Seakayaking , Backcountry Skiing , Mountain Trip ...... It's My SLOW LIFE
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
リハビリ登山でした 【6th mountain】
 今日はいいお天気の一日でしたね~♪
 久しぶりに、外遊びをしてまいりました。

3月は体調不良と仕事の忙しさもあり、体を動かす日が少なかったのに加え、
先週末から、発熱・下痢・・・で、昨日まで最悪の体調・・・。
なんとか仕事をこなしたのですが、このままではいかん!と思い、
今日は休みを取って山を歩いてきました。

とはいえ、平地を歩くだけでもフラフラするほど体力がなくなっていたので、
散歩程度の山にしようと目をつけたのが、久住の『黒岩山』&『泉水山』でした。

P1010556.jpg この山は、やまなみハイウェイをはさんで、くじゅう連山の向かい側にある山です。
気持ち良さそうな稜線で、いつかは登りたいと思っていたのですが、
ここだけを歩くために久住に来るのはモッタイナイと思えるほど緩やかな山です。

いつかは・・・と思っていたので、リハビリにはもってこいの山でした。

 アプローチは牧ノ戸峠からで、ゴールを長者原にしました。
車は長者原において、これまた初めての『日田バス』を使っての移動です。
P1010563.jpg
 登頂開始時、放射冷却で朝の気温は0℃。
昨日は雪が降ったようで、灌木の上には雪がついて、思いがけず霧氷に出会うこともできました♪

P1010585.jpgP1010590.jpg


 牧ノ戸から出発すれば、上昇高度は200mくらいでしょうか、
ほとんどが下りになる山歩きです。

sensui.jpg

P1010588.jpg 歩く分にはかなり楽なんですが、
雪が解けて山道がぬかるみ、
下り道はかなり厳しい感じですね~。
 スパッツを忘れてきたので、
パンツの裾はドロドロになってしまいました・・・。


 休憩する場所は黒岩山の方がのんびりできそうです。
また、黒岩山をおりたところに東屋もあり、のんびり余韻を楽しむことができそうなので、
この山にアプローチするなら逆コースのほうが楽しいんじゃないかなあと思いました。

 泉水山には『上泉水山』と『下泉水山』の2つのピークがあります。
しかし、『下泉水山』は、かなり標高の低いピークで、
わざわざ名前をつけるほどの山なのかなあと思いますが、
ここからの景色にはビックリ!
 久住の主峰をすべて見晴らせるんです~♪♪
fullkuju.jpg

 のんびりのんびり歩いて晴れの山歩きを楽しむことができました。
でも、まだハードな山歩きはできないぞ・・・。
この週末はダイジョウブかなあ・・・。


スポンサーサイト
天敵!!
 3連休は天気が悪く、家にいることになりました。
録りためた映画が山ほどあったので、一日中、映画三昧。
インドアなボクの生活は、こんなぐうたら生活です。

 暇な時間も多いので、過去の記録を見ていると
3月は天気がよくないせいもありますが、
仕事も忙しく、家にいることが多いことがわかりました。
 それより、なにより、この時期、ボクはいつも体調を崩しているんです!!



 きちんと反省をしないボクは気がつくのが遅くなってしまいますが、
その原因はアレルギーです。
 スギ花粉とばかり思っていましたが、2月に自覚症状はほとんどなく、
3月から調子が悪くなるので、どうやらヒノキの花粉症が強いようです。

 花粉症は薬で対応しているのですが、
それでも寝込んでしまうほど体調が悪くなる日があります。
実は、この1週間は、かなりしんどかったんですよね~。


 そう、間違いなく、黄砂のせいでしょう!!




 先週の土日、2日間は晴天の中、山にいましたので、かなり浴びてきてしまいました。
黄砂が強かった次の日は、ボクは寝込むほど体調が悪いんです。

 何年もそういう状態が続いていたはずですが、やっと気がつきました。
予防策を考えなくては!!

 とりあえず見つけた黄砂情報。やっぱりあるんですねえ。

kousa.jpg
反省・・・
 何かをしたい衝動に負け、ブログを書いてしまっていたけれど、
やはりこれは情報発信の1つという認識が薄かったかもしれません。



 ボクの好きなジャズシンガーのakikoさんのHPで、たいへん、反響の多い記事を見つけました。

被災者の役に立ちたいと考えている優しい若者たちへ~僕の浅はかな経験談~
(たいへんつながりにくいんですが・・・)

 阪神大震災の教訓を、自身のボランティアの体験談として、
焦るボクへの大切なメッセージとして受け止めました。


 ただ、今回の東日本の震災は、
阪神・淡路大震災と大きく性質が違うところがあるそうです。
ボクはそのことを知らないままに、思いのままに、
垂れ流しの文章をアップしてしまったことを反省しています。


今、被災地で最も必要なものは、
この今の時間に足りていない「モノ」であることは間違いないでしょう。
しかし、今回の災害では「モノ」を輸送する経路・手段が断たれてしまっている現状で、
現在、中心として動いている機関だけでは、全く追いつかないということです。
そんな中、物資の輸送を行っているNPO法人があるということです。

被災地に救援物資を! いま私たちに求められていること



どの情報が正しくて、どの情報を選択すればいいのかわかりません。
やはり、自分は冷静さを失っている気がするので、
以後、落ち着くまでは、震災関係の情報をアップしないようにしたいと思います。



雪友quickturn.さんの記事に紹介されていた『心に残るつぶやき』を読んで、
もう一度、自分の気持ちに正直に行動することにしよう。



ボクらのアウトドア用品が救えることがある
 西日本でも再び冷え込みが厳しくなりそうです。
東北地方太平洋沖地震の被災地はどれほどの寒さか・・・。

自分にできるコトを何かしたい衝動に駆られますが、
個人の勝手な支援・行動は、
被災地の方々にたいへんな混乱と迷惑を与えてしまいますので

冷静に対応していきましょう!

 野外を楽しむボクらには、サバイバルに通じるノウハウがあります。
ボクらの持つ道具は、こんな寒さの中で役に立つものがたくさんあります。
特に、シュラフやマットは寒さを凌ぐ最良のアイテムです。
 余ったものがある方が多いと思いますが、そんな方々の支援の窓口に、
日本の代表的なアウトドアメーカーさんが乗り出しました!!
(しかし、これらのメーカーも、まだ具体的に動き出せていないようです。)

スノーピークのHP

モンベルのHP


 混乱を防ぐために、
個人の支援をお断りする表明をしている被災地の自治体がたくさんあります。

 募金・物資・人材の提供についても、
ボクたちの善意が、きちんと形になるよう、信頼できる団体に任せましょう!



3月17日現在で、

スノーピークは『災害援助物資受け入れ一時中断』
モンベルは『現地連絡本部は一時閉鎖しております』

現物の援助は、それを整理して配送するための人的支援が思った以上に必要で、
現実的に機能するには、もっとあとになるだろうと思われます。
現在、最も有効な支援方法は、募金でしょう。

義捐金詐欺に気をつけて、信頼できる団体に預けましょう!!

日常とは・・・
東北地方太平洋沖地震の発生からかなりの時間が経ち、
少しずつ被害の全容が明らかになってくるにつれて、
この国が受けたダメージの大きさを目の当たりにしています。

被災地の方々へ、心よりお見舞いを申し上げます。



たくさんの方々がつらい思いをされているのに、
ボクのこの週末は、いつもと変わりがありませんでした。

今も、この時間、
たいへんな思いをされながら過ごしておられる方がたくさんおられるのに、
ボクの日常には変わりがありません。

しかし、他人事のようにとらえているわけではありません。
来るべきダメージを受け入れる覚悟をできるように、
こんなボクの力でも必要とされるときが来るまで、
少しでも多くの事実を共有しながら、力を蓄えておきたいと思っています。

阪神・淡路大震災の教訓から、今回の事態にとても冷静に対応している日本の国を、
この国の人々を、あらためて誇らしく思います。


今は、ただ、
自分が生きていることに感謝しつつ、
いつもどおりの日常を過ごしたいと思います。


P1010431.jpg




総距離1000kmの・・・。
 真っ青な空が見える土曜日。
いつものように、山で朝を迎える・・・・・・夢を見て、
アスファルトのビルが立ち並ぶ福岡市へ・・・。


土曜日は、研修会に参加しなくてはならず・・・Σ( ̄□ ̄lll)


 しかも、研修が始まろうかという頃、shindy(♂)くんから、写メ。

快晴の空に真っ白な雪~~~。


あああ、滑りに行きたい・・・そんな気持ちを抑えて勉強をすませると、
夕方、シゲさん宅へ。
そして、二人で大山へ!!


 早朝、駐車場でshindy(♂)くん、quickturn.さんと合流して、山へ入りました。
 
P1010047.jpg
 久しぶりの大山ですが、予報では天気は下り坂。
例年にない豪雪で、山の中もまだ不安定だという情報も入り、
山の散策で終わるかも・・・と思いつつ出発しました。
P1010050.jpg
 
 地図とGPSを使って、目的地をめざすものの、
 広がるブナの林に入っていくにつれ、濃くなる霧。
 滑ると楽しそうな斜面があってもガスのために視界が悪く、
これ以上進むことは危険と判断して、今回は早々と撤退してまいりました。

P1010052.jpg
 
 撤退するけど、帰り道の広い林の中はツリーランに最適!!
そう思って、滑り始めますが、これがこれがハードパックされたモナカ雪で、
まったくターンができません。
 硬い雪に板が刺さって転倒しまくりながらの帰還です。

 山で滑り始めた、あのボロボロのころの記憶が蘇る、
へっぽこな滑りとなってしまいました・・・il||li▄█▀█●il||li


 いやいや、これまで条件がよ過ぎただけで、
ボクの滑りは大して変わっていなかったのですなぁ。
 今回の山は、すごくいい勉強になりました。


 土日かけて1000kmを移動し、ボクは仕事も遊びもしっかり勉強をしてまいりました!

さあて、リベンジしなくては!!

と思うのですが、忙しい・・・・・・。




仕事が・・・(ToT)
雪友Shindy(♂)くんから電話が・・・。

「PC開いてますか?ゆきみちナビのライブカメラ見られます?」

ライブカメラの映像に映る真っ白な道・・・。
数分後、そこに映った怪しげな人影が2つ・・・。
Shindy(♂)くんとquickturn.さんが、
こちらを見てあざ笑うかのように映っているではありませんか!!


シ「今日のゲレンデはパフパフのパウダーでした。」

モ「そうですか、それはよかったですね。
  ボクは明日も仕事です。」

シ「では、明日の山はどこへ行ってもパウダーみたいなので楽しんできます。」

モ「キミたちは、今晩中に凍え死んでしまいなさい!」


一方的なテレビ電話でした。


あああああああああああああああああああ、
ボクも明日滑りたい~~~!!






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。