FC2ブログ
Seakayaking , Backcountry Skiing , Mountain Trip ...... It's My SLOW LIFE
with the artist
一夜明けて、心地よい筋肉疲労を感じているmoujiです。

冬のボクの遊び場は、広島県の蔵座高原です。
ここに通い始めて10年ほどになります。
山に行き始めたころは
山にスキーを持ってあがって滑って下りてくるなんて遊び、
教えてくれる人も一緒に行ってくれる人もいませんでした。

うまく滑れないことが楽しくて、
いつしか毎週のように山に入るようになったころ、
ここにねぐらを構えたようにいつも集まる人たちに気がつきました。
ボクはひそかにこの人たちのことをシンニュー族と呼んでいました。
彼らも遠い九州から毎週のようにやってくるボクのことを
覚えていてくれていて、
声をかけたりかけられたりしながら、
いつしかボクもこの族の面々に認知され、
一緒に遊ぶことが増えてきました。

最近のシンニュー族の流行は「雪板」
製作が好きな人たちは
夏の間から自分だけのこだわりの一枚を作っています。
このシンニュー族の一人に若いアーティストがいて、
ボクたちは彼の作った板で遊んでいます。

足を固定せず、板切れのようなボードに乗って滑るんです。
横乗りスポーツの経験のないボクには
とんでもなく難しい道具ですが、
いい歳をした大人がチビッ子のように
斜面を登っては滑り降りてくるくらいのはしゃぎようです。
ちょっとしたそり遊びだと思っていたのですが、
シンニュー族の長たちや製作者のshindy★くんは、
本気でS山の山頂から滑って下りようと考えているようです・・・。
まさかそんなことはできないだろうと思っていたのですが、
昨日のこの滑りを見ると、近いうちにやってしまいそうです。



S山で色とりどりの板でそり遊びをしている面々はシンニュー族です。
心優しい人たちばかりですので、
雪板にでも山での遊びにでも、
興味を持った方々は、声をかけてください。


シンニュー族の雪板情報はこちら
shindy★くんのブログ
栄太郎さんのブログ
KIHA★MANさんのブログ


P.S.
★お知らせ★

  shindy★くんの雪板、広島のショップに展示されるそうですよ。
  もちろん、販売用として。
  shindy★くんからの”報告”
  なんだよ、置いてくれる店が、これまたカッコいいね~!
  女性や子どもさんにも楽しんでもらえるようなコンセプトも
  考えられているよう。すごいね~!
  まあ、あれだけモノ作りにこだわってれば安心して使えるよね。
  しかし、ワタクシmoujiはshindy★くんの『誰もが雪遊びを楽しむ』
  という純粋な気持ちが失われていかないか監視し続けていきますよ~!





スポンサーサイト



潤う山にて
3連休は芸北地方にも雪が潤い、
ご多分に漏れず、楽しんでまいりました。
とはいえ、やっぱり今年は雪がない年だと思いますね。
ボクの予想をいい意味で裏切ってもらいたい。
P1010582.jpg

≪土曜≫
パウダーを期待してやってきたSの山。
意外と人が少なく拍子抜けした感じ。
下りてきた人に話を聞くと、いい感じの雪ではなさそう。
とりあえず山頂にご挨拶したら、
久々に正面斜面を軽く滑ってこの日は終わっちゃいました。
P1010585.jpg
S山の駐車場では、
主の栄太郎さんとhamaさんに新年のご挨拶ができたのですが、
夜のお供を命じられ(いや~ん)、
楽しい酒の席でかなりいぢられてまいりました。

まあ、このお二人、
S山での遊びを開拓されたリスペクトすべき!方々なので、
多少の辛抱は必要であります。
いやいや、ほんとにいい人たちなんです。
大事なことなので2回言います。
ほんとにいい人たちなんです!

≪日曜≫
shindy★くんとS山で待ち合わせ。
この日はかなりの人が山に入っていくので、
いいバーンが残っているうちに滑ってしまおうと
朝から中腹を登り返して2本。
前日の滑らない雪も冷えて落ち着き、
とてもいい感じでした。
P1010020.jpg
とりあえず滑る方に満足したら、
あとは昼過ぎまで栄太郎さんたちと雪板三昧でした。
P1010088.jpg
フカフカの雪のおかげで、
想像もしていなかったほどの急斜面から滑ってみたり、
へとへとになるまで遊びました。
P1010596.jpg
昼からは、今季初BCだというシゲさんとshindy★くんとS山山頂まで。
ギタギタに切れ落ちた斜面の先には、
フカフカのパウダーバーンがまっていました♪
んんん、気持ちよかった~。
P1010589.jpg
こんなに一日中雪と戯れるのも珍しく、
さすがに脚は売り切れ状態だったのですが、
雪板に情熱を注ぐshindy★くんが、
どうしても1本行きたいと言うので最後のご奉公。
P1010597.jpg
これがまたとんでもないことをやってくれたのですわ。
それはまた今度ということで。


クタクタで帰宅したけれど、
日常を忘れ、存分に笑い楽しんだ2日間。
体も以前と同じくらい動かせるほどになってきました。
友に一礼。山に一礼です。