FC2ブログ
Seakayaking , Backcountry Skiing , Mountain Trip ...... It's My SLOW LIFE
立山trip!! part2 雷鳥沢&剣沢 【9th-10th snow day】
夜を徹して帰宅したため,
目は覚めてるんだけど体が重いmoujiです。

明日から仕事なので,一日ゆっくり休みたいところですが,
道具の後片付けだけはしておかないと・・・。
気持ちの切り替えも必要ですし・・・。


【Day2】
 
 立山2日目は,予報でも最高のお天気になる予定です。
たっぷり寝たので体調も万全です!!
 今日は,立山BCの有名なコース,雷鳥沢と剣沢に行きます。
シゲさんは,ここは人がたくさん入って,ガタガタだろうね・・・
と言っていましたが,なんとなんと,若干のノートラックも残る,最高のバーンでした。
なんと言っても,快晴の空の下ですばらしい雪景色!!
ご褒美ですね~!
06tateyama_allpeaks.jpg
IMGP0506.jpg 2日目の朝,出迎えてくれたのは,
立山のシンボル雷鳥です。
みくりが池の山道のすぐ脇でのんびりしていて,
人が近寄っても逃げることもありません。


IMGP0516.jpg この日のコースは登りが3時間ほど,
滑って登り返しが2時間ほどの行程。
シール歩行のスキーはいいのですが,
アイゼンで歩くボーダーさんはきついですね~。
 でも,この剣御前の稜線まで登ってきたものだけが味わえる感動の景色に疲れは半減です。 


IMGP0514.jpg 山荘のお風呂から見える奥大日岳も,
きれいな山の形ですね~。
快晴の空と雪の白さのコントラストが最高です。


剣御前の稜線。険しい姿が美しい!!
08maetsurugi.jpg

別山から雄山までの稜線です。

立山の奥には『槍ヶ岳』があって
昨日は雄山からくっきり見えていました。
09bessan_oyama_form_maetsurugi.jpg


そして,剣御前小屋を過ぎて覗き込んだ反対には,
広い広い剣沢と,目の前にそびえる『剣岳』です!!
初めて見る山の神々しい姿に感動です!!
IMGP0543.jpg

P1020658.jpgさて,いよいよ2日目のメイン。まずは剣沢です。
緩やかな剣沢へ,どうアプローチするかを検討して,
剣御前を少し登って,適度な斜面を探すことにしました。
あれやこれやと言っている姿は,
映画のワンシーンみたい!?

(Photo by まえさん)


IMGP0555.jpg 荒れているだろうと思っていた斜面も,
意外といい感じで雪が残っていて,
気持ちよく滑れます。
恐る恐るドロップしたのですが,予想以上の雪質に,
あ~!もうちょっと勢いよく飛び込めばよかった・・・。
自分が滑ったラインを見て,ちょっと後悔です。


IMGP0551.jpg剣沢も,西日本ならパウダー?と思えるようなやわらかい,
いい雪が残っていて,
みんなテンションが上がりまくりでした。


IMGP0566.jpg ここから2時間弱,剣御前小屋まで登り返して,
本日2本目のメイン・雷鳥沢へ滑り込みます。
 さすがに昼を過ぎて気温も上がり,
たくさんの人が滑ったあとはそこそこのバーンでしたが,
これだけの広さと斜度の沢は,
多くの人を魅了するのがよくわかります。


(画像提供:まえさん)

 最高のお天気と,春雪としては信じられないくらいのいい雪質に,みんな大満足です。
もちろん,宿に帰ってのビールが進んだのは言うまでもありません。

 前日は睡眠不足のために,暗くなるのも待たずに寝てしまったのですが,
2日目は,奥大日岳に沈む美しい夕陽も楽しむことができました。

 夜は,道具に詳しいまえさんや,同部屋になったベテランBCスキーヤーさんに,
道具のことをいろいろ教えてもらったり,各地のエリアの様子などを教えてもらったりして,
遠征ならではの一夜も過ごすことができました。

もう,このまま帰ってもいいや・・・くらいの満足度であったのは,みんな同じでした。
IMGP0580.jpg


【Day3】

 というわけで,天気も崩れてくるだろうと言われていた3日目。
朝から,ガスがかかっています。
気温も昨日までにかなり上がって,
山の雪は初日と比べて目に見えてわかるくらい減っていました。

 最終日は,室堂ターミナル近くのピークに上がって1本だけ。
雪の質もかなり悪くなり,滑りを楽しめる感じではありませんでした。
斜面の切れ目が目立つようになっていたので,これからの滑走は注意が必要ですね。



 さてさて,半日以上かけて戻ってきたので,まだまだ疲労感たっぷりです。
あっという間の遠征でしたが,これを糧に,どれくらいがんばれるかな~。

 

スポンサーサイト
立山trip!! part1 oyama 【8th snow day】
こんにちは。
遠征から帰ったばかりで,雪山の余韻に浸っているmoujiです。
この春も,雪山のお仲間と立山に行ってまいりました。
ご一緒させてもらったのは,シゲさん・まえさん・婚約おめでとう寿Kくんです。
何年も通っているというベテランの方からに,
こんないい条件は今までなかった!!
と言わせるくらいのすばらしいお天気と春雪を堪能してまいりました!!

そして,ボクにとってはリベンジの立山!!
昨年は初めての立山で,
体力不足・経験不足で,とても楽しめる滑りができなかったので,
今年はこの日のために,体も心も鍛えてきました。



【Day1】
 1日の朝,北九州を発って立山に向かいます。
12時間以上の行程ですが,この時期の雪に会うためにはしかたありません。
深夜,立山駅に到着しますが,近いところのパーキングはすでに満車です。
窮屈な車の中で仮眠を取りますが,体を伸ばせないとボクは寝られません・・・(T_T)
今年も,ほぼ寝ないままで山に入ります。
IMGP0416.jpg
朝一番,切符を買って,
IMGP0417.jpg
ケーブルカーに乗って,

IMGP0418.jpg
美女平でバスに乗り換えて
IMGP0422.jpg
雪の大谷を越えたら室堂ターミナルです。



01ushirotateyamarenpou.jpg
 初日は到着したばかりだし,睡眠不足だし,軽く滑って宿に入る・・・予定でした。
山が好きなシゲさん・ボクは,せっかくの立山なので,頂上の雄山に登りたいと思っていたら,
みんな快く?OKしてくれて,一の越から山頂を目指しました。


P1020544.jpg
(Photo by まえさん)
・・・・・・が  
目の前にすぐに見えるピークを
軽く見ていました・・・。

 カリカリに凍った山道に,
見下ろせば足がすくみそうな急勾配。
アイゼンの歯が滑れば滑落です・・・。

P1020552.jpg
(Photo by まえさん)
 ピッケルを持ってきていないことも後悔・・・。
スキー板に吹き付ける風に
バランスを失いそうになりながら,
なんとか山頂までがんばります。
ここでかなりの筋力を使ってしまいました。


なんとか頂上の雄山神社に到着。
クタクタですが,やはりピークは最高です!!
しかも,山頂は標高3003mで,ボクは初の3000m越えです(^o^)
02yateyama_oyama_peak.jpg
後立山連峰が美しい!!
03ushirotateyama_from_oyama.jpg


IMGP0489.jpg いつもの山なら,ここでコーヒーを飲んで,
景色を楽しんで,ゆっくり下山なのですが,
メインは滑る方です。

少し下った谷から,山頂下の山崎カールまで。
 
P1020601.jpg
(Photo by まえさん)
 軽く一本と思っていたのに,
リーダーのまえさんが
一気に高度400mも下げる大滑走!!
付いていけずにクタクタです・・・。


しかし,今年のボクは違います。
アイスバーンでバランスを崩してしまうところはありましたが,
最後まできちんと滑走です・・・


この1本で,もちろん,みんなヘトヘト。
宿に帰ってからの乾杯が最高でした!!

そして,ボクは当然,瞬殺で眠りに付きました。

すばらしい連休の始まりです。