FC2ブログ
Seakayaking , Backcountry Skiing , Mountain Trip ...... It's My SLOW LIFE
山口県・柱島群島シーカヤックツーリング 【3rd & 4th sea】
まだまだ仕事が忙しく、思う存分というほど開放されませんが、
少し早い梅雨明けとともに、ボクにも夏がやってきました!!


P1020444.jpg


 今回のキャンプのメニューです。
ボクの夏のツーリングの食事は、いつもこんな感じ。
トウモロコシにトマトに、道の駅で買ったプラム!!
んんん、夏を感じます~~~♪♪
おっと、枝豆を写し忘れてるぞ~!
あとは、みんなが作った食事をつまんでいたら、もう満腹です。


 さてさて、今回は・・・


山口県の東の端にある柱島を中心とした島々をホッピングしてきました!!


 数年前に訪れたときに、砂浜の美しさに驚きました。
正直いうと、瀬戸内海の海はきれいなイメージがなかったのに、
この島がその考えを払拭してくれたのです。
そのときから、いつかこの島にキャンプツーリングに来たいと思っていました。

 というわけで、今回も海友Qちゃん、キタさんにお付き合いいただいて、
近くの島々も周ってきました。


【Day 1】
 エントリーは、サザンセトとうわの裏から。
海水浴シーズンなので、出艇場所が少ないです。
ここから時計回りに、目の前に見える島々をホッピングしていきます。
P1020410.jpgP1020419.jpg

P1020425.jpg
晴れた夏空にベタ凪!!
P1020426.jpg

浮島・頭島・黒島と通って、端島までやってきました。
実は、テン場を決めていなかったので、
気に入った浜があったらそこでキャンプするつもりでした。
候補地の1つ、端島にある浜は、静かで秘密の空間って感じ。
いいところです。

P1020432.jpgP1020437.jpg


でも、ボクの中には、柱島のエメラルドグリーンの浜のイメージがあったので、
まだ、他の浜を探索です。
ここには、またいつか来ることにしましょう。


端島から柱島に渡り、最初に出会った白砂の浜は、広くて美しいのですが、
すぐ横を道路が走っていて、キャンプする気にはなりません。
最後の候補地に行ってみることに・・・。
P1020443.jpgP1020445.jpg

 やってきた浦庄の浜は、思ったとおりの開放的な白砂の浜!!
やはりテン場はここ以外には考えられません。
長いパドリングで疲れた体ですが、急いでテントをたてたら冷たいビールをきゅ~!!

最高です!!

テンションが上がって持ってきたビールを飲みすぎたので、
散歩もかねて島の集落に調達に行きました。
ついでに買ったアイスを頬張りながら、島の坂道をのんびり散歩して、
夏の夕方を楽しみました。

P1020447.jpgP1020453.jpg


早い夕食も済ませ、ちょうど東の空に昇ってくる満月を楽しんでいると、
酔っ払ったボクは早々とダウン。
あとは、一人Qちゃんが、なにやらいろいろと楽しんだそうで・・・。
でも、疲れていたボクには睡眠が何よりのご褒美でした♪

P1020455.jpgP1020458.jpg


 ひさしぶりにぐっすり寝て、夜明け前に目を覚ましました。
明るくなりそうな空をぼんやり見ながらまどろんでいると、
ウミネコの大騒ぎする声が・・・。
テントから覗いてみると、キタさんがウミネコの群れを追い立てまわしています。
(・・・のように見えただけで、実際はパンをやろうとしていたようです。)
ウミネコとしては、砂州の端っこでのんびり休んでいたのに、
自分たちの居場所にやってきた人間はじゃまな存在でしかないですね。


帰りは柱島から伸びる小島4島を周って帰るだけなので、
気持ちのいい浜の余韻を楽しみながら。のんびり出発準備をして出発しました。
帰りには、まだまだ遠くに見える島を見ながら、Qちゃんの遠征した島を教えてもらったり、
次のシーズンにはあそこに行ってみようなどと、次の計画を考えたり♪
少しずつ風が出てきて、多少うねりが出てきましたが、これくらいが漕いでいてちょうどいい感じ。

最後に柳井-松山のフェリー航路を越えると、岸ベタにサーフィンを楽しみながら帰りました。
航路横断も、Qちゃんのおかげでかなりコツがわかるようになってきました。
上陸しようと思う頃には風もかなり強くなり白波が立ち始めました。
ちょうどいい頃に戻ってくることができたのは、ボクたちへのご褒美だったんでしょうか。

P1020473.jpgP1020477.jpg

P1020483.jpgP1020484.jpg


総距離40km超のツーリング。
周防大島の北側に見える島をぐるりと全部周ってくることができて大満足です。
この地の楽しい思い出がまた増えました。
今回もお付き合いいただいたお二人に感謝!!

大島柱島ツーリングlog

スポンサーサイト