Seakayaking , Backcountry Skiing , Mountain Trip ...... It's My SLOW LIFE
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
GIFT
miniyukiita
This is a thoughtful gift for me,
including his dreams,passion,talents,love,etc...
How wonderful!
No word can tell my pleasure and gratitude.


スポンサーサイト
snow hiking
P1010637.jpg
土曜日はいつものシンニューへ出かけました。
週半ばまで降雪があり後半から気温が上がるということで、
土曜日しか滑れないだろうと思って、
今回はshindyくんとお友達のツッキーさんとご一緒させてもらいました。
P1010644.jpg

P1010647.jpg
しかし、この日の雪は見事に滑らない雪。
まるで春先の緩斜面を滑っているような感じです。
P1010655.jpg
こんなストップスノーに、
山頂まで珍しく?駆けつけてくれた栄太郎さんとカッコウさんも
板を掴まれて苦戦しているようでした。
こんな雪を板掴み妖怪が出たと言います。(ローカルシンニュー用語)
もちろん、ボクなんか滑るどころじゃありません(;^◇^;)ゝ

全く楽しくない雪でしたが、
今日はツッキーさんがマイギアでの初BC!
ボクはshindyくんにロッカーのスーパーファットを借りて試乗会。
P1010635.jpg
それなりに楽しみましたが、
こんな状況を見越してか、
shindyくんは、静かな山の裏側で雪ベンチを作り、
持ってあがってくれたコーヒーとおやつで
みんなをおもてなししてくれました(*^。^*)
P1010636.jpg P1010651.jpg
P1010653.jpg P1010654.jpg
いや~、やっぱり山の時間はこうでなくちゃね!

そして、なんと彼はスキーの他に雪板2本も担ぎ上げてくれて、
今日は大人3人でほんとに雪遊び。
ツッキーさんは、ほんとに楽しかったようで、
BCにはまってしまいましたね。
また山でお会いできそうです。

誰も来ない斜面で大笑いしながら楽しい時間を過ごしました。
ありがとう!!shindy★くん!!
IMGP2713.jpg

IMGP2776.jpg mouji
ターンなんぞ、してみるの図

存分に楽しんだら、登り返して駐車場へ。
ふと見上げたボクらが辿った山頂は、
なんと見事に切れ落ちていました・・・( ̄∇ ̄;)
あのあと、人が下りてこなかったはずです・・・。
シーズンの短いシンニューは、まだまだ回復してくれるのかなあ。
IMGP2634.jpg

P1010662.jpg

この日の夜は、広島市内まで下りて
shindy★くんにおもてなし第2弾をしてもらいました。
日頃行くことのない専門店巡りをしてもらい、
衝撃のギアやウェアを目にしたボクは、
またもや物欲の虫が・・・(lll゚Д゚)

夜は夜で、ごちそうをしてもらい、
遊びのことだけでなく、いろんな話を聞かせてもらい、
ほんとに充実した一日でした。
こんな仲間ができて、ほんとにうれしいことです。

次の日も、別の仲間と山にはいる約束をしていたのですが、
夜から降り続く雨に中止とあいなり、
丸一日空いたボクはのんびり広島から帰ってきたのでした。

山に感謝、仲間に感謝です。





With the legendary rider
戸河内で朝を迎え、日曜はshindy★くんと待ち合わせ。
今日は、ボクの中の伝説のライダー・masaさんと
セッションできるということで興奮して集合時間を待っていました。

昨夜から降り積もった雪は、
すべてのラインをリセットさせ、
ボクの気持ちを一層奮い立たせます。
P1010614.jpg
こんないい条件をシンニュー族が逃すはずもなく、
栄太郎さん・カッコウさん・KIHA☆MANとともにハイクアップです。
P1010622.jpg
降雪だけでなく、青空も!
P1010623.jpg
楽しすぎて、今日はカメラを出す時間も惜しんで滑りました。
写真はshindy★くんにお任せ。
IMGP2179.jpg
photo by shindy
masa.jpg
masa-san
IMGP2212.jpg
photo by shindy
P1010628.jpg
shindy
IMGP2318.jpg
photo by shindy


数年に一度の当たり日!
masaさんとのセッションも刺激的!
ありがとうございました!!

山頂から2本、中腹から1本。
午前中で足が売り切れました。
ごちそう様でした!!


「また来週!」
そんなあいさつがうれしいSの山でした。




Silent Mountain
数年ぶりに雪で潤ったSの山で遊びました。
降雪で視界は悪く、山頂はものすごい強風でしたが、
そのおかげでか、この日のSは山に入る人がほとんどいませんでした。
P1010602.jpg
めずらしく朝駆けをした栄太郎さんとカッコウさん。
吹雪なのに笑顔で山頂から下りてきた女の子3人組。
そして、久しぶりのBCになるMorryさんとボク。
P1010603.jpg
バックカントリーを始めたばかりの時のような、
静けさに包まれたS。
身が引き締まる思いでした。
P1010611.jpg

下山後も降雪は続き、翌日も期待できそうです。
残念ながら日帰りのMorryさんと最後に雪板session.
深雪で最高の遊びになりました。

P.S.
雪板製作者shindy★くんから
j-laboのただ働きmanagerを仰せつかりました!
j-labo yukiita-projectよろしく~♪


with the artist
一夜明けて、心地よい筋肉疲労を感じているmoujiです。

冬のボクの遊び場は、広島県の蔵座高原です。
ここに通い始めて10年ほどになります。
山に行き始めたころは
山にスキーを持ってあがって滑って下りてくるなんて遊び、
教えてくれる人も一緒に行ってくれる人もいませんでした。

うまく滑れないことが楽しくて、
いつしか毎週のように山に入るようになったころ、
ここにねぐらを構えたようにいつも集まる人たちに気がつきました。
ボクはひそかにこの人たちのことをシンニュー族と呼んでいました。
彼らも遠い九州から毎週のようにやってくるボクのことを
覚えていてくれていて、
声をかけたりかけられたりしながら、
いつしかボクもこの族の面々に認知され、
一緒に遊ぶことが増えてきました。

最近のシンニュー族の流行は「雪板」
製作が好きな人たちは
夏の間から自分だけのこだわりの一枚を作っています。
このシンニュー族の一人に若いアーティストがいて、
ボクたちは彼の作った板で遊んでいます。

足を固定せず、板切れのようなボードに乗って滑るんです。
横乗りスポーツの経験のないボクには
とんでもなく難しい道具ですが、
いい歳をした大人がチビッ子のように
斜面を登っては滑り降りてくるくらいのはしゃぎようです。
ちょっとしたそり遊びだと思っていたのですが、
シンニュー族の長たちや製作者のshindy★くんは、
本気でS山の山頂から滑って下りようと考えているようです・・・。
まさかそんなことはできないだろうと思っていたのですが、
昨日のこの滑りを見ると、近いうちにやってしまいそうです。



S山で色とりどりの板でそり遊びをしている面々はシンニュー族です。
心優しい人たちばかりですので、
雪板にでも山での遊びにでも、
興味を持った方々は、声をかけてください。


シンニュー族の雪板情報はこちら
shindy★くんのブログ
栄太郎さんのブログ
KIHA★MANさんのブログ


P.S.
★お知らせ★

  shindy★くんの雪板、広島のショップに展示されるそうですよ。
  もちろん、販売用として。
  shindy★くんからの”報告”
  なんだよ、置いてくれる店が、これまたカッコいいね~!
  女性や子どもさんにも楽しんでもらえるようなコンセプトも
  考えられているよう。すごいね~!
  まあ、あれだけモノ作りにこだわってれば安心して使えるよね。
  しかし、ワタクシmoujiはshindy★くんの『誰もが雪遊びを楽しむ』
  という純粋な気持ちが失われていかないか監視し続けていきますよ~!





潤う山にて
3連休は芸北地方にも雪が潤い、
ご多分に漏れず、楽しんでまいりました。
とはいえ、やっぱり今年は雪がない年だと思いますね。
ボクの予想をいい意味で裏切ってもらいたい。
P1010582.jpg

≪土曜≫
パウダーを期待してやってきたSの山。
意外と人が少なく拍子抜けした感じ。
下りてきた人に話を聞くと、いい感じの雪ではなさそう。
とりあえず山頂にご挨拶したら、
久々に正面斜面を軽く滑ってこの日は終わっちゃいました。
P1010585.jpg
S山の駐車場では、
主の栄太郎さんとhamaさんに新年のご挨拶ができたのですが、
夜のお供を命じられ(いや~ん)、
楽しい酒の席でかなりいぢられてまいりました。

まあ、このお二人、
S山での遊びを開拓されたリスペクトすべき!方々なので、
多少の辛抱は必要であります。
いやいや、ほんとにいい人たちなんです。
大事なことなので2回言います。
ほんとにいい人たちなんです!

≪日曜≫
shindy★くんとS山で待ち合わせ。
この日はかなりの人が山に入っていくので、
いいバーンが残っているうちに滑ってしまおうと
朝から中腹を登り返して2本。
前日の滑らない雪も冷えて落ち着き、
とてもいい感じでした。
P1010020.jpg
とりあえず滑る方に満足したら、
あとは昼過ぎまで栄太郎さんたちと雪板三昧でした。
P1010088.jpg
フカフカの雪のおかげで、
想像もしていなかったほどの急斜面から滑ってみたり、
へとへとになるまで遊びました。
P1010596.jpg
昼からは、今季初BCだというシゲさんとshindy★くんとS山山頂まで。
ギタギタに切れ落ちた斜面の先には、
フカフカのパウダーバーンがまっていました♪
んんん、気持ちよかった~。
P1010589.jpg
こんなに一日中雪と戯れるのも珍しく、
さすがに脚は売り切れ状態だったのですが、
雪板に情熱を注ぐshindy★くんが、
どうしても1本行きたいと言うので最後のご奉公。
P1010597.jpg
これがまたとんでもないことをやってくれたのですわ。
それはまた今度ということで。


クタクタで帰宅したけれど、
日常を忘れ、存分に笑い楽しんだ2日間。
体も以前と同じくらい動かせるほどになってきました。
友に一礼。山に一礼です。



too much fun!
芸北地方は12月の半ばの寒波で
滑ることができる状態になったようですが、
その後の一降りが足りないようです。

雪の状態はよくないことはわかっていたのですが、
やはり新年一発目はここで!
とSの山に行ってきました。
KIHA☆MANさんも山は初滑りだということでご一緒してもらいました。

P1010555.jpgP1010558.jpg
P1010564.jpgP1010568.jpg

結果は見ての通り、カチカチの悪雪。
山はボロボロにはげています。
期待していた裏側もモナカ雪・・・。
ボクはこの雪が滑れません・・・。

1回登り返してあえなく終了。
次の雪に期待です。


しかし、今季、雪山での楽しみはスキーだけではありません。
shindy★くんに作ってもらった『雪板』
実はこの練習が一番の目的だったのです!
昨シーズン、みんなだスイスイと乗りこなす中、
全く話にならない下手くそぶりを発揮していたので、
こっそり練習しにやってきました。

そんなボクに、KIHA☆MANさんは
魅力的なゲレンデを紹介してくれました。
誰も来ない静かな裏山に、
広大なオフピステバーンが広がっているのです!!
斜度もそこそこ。
とにかく広い!
そして、誰も通らない(o ̄ー ̄o)
まさにやりたい放題の場所でした。

メンツルの斜面は、雪が沈んで固めではありましたが、
それが練習にはちょうどいい具合で、
なんとこのボクもロングライドができました~!
んんん、shindy★くん、この板、最高だよーーー!

あまりにも楽しすぎて、2~3時間、上と下を行ったり来たり。
汗だくになって遊びました。
P1010572.jpgP1010573.jpg
P1010578.jpgP1010581.jpg
ここは最高の雪板ゲレンデですね。
今度、みんなで遊びに来ましょう!





see the old year out and the New Year in@Hiroshima
あけましておめでとうございます。
例年になく忙しい年越しをしているmoujiです。

白馬から帰ってきたら、すぐに広島に旅立ちました。
1週間近く好きなことをさせてもらったので、
年越しは家族と一緒に広島ですることにしました。
あまり宿に泊まって旅行をすることがない家族なのですが、
どうやらみんな広島県には縁がなかったようなので、
東京から帰ってくる甥っ子・姪っ子も一緒に家族旅行です。
ぜひ、子どもたちには広島の町で平和について感じてもらいたいと思います。

初日は日本三景の『宮島』
ボクにとってはシーカヤックの島というイメージなのですが、
嚴島神社は世界遺産として有名ですね。
海にそびえる大鳥居、ぜひ見せてやりたい!
(ついでにキャッシュもいっぱいとってきたい(;^◇^;)ゝ)
IMGP1789.jpgIMGP1800.jpg
IMGP1813.jpgIMGP1822.jpg
IMGP1828.jpgIMGP1833.jpg
キャッシュを巡りながら宮島の町を散策。
ゆっくり街中を歩くなんてしたことがなかったので、
とても新鮮でした。
キャッシュのおかげで隅々まで周れてみんなも大満足です。

弥山登山はボクの希望。
ロープウェイを使ってですが、名山と言われる山に登ってみました。
青空のおかげでとても見晴らしがよく、
霊験あらたかな山にて一年の埃が払えそうな気になりました。

下山後は干潮で大鳥居まで歩いていくことができました。
これは何度も訪れたことのあるボクも初めての経験でした。
丸一日世界遺産を満喫です。

夜は質素なホテルで過ごすことになりましたが、
疲れを引きずったままのボクはあっという間に爆睡(@_@;)
あっという間の年越しでした・・・。

朝を迎えたらみんなで平和記念公園に向かいました。
元日の朝からたくさんの人がここに訪れ献花されています。
広島を初めて訪れた家族らは、
平和記念資料館でも充実した時間を過ごしてくれたようです。
こういう一年の始まりもいいですね。
20131231183849.jpg20131231215343.jpg
IMGP1849.jpgIMGP1856.jpg
お昼はお好み焼きを食べることをえさに、
街中をジオキャッシュ。
さすがに脚も売り切れ\(◎o◎)/!
帰りは運転できないほどクタクタで眠かった~。











憧れの雪山にて
あけましておめでとうございます!
ブログが停滞してしまっています・・・。
もう年が明けたのに、まだ去年のことを引きずっているなんて・・・。
早く気分を新年に向けよう!


26日から白馬に移動して、バックカントリーができる日を待ちました。
初日は白馬八方でゲレンデ三昧。
天気が良くて、白馬三山をはじめ、周りの山々がきれいに見張らせました。
IMGP1761.jpgP1010495.jpg
P1010520.jpgP1010503.jpg

ところが、次の日からはタイミングを見計らったかのように
強い寒気が入ってきて、
日本海側は荒れる天気という予報です。
さすがに知らない場所で、
荒れるという予報の時に山に入ることはできず、
27日、28日は(ボクは)悶々としながらゲレンデ通い。
西日本にも雪が降るほどの寒気だったようですが、
白馬は思ったほど積雪がなく、
ゲレンデパウダーも期待できませんでした(ToT)
それでも、栂池、五竜といった広大なゲレンデのコースを隅から隅まで、
朝から晩まで滑りつくした感じで、夜は爆睡ですヽ(^。^)ノ
P1010509.jpgP1010510.jpg
P1010528.jpgP1010529.jpg


けっきょく、最後までゲレンデで過ごすことになったのですが、
最終日はパウダーを狙って、白馬コルチナへ。
DSC00142.jpg
Photo by quickturn-san

ここはこれまでのスキー場と全く違い、
ぎらぎらとしたパウダージャンキーが集まり、
板やウェアも、よだれが出そうなものばかりでした。
コルチナ名物?のパウダー狙いのリフト待ちもすごい!
P1010534.jpgP1010545.jpg
P1010554.jpgP1010551.jpg
そして、ここでやっと膝パウを味わうことができました(^○^)
しかも、最高のお天気で、青空の下での滑走は気持ちよかったですね~♪
143.jpg
Movie by quikturn-san

帰りは1000㎞の道のりをほとんどquickturnさんが運転し、
なにからなにまで世話になりっぱなしでした。

思いがけない遠征でしたが、久しぶりの友人との再会、
憧れの場所でのシーズンインと、ぜいたくな時間を過ごさせてもらいました。
2013年、たくさんの人々のおかげで楽しく終えることができました。
友人に感謝、山に感謝。

今年も皆さんよろしくお願いします。



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。