Seakayaking , Backcountry Skiing , Mountain Trip ...... It's My SLOW LIFE
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
touchstone
いつかはやってみようと思っていた三郡山の縦走。
ちょっとものたりないかなと思ってのびのびにしていたのだった。
晴れが続くこの3連休。
いっちょやってみようと出かけてみた。

天気がいいし、これは山日和で人が多いだろうなあと思っていたけど、
三郡山までは縦走路で出会う人はトレランの人ばかり。
三郡山でも思ったほどの人はいなくて、ちょっと拍子抜けした。

P1000831_20130428173712.jpg
これから先の縦走路を眺めてみる。
P1000835.jpgP1000838.jpg
P1000844.jpgIMGP0685.jpg

今回はたぶん22㎏くらいの荷物だと思うけど、
テン場につくと足が痙攣しそうなほど疲れていた・・・(ToT)
GPS読みでは出発地点の若杉楽園キャンプ場から片道11㎞ほど。
アップダウンはそれほど多くない縦走路なのにこれだから、
この山以上の縦走は無理だわ~。
ボクの筋力は事故前と比べて半分から良くて2/3くらいの回復だね。
IMGP0687.jpgIMGP0692.jpg
IMGP0678.jpgIMGP0715.jpg
IMGP0701.jpgIMGP0706.jpg
福岡一人気の宝満山でテント泊。
かなりの人出を想像していたけど、
なんとテントは3張だけ。
ここの常連さんが教えてくれたテン。
キャンプ場の周りに巣があるんだって。
食事をしていると寄ってきた。
キャンプ場には時期外れのソメイヨシノ。
この小さな山に、山の魅力が凝縮されたような感じ。
夜は福岡の夜景まで。
ご来校登山の方も一組だけ。
思いがけず静かな山になりました。

IMGP0686.jpg
出発地からのコースタイムは6時間ほど。
往路も復路も4時間半ほどで歩いたので、
山歩きの感覚は戻ってきたような気がする。
問題は筋持久力だね~。
今のボクにはいい試金石になりました。


もっともっと鍛えようっと。








スポンサーサイト
I am cyborg
GWがやってくるというのに、いまだにノープラン。
気の向くままに出かけようと思う。

出かける前に、ちょいと新調した膝のサポーター。
やっぱり歩いている時に感じる膝のゆるみが気持ち悪く、
今後、膝の消耗が早くなるのではないかと思うような感じがするので、
ヒンジのついたハードサポーターを装着することにしてみた。

McDavid(マクダビッド) ヒンジドニーブレイス3

P1000827_20130424221140.jpg
ヒンジのないタイプはずっと使ってきたのだけれど、
ヒンジのおかげで左右にぶれが出なくて固定した感じはいい!

ただし、難点は暑い!!
同じヒンジなしのタイプは夏に装着して山に入ったけれど、
暑くて蒸れて装着したままで山を歩くことはできなかった。
もちろん、雪山や滑りの時専用にしてもいいんだけど、
せめて夏以外は使えればなあ。

P1000826.jpg

こんなに金属に頼って動いてるなんて、
人造人間って感じですわ。




charging
 天気がよかったのでじっとしていることができず、
今日はキャッシュハントに行ってまいりました。

ボクの行動範囲内のキャッシュはほとんど見つけてしまって
しばらくお休みしていたのですが、
山口県に精力的に設置してくださる方がおられて、
萩市に出かけてきました。

42.jpg
18.jpg

へぇ~、ここにこんなものがね~。
これがジオキャッシュの楽しみの一つ。
こういう刺激って大事ですよね。

のんびりできた週末だったので、
明日からまたがんばりましょう!

前を歩く人
 事故から1年が過ぎました。
リハビリも週に1度から2週に1度くらいのペースになりました。
痛みもほとんどなくて、思わず怪我をしたことを忘れそうです。

 たくさんの人に支えてもらって回復したのですが、
実は見ず知らずの人で心の支えになってくださった方がいるんです。

それは、山岳ガイドの「角谷道弘」さんです。

 「イッテQ」というテレビ番組で、
イモトさんたちテレビクルーのガイドとして、
世界中の山を案内されていた有名な方です。

 イモトさんのがむしゃらなキャラも好きで、
ご多分に漏れず、登山特集は欠かさず見ていました。
その角谷さんが、山で滑落事故にあい、
腰を粉砕骨折されたということを夏ごろ知りました。

なんとボクと同じ粉砕骨折で、
ボクより1か月前だったようです。
角谷さんのHPには、
入院生活から復帰後の様子まで記録されていて、
ボクと同じような思いをされていることに、
勝手に親近感をもっていました。

角谷さんのHP

いつから山に登れるようになるんだろう・・・
と不安に思っていた時も、
角谷さんはけがから5か月後には山に入ってるやん!
半年で登ってるやん!!
じゃあ、ボクも来月には・・・。

リハビリの先生は、ちょっと早いよ~と言ってましたが、
角谷さんの記録は自分の目標になりました。

将来はどれだけ体が動かせるのだろうという不安も、
とても共感できるものでした。
(もちろん、他人ごとではないですね)


その角谷さんが、このたび山登りの本を出されました。
全5巻のシリーズで、これから毎月1巻ずつ出されるそうです。


ステップアップ山登り 第1巻


さっそく注文しました。
角谷さんの見る山を感じてみたいと思います。
皆様もぜひ!





Good old scenery
10か月ぶりに米子に戻ってきました。
病院から松葉杖を借りていたのですが、
春には戻しに来ますと宣言していましたもので・・・。

IMGP0623.jpg

誰もが無理だろうと思っていたと思うのですが、
約束通り、この春、大山の頂にもう一度立ち、
2か月を過ごした景色を楽しんできました。

IMGP0625.jpgIMGP0632.jpg
IMGP0637.jpgIMGP0641.jpg

今回は雪山初挑戦というキタさんに同行していただいて、
数少ない晴れ間を狙ってやってきたのですが、
予報を上回る快適な天候で、山を楽しむことができました。

IMGP0644.jpgIMGP0652.jpg

この地を滑降するには、
まだまだボクにはやらなくてはいけないことや
考えなくてはいけないことがありますので、
今度は、それを目標に頑張りたいと思います。

IMGP0658.jpgIMGP0662.jpg

下山して振り返る美しい北壁をまた見に来たいと思います。
太陽にはかさがかかり始め、
ボクのピンポイントの休みに合わせてくれた好天も、
もうすぐ崩れそうです。

IMGP0664.jpg


お礼に寄った病棟では、みんな忙しそうで
お世話になった方々にも会うことができず、
元気になった姿を見せることも、
お礼も言うこともできませんでしたが、
松葉杖をお返しすることで、
事故に対してのボクの最後の借りを
お返しできたような気がしました。



4月1日、多くの人たちがすてきなスタートを切ったことと思います。
ボクも新しい気持ちで今年度を始められそうです。














上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。