FC2ブログ
Seakayaking , Backcountry Skiing , Mountain Trip ...... It's My SLOW LIFE
至福の山時間 その2
広島東部の山に遠征した週末でした。
天気にもメンバーにも恵まれた楽しい山行になりました!!
このメンバーで滑るのは2回目なのですが、
2回とも快晴のような空のもとでのセッションです。
とりあえず、ボクはまだ晴れ男だということで。

そして、なんとこの日の山はボクたちに貸切!!
存分に落書きして帰りました~♪♪

【Day 2】
P1010103.jpg日曜日は朝から晴れの予報。
その予報を上回る青空のもと、
柔らかい雪を楽しみました~!

P1010108.jpgP1010115.jpg


riders:

≪hisakoba≫
uvs120213-021.jpguvs120213-014.jpg

≪miwa≫
uvs120213-010.jpguvs120213-017.jpg

≪Q≫
uvs120213-012.jpguvs120213-016.jpg

≪tama≫
uvs120213-013.jpguvs120213-018.jpg


風で吹きだまったバーンは極上のパウダーが残っていて、
最高の浮遊感でした!!

よくばって最後にシュプールのないところに突っ込むと、
ウィンドクラストしたガリガリの斜面で、最後の最後で大転倒!!
相変わらずボクらしい(⌒-⌒;)

P1010130.jpg 名残惜しい気持ちでいっぱいですが、
ほどほどで切り上げることも大切。
遊ばせてくれた山を背に、
再び下界に戻ります。


P1010133.jpg 下山も雪を楽しむ福岡組。
こんなに雪を堪能できるところは
九州にはないですもんね。

P1010135.jpgP1010137.jpg

P1010147.jpgcool man・hisakobaが
めずらしく笑顔ではしゃいでいます!!
今回の山は楽しかった??
のでしょう。 

P1010160.jpgP1010165.jpg


重いザックを背負って山小屋泊BC。
めったにできない遊びですが、最高のお天気とメンバーでした!!

みなさん、ありがとう!!


しばらく山には行けません・・・。
写真を見てたのしむことにします。







Great Day!!



スポンサーサイト



至福の山時間 その1 【2nd Mt & 10th BC】
この週末は、山仲間と比婆の山に出かけてきました。
九州の地にいて、今季10回目のバックカントリーは、この豪雪のおかげです。
雪の文化のない九州にも、雪好きはたくさんいて、
昨年からそんな山仲間(雪ヘンタイと呼んでいるらしい)が集まって、
quickturnさんのガイドのもと、山も滑りも楽しめた2日間でした!!

【Day 1】
P1010001.jpg 10:00A.M.
 県民の森から出雲峠に向けて出発。


P1010008.jpg雪に彩られた美しい杉林を通り、出雲峠から烏帽子岩へ。

山足なら緩やかに感じられる斜面も、板をはいた足では四苦八苦。
しかし、美しい雪の森と雪に覆われた山頂の景色に疲れも吹き飛びます。
P1010018.jpgP1010028.jpg

P1010033.jpgP1010037.jpg


烏帽子山到着は1:30P.M.
ここから1時間かけて、野営地・大膳原へ。
樹間は狭いのですが、いつもならなんとか滑り降りられそうな斜面なのですが、
今回は野営道具一式を背中に背負っているため、
思うようにターンすることができず、みんなヘトヘトになりながら下っていきました。
P1010041.jpgP1010054_20120213184153.jpg

宿泊場所の山小屋で一休憩。
宴会好きのメンバーなので、このまま飲んじゃえ~!となったらどうしよう・・・
と思っていましたが、少し休んだら
「1本いっときますか?」の天の声!!

P1010064.jpgP1010068.jpg

この日は山頂から4本のシュプール。
ボーダーさんですね。
とても美しいターン弧が残されていました。

ボクたちもきれいなところを選んでドロップ!!
P1010071.jpgP1010072.jpg


riders

≪miwa≫
uvs120213-005.jpguvs120213-009.jpg


≪tama≫
uvs120213-003.jpguvs120213-008.jpg


≪Q≫
uvs120213-002.jpguvs120213-006.jpg


≪hisakoba≫
uvs120213-004.jpguvs120213-007.jpg


P1010078_20120213191422.jpgたった1本のライディング。
毎週味わっている足にも、
久しぶりの足にも
柔らかい雪の感触を感じられると、
夕暮れが訪れてきました。



といことは、宴会突入!!
P1010083_20120213191421.jpgP1010084_20120213191421.jpg


滑りメインのため、とにかく軽い荷物で来ることが必要だったので、
まず削られたのが水!!
酒を捨ててこないのがこのメンバーです。
水は雪から作っちゃえ~!!

楽しい一夜も、長距離移動のボクたちにはあっという間。
すぐに眠りについたのでした。



Great Day!!