ道をアプローチ。
すがもり越に荷物をデポして本峰を目指しました。
IMGP2076_20140525161242679.jpg
天気が良くて、最高の山歩きです。
IMGP2078.jpg
すがもり越に戻ったらSP3さんとはここでお別れ。
北千里浜を通って、急坂を下り坊がつるを目指します。
久しぶりにテント泊の道具を担いで山を歩きましたが、
坊がつるについた途端、足は売り切れ。
両太ももともピクピクッ!
この程度の荷物と距離でこんなになってたら、どこへも行けんわ。
こりゃあ、鍛えなおさんと・・・
IMGP2077.jpg
とはいえ、今日はテントでのんびりすることだけを目指してきたので、
テントを張ったら昼寝!
久しぶりに野の香りを感じながらウトウト・・・。

と思ったら、女の子の大きな声と突然、ポンッという破裂音!
ボクのテントから見えていたはずの隣のテントが燃えてなくなっています。
どうやらテント内でガスがたまって爆発したようです。
近くにいた親切なグループの方々がいろいろとお手伝いをして、
やけどを負った子や
同じグループの若者たちをサポートしてあげていました。
幸い、中にいた女の子は大きなけがではなかったようです。
よかったですね。
IMGP2079_20140525162231c85.jpg
しかし、これは事故扱いとなり、
夜になって現場検証が行われていました。
いつもと違う坊がつるの夜となりました。
それでも、ボクはテントの中にいると、
いつも以上によく寝られます。
星も期待できない夜だったし、
朝駆けしたいと思う気にもなれなかったので、
思う存分、惰眠をむさぼりました。
いつもは5時間も寝なくても動けるのに、
テントでは10時間も寝てました(^0_0^)
そう、だからボクにはこんな時間が必要なんです。
だからボクは山で寝るんです。


足の疲れがとれてなかったらそのまま下山しようと思っていたけど、
荷物が重くなければ歩けそうだったので、
空が白み始めたら準備をして、平治岳に登ってみることにしました。
IMGP2080.jpg
平治岳までの道はぬかるみが多く、あまり好きな山道ではありません。
今日は一石運動のために、砲弾2個を担いで上がりました。

久住のミヤマキリシマはまだ開花が始まったばかり。
いろんなところが虫害で、今年の花は少ないという話。
平治岳はどうかよくわかりませんでしたが、
虫が悪さしているしている株がいくつか・・・
今年は心配ですね。
IMGP2086_20140525162233b8d.jpg


花を期待して来たわけではないので、
朝の清々しい空気の中を歩けるだけで気持ちいい!
IMGP2087.jpg
そう思いながら山頂を目指していると、
別府湾方面は一面の雲海!!
由布岳の双耳峰が雲の波に飲み込まれそうでした。
そう、ボクは山のこの景色が見たいんです。
だから、山で寝るんです。
IMGP2092_20140525163708a13.jpg

IMGP2093.jpg
花の便りがまだの山頂にはボク一人だけ。
仲間たちよりちょっと早く色づいた数株のミヤマキリシマを楽しみました。
来週からは、この時間にもたくさんの人が押し寄せてきてるんでしょうね。


今が、一番坊がつるで過ごしやすい気候なんじゃないかなあ。
吹いてくる風が気持ちよく、テント撤収までに何度もコーヒーを淹れ、
久しぶりの感覚を楽しみました。



しかし、なんとか坊がつるでのテント泊は楽しめたけど、
こんなに足が弱ってたら、山が楽しめない!
宝探ししてる場合じゃないね・・・





初心の山
遊び心が足りないこんな時期には、初心に返るのが一番。
初心に返りたいときに頭に浮かぶ山がいくつかあるけど、
今日は、大失敗を繰り返した山を選んだ。
なんでかな。
IMGP2065.jpg

IMGP2062.jpg

IMGP2060.jpg

IMGP2064.jpg

緑も美しく、風がさわやかないい季節だ。
もっと楽しみたいですね。


西長門ツアー
昨夜遅く、愛媛から帰宅。
GWもいよいよ終わりなので、あと一日骨休めしようと思っていたら、
panzyroomさんの新作キャッシュはまだ手つかずのままのものが残っていました。
GW最後の遊びにと、寝不足の体をたたき起こして、早朝から西長門へ。
20140506000000.jpg

20140506000001.jpg

20140506000002.jpg

20140506000003.jpg
角島・向津具半島、青海島・・・
カヤックで知る海を陸上から確かめることの楽しさ。

今日も晴れ。
いい休日だった!

おかげで帰宅後は半日爆睡(-"-)
休養はできたはず。

キャッシュを整理していたら、
どうやら今日のキャッシュで100個目のFTFをいただいたよう(^0_0^)
panzyroomさんのおかげです。
どうもありがとう!


佐田岬ツアー
この旅で一番楽しみにしていた佐田岬へのツアー。
地図で見ていた細長い半島の先に、
いつか行ってみたいと思っていた子どものころから
ずいぶん時間がかかってしまいましたが、
やっとたどり着くことができました。

IMGP1992.jpg

IMGP1993.jpg

IMGP2005_20140506221008f8c.jpg
途中で立ち寄った内子の町。
古き良き時代を思わせる美しい街並み。



何時間もかかってたどり着いた岬の先端。
美しい海に時間が過ぎるのも忘れるほどでした。
IMGP2021.jpg

IMGP2023.jpg

IMGP2035.jpg
自分が生まれた島だからか、
四国にいるといつもと違う自分になる気がします。
文化の香りが漂う愛媛県。
素晴らしいところでした。
Thank you for the cache!






松山ツアー
松山滞在2日目は、レンタサイクルを借りて、丸一日ジオキャッシング!
松山城下のレンタサイクルに向かうも、
自転車が借りられる8時半には多くの観光客で賑わっていました(@_@;)
P1020268.jpg

P1020271.jpg

P1020278.jpg

P1020277.jpg
松山城の周りを中心に夕方近くまでサイクリングしてきました。
どのキャッシュも簡単に見つけられるものばかりで、
そのおかげでたくさんの名所を回ることができて
松山にとても詳しくなった気がします。
松山のオーナーさんに大感謝!
観光地としての規模はもちろん全然違うと思うけど、
門司港もこんな風にみんなにまわってほしいなあ。

雪渓の石鎚山
GWは四国の石鎚山へ!
数年ぶりの石鎚山ですが、正面登山口からのアプローチは初めて。
なめてかかっていた寝不足の体には応えた~!
さすがは西日本の最高峰!
IMGP1921.jpgIMGP1922.jpg
神様の山は身も心も洗われる気がします。
IMGP1937.jpg
試しの鎖で大渋滞
IMGP1938_201405062145221bd.jpg
ボク好みの美しい山容。伯耆大山と同じ神々しさを感じます。
IMGP1959_201405062145246bd.jpg
多くの人出のため、試しと一の鎖を使った後は巻道でのんびりハイク。
三の鎖は雪のためか通行禁止になっていたようです。
IMGP1960.jpgIMGP1965.jpg
雪が残る山道に気分は高揚!
さすがの連休で山頂は大賑わい。
IMGP1967.jpg
ご褒美のような晴天。
かつて縦走した堂が森からの縦走路が見張らせました。
IMGP1974_20140506214807a26.jpg
雪道を下るために慣れない人たちで大渋滞。
山頂から1時間ほどのろのろ進みました(@_@;)
IMGP1977.jpg
花には興味のないボクですが、思いがけず楽しめたアケボノツツジ?
遠くの山の斜面をピンクに染めていました。
IMGP1985.jpg

青空に、花に、雪に・・・。
神様に会えた気がした最高の一日。
山に一礼です。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。