Seakayaking , Backcountry Skiing , Mountain Trip ...... It's My SLOW LIFE
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
7.5hUP+rest+delicious dinner+2.5hDOWN=Wonderful mountain trip!
山友Morryさんが計画した山は、久しぶりの『傾山』だった。
IMGP1527.jpg
夏の手術以降ハードな山には登っていないだけでなく、
この1ヶ月は体調を崩してまともに体を動かしていない。
そんなボクにはハードルが高い山だった。
IMGP1534.jpg
しかし、前を歩く彼の人柄を表すような
やさしい歩幅と緩やかな足の運びのおかげで、
三つ尾までの急登を息を切らすことなく登り詰めることができた。
IMGP1541.jpg
ここまではまだ紅葉も残っていて、
秋山を通り過ぎようとしていたボクの時間も留めてくれた。
IMGP1553_2013112418522797f.jpg
ここから先は地図の上では緩やかなトラバースに見えるが、
この山域屈指の難コース。
IMGP1557.jpg
坊主と言われるいくつもの大岩のアップダウンを繰り返し、
筋力を落とした脚は、山頂にたどり着くまでに、
何度も動きを止めそうになった。
IMGP1561.jpg
なんとか登ってきた山頂からは、
勝手知ったる山々の稜線をくっきりととらえることができ、
達成感で満たしてくれた。
IMGP1571.jpg IMGP1582.jpg
IMGP1607.jpg IMGP1661_20131124185348d19.jpg
食べきれないほどの食材を担いで山に入っていたボクも、
負担がかからないように腹に少し入れるだけの軽い食材を選択した。
質素なボクの食事に、Morryさんの温かな鍋が脚色され、
至福の山小屋の時間を味わうことができた。
IMGP1580.jpg
明けた朝も素晴らしい青空。
昨日のきつさを忘れさせる爽やかな朝は、
またこの山に来ようと思わせてくれた。
IMGP1656.jpg

知識も技術もなく、若さだけでがむしゃらに登った数年前の自分から、
思うように動かせなくなった体になった今では、
この山と向き合う自分は変わってしまったけれど、
まだしばらくは山を歩くことができそうな自分を確認することができた。


スポンサーサイト
gratitude for their help
今日は足のリハビリの最終日でした。
ひどいケガだからと、長い間、状態を診てくれていましたが、
先週、院長先生から、
いい状態だから今月で終わりにしようと告げられました。
だから、今日はリハビリの先生たちへの
お礼のつもりで最後の通院にしました。

福岡に戻ってきてから1年半以上。
30㎞以上の距離を毎日のように通っていました。
診察台では、日々の愚痴や時には人生に関わることまで、
互いに話せるほどに信頼していた先生からは、
いつでも連絡してほしいと言ってもらい、
馴染みのスタッフさんからもキャンプに行きたいと声を掛けられ、
いいご縁ができたことを、とてもうれしく感じました。
ボクが満足するまで・・・と
トコトン付き合ってくださった先生方には、
感謝してもしきれません。
おかげで、あのケガからは信じられないくらい、
もう十分なほどに回復したと思います。
ありがとうございました。


IMGP1520.jpg

病院の待合室では、shindyくんが教えてくれた
『GREENLAND 海と山 10年の軌跡』を読んで
時間をつぶしていました。

グリーンランド遠征をしたメンバーの10年の軌跡を振り返った作品です。
美しい雪山の写真は、
滑りを愛する人たちだからこそ撮れるものだと感じました。

冒頭に出てくる女性。
ボクがカヤックを始めたばかりのころ、
ブログを通して知り合った方だったので、とても驚きました。
まさか、こんなところでつながったなんて!

シーカヤックに夢中になっていた10年前。
その間に、バックカントリーにのめり込み、
劇的にアドベンチャーな遊びに変わっていったボクの10年を、
彼らの変化とともに感じました。

古い縁と新しいつながり。
ボクの10年も一気に巡った一日でした。
言葉にできないほどの感謝の気持ちでいっぱいです。


First snow of the season
昨日仕事だったので、今日は振り替えの休みでした。
ボクの休みに合わせたかのように、山口県に新しいキャッシュが!
panzyroomさん、毎度~♪です。

天気はあまりよくないようでしたが、午前中はなんとか雨はないかなと思い、
早起きをして暗いうちから山口県の真ん中まで出かけてきました。

今回のキャッシュは十種ヶ峰の山頂にも設置されていたので、
久しぶりにこの山にも登ることにしました。
道中は豪雨災害の爪痕で、いまだ復旧の途中でしたが、
町はしっかりとした息づかいが感じられました。

十種ヶ峰は山頂近くまで車で上がれるので、
山頂までの往復も大したことはない山なのですが、
なんと、山に上がり始めた途端!小雨が雪に変わってきました!
いや~、思いがけない初雪で、テンションはアゲアゲ
すべてがボクの復帰のために
お膳立てしてくれているような気になってしまいました( ̄▽ ̄)

2013111842.jpg

山頂まではずっと白い道を歩くことができ、
時折雲の切れ間から見える里の景色が美しかったですね~♪

2013111831.jpg

本当はゆっくりできればよかったのですが、
雪は想定していなかったので、車がノーマルタイヤのまま!!
もう山に来るなら冬タイヤにしておかなければいけませんねえ。
ここの車道は急なので、帰り道が心配で、今回は駆け足で下山でした。
もちろん、帰宅後はすぐにスタッドレスタイヤに履き替えました。
この雪も、ボクの次の山の準備を促してくれてたんでしょうか。
布置だな~♪

ボクがウォッチしているブログでも、
各地で雪が降った報告がたくさん入って来ました。
みんな、心待ちにしてたんですね。
ボクもそろそろ調子を取り戻さなくっちゃ!

とてもいい休日になりました。





Fukuoka GC bicycle tour
今日はMorryさんと福岡市に自転車を持ち込んで、
GCツアーを敢行いたしました。

20131116002002.jpg
さすがに都会のキャッシュは数も多く、
事前に綿密な計画を立て、
できるだけ効率よく回れるように考えました。
20131116003003.jpg
かなりの数のキャッシュを巡るので、とにかく駆け足になる・・・
と思っていましたが、
大都会の中を自転車で風を切りながら駆け巡るのが心地よく、
また、きっと普段なら入り込めないような場所で思わず景色に見とれたり、
想像以上に楽しい一日になりました!


そうそう、そう言えば、この山笠が飾られている櫛田神社で出会った女の子。
ボクたちと同じ時に神社から外へ出るところだったんだけど、
なんと、立ち去る前に門の前に立ち止まって”一礼”
そして、階段を下りて敷地から離れる前にまた”一礼”
おしゃれな服装で都会の街並みが似合いそうな女性だったけど、、
あんな若い娘が神聖なものに対しての礼を尽くすその姿や
所作の美しさとのギャップに、
思わず惚れてしまいそうになりました(o ̄ー ̄o)
古式ゆかしき日本が、まだあるんだなあ。
すてきな娘さんだったな~♪

20131116004004.jpg

都会のキャッシュ巡りが二人でよかったと思うのは、
お互い怪しい動きをブロックしたり、想像以上に早く見つけられたり、
とにかく不審者に見られないように素早く動けていたことですねえ。
一人なら探すのをあきらめていた場所もたくさんありますよ。
20131116005005.jpg
朝早くから陽が落ちる時間まで、
自転車でぐるぐるぐるぐる楽しい観光ができました。
20131116006006.jpg
もちろん、キャッシュのfound率も、かなりのものでした( ̄▽ ̄)
Morryさん、ありがとう!
また行きましょう!


追伸:帰り道の大渋滞、たいへんでしたね・・・。
さらにさらにお疲れ様でした!
Fukuoka pottering and walking
山にも登れず、海にも出ず、
体の回復が思わしくなく、家にこもりそうな一日だったので、
重い腰を上げて福岡方面へチャリを持って出かけました。

しかし、・・・
大宰府で坂道を少し漕いだだけでゼーゼー・・・。
体力・筋力の低下は思った以上・・・。
こりゃまずい・・・。
とりあえず、無理せず、あとは車に頼って、
今日はジオキャッシングデー!
せっかく天気がいいので、やっぱり外に出たかったのだ。

今日は、なんと生GCerを見てしまいました。
ボクが探しに行ったポイントで、GPSを片手に森の中をグルグル周っている外人さんカップル。
あとでログを見ると、世界中でGCをしているベテランさんだったようです。

今日は福岡市の南側を周ってきたけど、
同じキャッシュを今日は3人の人物が探しにきたみたい。
やっぱり都会だと、キャッシュの訪問率も高いんだろうなあ・・・。

09.jpg


SA・RU・KU Nagasaki
連休2日目は、雲仙から移動して長崎へ。
この休みは、長崎観光をしようと思っていました。
残念ながら雨ですが、市内は傘を持って観光している人たちがたくさんいます。
せっかく来たんですから、そりゃあ、観光しますよね。

長崎市は狭い街の中のいたるところに観光名所があります。
皆さん、ガイドブックのようなものを手にして歩いていたり、
ガイドさんのような方と一緒に周られていたり。

とにかく、長崎を観光するなら歩いて周るに限ります。
ボクも雨の中、かみさんと二人でテクテクテクテク歩いて周ってきました。

ボクたちのガイドブックはジオキャッシュ。
中国風のお寺や龍馬さんゆかりの地など、
街中に点在しているキャッシュを巡るだけで、
おなか一杯になるほど観光することができました。

もちろん、周れたのは長崎市のほんの一部。
また何度でも訪れたい街です。

145329.jpg142428.jpg
143833.jpg170130.jpg



overlooked red mountains
今年は秋の山に縁がなかったようです。

せっかくの休みには雨が降るし、
出かけられないほど体調を崩すし・・・。

もしかして、ここならと長崎の普賢岳にやってきましたが、
山はあいにくのガス。
おまけに体調はまだすぐれず、
この山でもへとへとになる始末・・・。
IMGP1503.jpg

それでも、先月と違って、山肌が赤くなっているところをみることができました。IMGP1487.jpg

秋をすっ飛ばして、冬山に期待です。
IMGP1498_20131103224644b27.jpg
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。