Seakayaking , Backcountry Skiing , Mountain Trip ...... It's My SLOW LIFE
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
so much presence
031.jpg

今日はMorryさんと恐羅漢&Sのダブルヘッダーでした。
雪が舞う一日でしたが、時折見える青空が気持ちよかったですね。
いい一日でした。

P1000661.jpgP1000662.jpg


今日は今シーズン最長時間遊びました。
痛みが減ってきたので、ちょっと調子に乗りすぎてるような気がします。
ケアは大切。
下山後はアイシング&湿布で腫れを防ぎます。

002.jpg

0051.jpg

0071.jpg





今日はMorryさんの深雪用板(Eitarousann's used board)の初卸日。
Shindy★師匠をまねて追い撮りしてみました。
メキメキ腕を上げるMorryさんを追いかけながら撮るのは難しかったですね~。
でも、コンデジで撮ったけどなかなかで臨場感ある撮影ができました~!
かなりお気に入りの画像です!!

Edited by Mr.Morry







スポンサーサイト
お別れ
IMGP2349.jpg
昨日の山でKIHA☆MANさんに撮ってもらった一枚。
きれいな写真です。
カメラの持つ表現力の違いを痛感します。



デジタルカメラというものが世に出てから、
けっこう早くから導入していた方だと思います。
でも、初期のデジカメはとても見るに耐えられる画質ではなかったので、
やはり大切な写真は銀塩で。

しかし、技術が進歩して、コンデジでも必要十分な画質になってきたため、
銀塩カメラの出番は激減しました。
それでも、たくさんの思い出を映し出してくれてきた相棒を手放すことはできず、
長い間、棚の飾りになっていました。

そんなボクでしたが、今回、センチメンタルな気持ちとお別れすることになりました。
新しい技術にどれくらいついていけるかはわかりませんが、
未知なる楽しみが待っていてくれることでしょう。
mycamera.jpg




southern slope
今日は雪友KIHA☆MANさんから連絡をいただき、
芸北の主たちとセッションしました。
P1000635_20130119210525.jpg

山を知り尽くしたSフリークスの選んだ場所は、めったにいけない斜面。
こんなところで、これだけ遊べるなんて~♪
P1000636_20130119210600.jpg
P1000640.jpg
P1000638_20130119210600.jpg
P1000641.jpg


最高のお天気に、最高の先輩方。
楽しかったです~♪

P1000648.jpg







receiving a windfall?
久しぶりに雪友shindy★くんと会うことになった。

夜明け前のSの麓。
重く湿った雪が降り続き、山の姿はガスでよく見えない。
P1000623_20130114202256.jpg

こんなときは、山よりもピステの方が楽しめるかも!
向かったのはいつものゲレンデ。
P1000624_20130114202257.jpg

ボクの板はファットでかなり太いんだけど、
shindyくんのスーパーファットと比べたら子どもみたいですね。
P1000626_20130114202258.jpg


膝をかばいながら、ごまかしごまかし滑ってるんだけど、
自然に楽なポジションに乗っていたり、無理をしない滑りができているらしい。
「そんなにじょうずでしたっけ?」
と失礼なshindyくん。

「棚からぼた餅でしたね♪」
「それを言うならケガの功名だよ!」

そんな冗談が交わせるくらい、雪を楽しむことができるようになった。


ひとしきりピステで遊んだあとは、
今シーズン彼が製作した雪板遊び!
このセンスに脱帽です。
雪板自体も、もうこれが楽しくて楽しくて♪
しばらく子どもに戻ってました(^◇^)
My雪板がほしくなったので、来シーズンの先行予約は済ませました。
ご希望の方は、ボクが仲介いたしますよ♪♪


休みがなかなか合わない彼とは、今シーズン最初で最後のようです。
連絡してきてくれてありがとう!
また逢う日を楽しみにしてます!






Sの麓には、今日はいつもの主さんはお留守でした。



栄太郎さん、ブログ確認しました!
さっそく準備してくださってありがとうございます!
取りにうかがいますね~♪







Mt.Tonoue with Morries.
連休2日目は、わが愛する地元の戸ノ上山へ。
P1000618.jpg

ボクはわりと標高の高いメジャーな山を好んで登っているのですが、
戸ノ上山は別物。
年に一度は必ず登りたいと思う山です。
そこに、Morryさん親子がお付き合いしてくれました。
ジュニアとは2~3年ぶりに遊びますが、立派になったね~♪
今日は、けっこうきつい行程だったのに、ずっと同じペースで歩きました。
保育園児にして、すでに立派なヤマヤですよ。
P1000607_20130113185944.jpg
P1000614_20130113185943.jpg

今回は、山地の裏側の吉志(きし)登山口から畑(はた)登山口へ下りるマイナールートを選択しました。
前に登った時は往復で4時間くらいだったかなあ、
と気楽に考えていましたが、そういえば片道4時間近くかかる山でした・・・。
のんびりのんびり歩いていますが、人があまり入らない山道は厳しく、
久しぶりに山のカンを鍛えてもらいました。
P1000605.jpg

夕方からの雨が気になっていましたが、なんとか下山までもってくれました。
楽しい一日をありがとう!!




Great Day!!






revival
014000042926.jpg

I came back to The point S!!

016000006589.jpg

Many many thanks!

P1000585_20130112195246.jpg
Hike up
P1000591_20130112195247.jpg
The mountaintop
P1000589.jpg
Mr.Morry
P1000594_20130112195246.jpg
Trails in the snow


016000001484.jpg



Great Day!!!











run through
今日は雪友Morryさんとオソラへ。

今シーズンから本格的にBCに取り組む彼は、
意識の変化だけで眠っていた運動能力を発揮し、
今日一日でメキメキと腕を上げた。

対象的にボクは、体が温まるまでの1時間は膝の痛みと付き合いながら恐る恐るの滑走。
それなのに、痛みが薄らいでくると、ノリノリのMorryさんと
山頂下のリフトトップから一番下のレストハウスまでノンストップで一気に駆け抜ける
なんてことを2~3本したもんだから、もう太ももはパンパン。

まだショートターンを続けられるほど体は回復していないけど、
ロングターンのあのスピード感をまた味わうことができるなんて、至福の幸せだ。

集中して滑るので、3時間ほどで切り上げて、その後は、
今週末くらいSのフリークに会えるのではないかと思って山に向かった。
浜浜さんがハイクアップする直前だった。
また今シーズンも戻ってこれたことをご報告し、
「無理すんなよ~。」のあたたかい言葉に癒されて帰ってくることができた。


20130106401.jpg
2013season

I'm ready for snow!


on piste
A Happy New Year

今年もかわらず週末を楽しみたいと思います。
フィールドでもネットワークの中でも、たくさんセッションしましょう!
今年もよろしくお願いします。

P1000521.jpg

8か月ぶりの雪の感触を味わいました。
ここまでたどり着けるかどうかが大きな目標だったけれど、
今シーズンになんとか間に合いました。
去年のボクの7割くらいまで回復したかな。

急斜面のロングターンなんかは痛くて膝が耐えてくれないけど、
ごまかしごまかし、楽しむことができました。
悪雪でターンを繰り返せるようになるのはまだまだだなあ。
もちろん、コブなんかはとんでもない(;O;)
むちゃができる体ではないので、擦り切れないように大事に使います。

ゆっくりでもスタートが切れたことがなによりの喜び。







上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。