Seakayaking , Backcountry Skiing , Mountain Trip ...... It's My SLOW LIFE
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
GOOD WILL HUNTING
この1か月で、20年ぶりになる友人3人と出会う機会がありました。
それも、3人とも別々の時間に別々の場所で。
みんな遠くにいるので、ずっと疎遠になっていましたが、
まさかこんなところで出会うんなんて!!
と驚きとうれしさが半分半分。

うち2人は、いつもつるんで遊んでいた仲間です。
3人ともが、とても責任があり信頼されることが求められる
立派な仕事をしていました。
めざす方向が違うので、それをうらやましいと思うことはないけれど、
どこか心を揺さぶられるものがありました。

今の自分はこれでいいのか。





昨日は雨で外に出られなかったので、いつものように映画を見て過ごしました。
一日中暇なので、いつもは見ることの少ないジャンルの映画もついつい見てしまいます。
しかし、そんなに期待していない時に限って、
思いがけない素晴らしい作品に出会うんです。


GOOD WILL HUNTING(グッド・ウィル・ハンティング)



アメリカ映画の中に出てくるカウンセリングは
とても受け付けられない嫌らしさを感じます。
ここでロビン・ウィリアムズ演じるセラピストは、どこか日本的な感じがしました。
セラピストが自分のことを語ることは望ましいことではなく、
そのようなケースはほとんどないでしょう。
しかし、クライアントの心が揺さぶられるのと同じくしてセラピストの心も激しく動く。
作りものだけれど、本当のセラピーを見たような感じになりました。



この映画は、観た人によって感情移入する人物が大きく違っていることでしょう。
観る人それぞれが、またその人のストーリーを紡いでいく素晴らしい脚本だと思います。
その多様さは、この題名『GOOD WILL HUNTING』にもあるのではないかと思います。

WILL HUNTINGは主人公の名前です。
GoodなWill Hunting(ウィル・ハンティングはいいやつだ。)

タイトルは、こんな意味なのでしょうか。
Goodwill(好意・善意を)Hunting(探すこと)とか好意を手に入れるということ。
荒れた少年だったウィルから、その良さを引き出していく過程や
すさんだ生活の中にいる主人公に何人もの人が差し伸べる救いの手からは、
こうも取れます。

ボクがしっくりきた解釈は
Good(良い)Will(意思を)Hunting(探すこと)
劇中、非凡な才能を持ちながら自分の殻から飛び出せずにいる主人公に
セラピストが何がしたいのか問いかけ、
自分がしたいことをするように促していくシーンがあります。
まさに、自分にとっての意思を見つけ出していこうとする場面です。

タイトルもストーリーも、幾重にも解釈ができる作品ですね。
この映画は、ボクの中で間違いなくベスト3に入ることになりました。
『GOOD WILL HUNTING』 いい映画です。


それにしても、自分がしたいことができているのかと悩んでいたこの時期に
この映画に出会うなんて、これは布置(Constellation)なのだろうか。
そんなことを思ってしまいました。


P1000236.jpg

今朝は、激しく降る雨の音で目が覚めましたが、
明るくなるころには雨は上がっていたので、
体を動かしに、いつものジョギングコースにやってきました。

P1000235.jpg

次の週末は晴れることを期待しています。








スポンサーサイト
Daypack and Trekking pole
今、山で手放せないもの・・・たぶん、これからずっと。
今までは、テン泊の道具を入れた20㎏以上の荷物の時にしか使っていなかったトレッキングポール。
元気なときには、ポールの効果なんてほんとにわかんなかったけど、
まだちゃんと歩けなかったときに、松葉杖や杖をついているだけで、
弱った足でも前に進むことができた。
この2本の棒の威力はすごいのだ!

ボクの膝は、これから先、他の人よりも故障しやすいらしい。
予防のためには、いつも使っていこうと思う。



今は世話になっているもの。
30リッターの小さなデイパック。
愛してやまない、今はなき”DANA DESIGN”のT2000。
(復活したというDANA DESIGNは、やっぱりちょっと違う・・・)

ボクの山遊びは、こんな小さなザックでは運びきれないほどのものを持ってあがるけど、
今はホントに最小限の荷物しか運べない。
もうちょっとしたら、また散歩リュックに戻ると思うけど、しばらく付き合ってもらおう。


P1000232.jpg





in time!
P1000227.jpg
My knee was in time for the time of colored leaves.
While drinking three cups of coffee,I relaxed in red and blue.


P1000183_20121020183518.jpg
P1000190.jpg
P1000192.jpg
P1000221.jpg
P1000223.jpg
P1000225_20121020183650.jpg
P1000229.jpg
P1000231.jpg


Mt.Taisen of Kuju mountains.

Great Day!





[in time!]の続きを読む
restart
P1000168.jpg

The pain of the knee disappeared.
Therefore I walked the usual mountain.
Though more time was necessary, I was able to enjoy scenery of the top.

P1000122.jpg
P1000119.jpg
P1000146.jpg
P1000158.jpg

The life without the mountain is not thought about to me.

P1000133.jpg
P1000154.jpg
P1000160.jpg
P1000173.jpg


Great Day!




[restart]の続きを読む
Colony of the coral in Kamae
3連休は3日とも晴れの予報。
今回は海友SP3さん、キタさんと3人で、大分県の南部の海へ遠征しました。
目指すは『屋形島』
ここでキャンプの予定です。
久しぶりのキャンプ~♪


【Day,1】
P1000030.jpg

元猿海水浴場にて。
黒い砂浜は、いつも漕ぐ海とは違った印象。
ボクの生まれ育った高知県の浜も黒い砂浜でしたね。
太平洋側は、こんな砂になるのかな。

湾を出て初めて見る海岸線を散策しようと思ったけれど、
大きなうねりで、へたをすると岸壁にたたきつけられそうな感じです。
さすがは日向灘!!
太平洋ですね~!!

P1000043_20121007211723.jpg
隠れ岩も多く、この辺りを散策するのはもっと穏やかなときにしましょう。
ということで、キャンプ予定地の屋形島へ進路を変更です。

P1000050.jpgP1000055.jpg

キャンプ地ではテントを立てたらさっそくビール。
そして、お決まりの焚火。
 深夜運転してきた疲れも手伝って、夜はぐっすりでした。
真夜中起き出したときの空は、満点の星空でした。
が、眠気の方が勝りました( ̄∇ ̄;)
(写真の大きな星は木星かな?)



【Day,2】
P1000070_20121007211600.jpg
P1000076.jpg
P1000075.jpg

P1000079.jpg

一番好きな朝の時間。
明けていく空を3杯のコーヒーとともに眺めていました。

P1000092.jpg
2日目はのんびり浜で過ごして、元の浜へ帰るだけ。
なんとこの海には、サンゴの群落があるんです!!
しかし、フネから見ても浜から眺めても、それらしい感じが分かりません。

ところが!!
P1000103.jpg
P1000093.jpg
P1000104_20121007211904.jpg
P1000095.jpg

浜から50mくらいの海に潜ってみると、
すばらしいサンゴが群れているところを見ることができました!!
久しぶりに見る美しい海に、水の冷たさも忘れて泳ぎ回っていました。
シュノーケラーのSP3さんは1時間以上も海の中を楽しんでいましたね。


ああ、この海に来てホントによかった♪




P1000112.jpg
さて、たっぷり海を楽しんだあとは、エントリーした浜に帰還です。

P1000117.jpgP1000115.jpg

帰路は、昼過ぎから吹き始めた強烈な北風に阻まれました。
厳しい向かい風に休む間もなく漕ぎ続け、
久しぶりに酷使した体は筋肉がパンパンに張ってしまいました。


しかし、こんな心地よさが味わえるようになったことが一番うれしいですね。
少しずつ、日常を取り戻していく感じ。




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。