FC2ブログ
Seakayaking , Backcountry Skiing , Mountain Trip ...... It's My SLOW LIFE
福岡県・鷹ノ巣山~英彦山 【22th moutain day】
今日は英彦山系の山に出かけてきました。
   いつか登ろうと思っていた『鷹ノ巣山』
    (ここだけを登りに行くのもなぁ~。)
   いつか行こうと思っていた『裏英彦の紅葉』
    (ルートもよくわかんないしなぁ)

こう思っていた2つの山をつないでくれたのは、ブロ友tamaさんでございました。
先週登られ、紅葉がいい感じになってきたとのこと。
英彦山の紅葉もあわせて見てきたら?
とコメントをいただきましたので、さっそく裏英彦山のルートを調べてみると、
周回できるじゃな~い
1つずつじゃ魅力がなくても、セットにすれば

【鷹ノ巣山(979.3m)】
IMGP2710.jpg tamaさんのお言葉どおり、ボクの好きな岩峰でした~♪
 スリリングな岩登りも楽しいですね~。

 3つの山頂もいいのですが、
 名もない岩の上はゆっくり景色を眺めることができるので、
 日帰りでのんびりしようと思ったら最適!!

 んんん、もっと早く行っておくべきだったかも!


3takanosu02.jpg
三の岳の周りは、きれいに色づいていました~!
from3notake.jpg
一の岳越しに英彦山の北岳が見えます。
IMGP2709.jpg  岩峰の紅葉のコントラストは
 ボクの好みです♪



 しかし、今日は動き出しが遅かったこともあって、そんなにのんびりできません。
鷹ノ巣山でのコーヒータイムは次回に持ち越し。
 帰り道はトラバースの巻き道をトレラン♪です。
 

【裏英彦山】
 鷹ノ巣山の取りつき点近くの薬師峠から籠水峠を経て、英彦山縦走の予定ですが、
薬師峠に戻ってきたのが11時半・・・。
英彦山に入るには遅い・・・。
しかも裏だし・・・。
でも、体力も装備も十分だったので、けっきょくGOGO=3=3

薬師峠からの取り付きはわかりやすく道もしっかりしていましたが、
北岳の裏側辺りからはさすがにマイナールートらしく、道が分かりにくくなります。
紅葉の時期は落葉で道が隠されることもあるし、
ガレ場の多いこのルートは踏み跡がわからず山道を探しにくいので、
初心者1人では絶対に入ってはいけませんね。

何度かルートを外しましたが用心していたせいで、迷い込むことはありませんでした。
最も迷ったのはケルンの谷と言われる岩の沢です。
広いガレ場(ゴーロというそうです)ですので、
通りやすい場所はいくつか複数の道ができていると思います。
(本来のルートは等高線沿いのトラバースのようですが、
 ボクはいったん降下してショートカットしたように垂水の壺へ向かっています。
 迷ったときには上に向かって道を探してください。)

また、垂水の壺辺りなど休憩できそうな場所では用を足したり休憩場所を確保したりのために、
正規のルートではない踏み跡が見られ、迷い込みやすくなっています。
この時期は人もある程度入っているので、はっきりした踏み跡のものを選んでください。

このルートを正しく歩いているときには、必ずテープが見えています。
迷ったときには、ていねいにテープを探すことが大切です。
籠水峠までは、必ず赤いテープがいつも行く先に見えていました。


さて、肝心の期待していた紅葉ですが、裏英彦はまだまだ先のようです。
IMGP2714.jpgIMGP2717.jpg

南岳・中岳の周りは、きれいに紅葉した木々もところどころに見られましたが、
山を彩るのはもう少しあとですね。
来週末・・・もしかしたらもう少しあとかな。
IMGP2724.jpgIMGP2732.jpg

南岳の西側は、紅葉の斜面を楽しむことができました、
minaminonishi.jpg

あまり紅葉が楽しめなかったので、南岳は迂回して中岳へ。
時間を気にして駆け足で登ってきたので、休憩もせず、この時点でヘトヘトです。

しかし、ここまできたら、あとは帰りの時間も計算できます。
時間が読めるので、楽しみにしていたコーヒータイムは休憩所で♪

するとすると、ボクが楽しむとなりで、
同じようにコーヒーを入れて楽しむ男性が・・・。
小さな声で、「幸せだぁ・・・」とつぶやいているのが聞こえます。
うんうん、気持ちは同じです。
が、声をかけるのもはばかられる状況でしたので、一足先に退散です。

向かった北岳の途中では、英彦山には不似合いな大型ザックの男性が先行されていました。
英彦山でテン泊でもされたのかなあと思って声をかけると、
食べ物が入っています(いました?)!?
中岳で宴会登山ですか!?
それとも、1人で豪勢なオードブルでも!?
どちらにしても、山を楽しまれるスタンスはボク好みです♪
うらやましい一日を過ごされたんでしょう!


いや~、英彦山では、いろんな意味で
いろんなものを背負った方が登ってこられるんですねえ。


鷹ノ巣~英彦山map
*訂正*
 昨日アップした地図の地名表記を間違えていました。

9時半に登頂を始めて、鷹ノ巣山は2時間の行程。
英彦山山中は4時間、下山は15時半。
いや~、くたくたになりました・・・。


今シーズンは、おなかいっぱいになるくらい紅葉を楽しめました。
これからは雪が降るまでどうやって遊ぼうかなあ。



スポンサーサイト