Seakayaking , Backcountry Skiing , Mountain Trip ...... It's My SLOW LIFE
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
久住の紅葉~その2~ 黒岳縦走 【14th moutain】
 土曜日,三俣山の紅葉を楽しんだら,Morryさんと食事&温泉を楽しんでお別れです。ボクはその夜は長者原で車中泊。今週は,日曜日も登っちゃおうと思いまして・・・。仕事疲れもあり,この晩はぐっすり朝まで寝入りました。
 朝6時ごろ目を覚ますと長者原の駐車場はほぼ埋まっています。人の多い時期は,もうこんな時間で駐車場はいっぱいになるんです。

 本日,ボクが登ろうと思っているのは『黒岳』でしたので,目を覚ましたら黒岳登山口の黒嶽荘に移動です。こちらの駐車場に止めさせていただいて,今回は,前岳・高塚山を縦走し,黒岳をトラバースするルートで帰ってくることにしました。地図で見ても,山の稜線を見ても,この山はきつそうです。

 久住の紅葉といえば『黒岳』と思って期待していたのですが,この日はガスが厚くかかっています。雨が降らないだけいいか・・・と出発。しかし,ガスの中ではテンションは上がりませんねえ。きっと景色がいいんだろうなあ・・・と想像しながら黙々と進んでいると。最初のピーク『前岳』を過ぎたところで雨です。というか,ちょっと前からガスの水滴が大きくなってきたような気はしてたんです・・・・・・。

PA250071.jpgPA250074.jpg

PA250078.jpgPA250086.jpg


 レインウェアを着るのが面倒でためらっていたので,かなり体を濡らしてしまい,動いていないと寒くてしかたありません。高塚山でのんびりコーヒーを飲みたいなあと思っていたのですが,だれもいない前岳と違って,さすがにこちらにはたくさんのパーティがいてのんびりする場所はありません。
 とりあえず1杯のコーヒーで体を温めパンをかじったら,一気に下山して帰ることにしました。

PA250094.jpgPA250097.jpg

PA250101.jpgPA250109.jpg


PA250105.jpg 高塚山を下りたら人気のない今水方面に進みます。今回通ろうと思っている『上峠』方面へのトラバース道は,昨年確認したところ,標識に「マヨウ」「×」と書かれてあり,ちょっと難しい道かと覚悟していたのですが,新しいルートを作られたようで,きれいな標識で別の道に誘導されました。おかげで全く迷うことなく駐車場まで戻れました。


 延々とトラバースする道はあまり魅力的ではありませんが,ブナ林や紅葉がその退屈さを救ってくれました。

 2日間,くじゅうの紅葉を満喫です♪♪



スポンサーサイト
紅葉の久住~その1~ 三俣山山頂周回トレッキング 【13th mountain】
 まだまだ暖かいだろうなあと思っていたら,急に冷え込みが始まり,久住の山々はあっという間に紅葉してしまったようです。人が多い時期に山には行きたくないなあと思っていたので,今まで紅葉登山なんてしたことなかったんだけど,遠征の予定もなく,海も荒れ気味なので,今年は久住の紅葉を見にいくことにしました!!

 山友Morryさんに声をかけると24日なら!ということで,今回は三俣山に行くことにしました。Morryさんとは近々,三俣山の4峰周回トレッキングをする予定だったので,前倒しになったのですが,すばらしい景色のおまけつきの一日となりました。

01to southpeak

 すがもりから取り付いたら南峰へ。火口跡をなぞるように道が分かりやすいところですが,Morryさんが一言,
「ススキが黄色く道を作ってますね~。」
気がつきませんでしたがその通り!
人間についた種が落ちてできたのか,
踏み固められた跡にはススキしか生えることができなかったのか,
答えは分かりませんが,人間の痕跡だと言うことは間違いありませんね。

03bougatsuru.jpg

 南峰から見張らせる山々は真っ赤です!
写真ではその鮮やかさが再現できないのが残念!!

05oonabe.jpg


 三俣山が赤く染まるのは北峰です。
南峰を越えると現われる『大鍋』『小鍋』 ここの紅葉が見事です!!

PA240046.jpg 鍋の縁をなぞるように,鍋底から頂上に向かって,このエリアだけは赤い世界です。人々がこぞって観に来ようとするのがわかりますねえ。ボクは今までこういう景色を見逃していたんだと思うとちょっと悔しいですね。

11oonabefromnorth.jpg


 本峰からも紅葉する北峰が見渡せて気持ちいいです。
これで太陽の光が力を貸してくれてたら,絶景だったことでしょう。

 この紅葉,次の週末までは持たないだろうということです。
一時の芸術を楽しむことができました♪♪

ふゆいろ
 海に漕ぎ出そうと勇んでやってきたのに,日本海は荒れてます。予報では風は昼から吹くはずだったのに,朝からウサギが飛び跳ね,島にぶつかるうねりが高く高くしぶきをあげています。今日の日本海は冬の一日のようでした。
 海には出られなかったので,GI Paddlersさんのところでコーヒーをご馳走になって,春辺りから取り扱おうとしているブランドのサンプル品などを見せていただきました。ボクの好きな北欧のデザインです。取り扱いをしているショップがほとんどないから,目を引きますね~♪楽しみ!!
PA180001.jpg

 今日は一日中,気温は20℃前後。そろそろ海が寒いかなあ・・・。



行ってきました。 blast!
 福岡でblast!の公演が行われたので,観に行ってきました。
 一つひとつのパフォーマンスが,色のセクションに分けられていて,ドラム・ホーン・ヴィジュアルアンサンブルが行われます。やはりドラムの見事なパフォーマンスは大盛り上がり!ボクのお気に入りは,ブラックとオレンジのセクション。楽しかったですね~!!
PA170001.jpg
 公演は前半と後半に2部になっているのですが,前半が終わったとたん,会場の人が一気に外に走り出て行くのに驚きました。そんなにトイレをガマンしてた人がいたのか・・・と思ったら,前後半の合間の休憩時間に,メンバーがフロアでパフォーマンスを見せてくれるんです。だから,みんないい場所を取ろうと外に出てたんですねえ。このパフォーマンスは公演後にもあり,曲が終わるかどうかというところで,人の波ができていました。皆さん,さすが,よくご存知ですね。
CA3B0017.jpg

2009九十九島のシーカヤックマラソン 【21th sea】
 10月の3連休は,長崎県の佐世保市で行われる『第5回九十九島杯シーカヤックマラソン』に参加してきました。昨年初めて参加させていただいて,とにかく前夜祭が楽しかったことが忘れられず,今年もやってまいりました。
 今年は九十九島で行われるイベントとタイアップさせて?か,パールシーリゾートや島々がたいへん賑やかでした。3連休の初日は,アウトドアの雑誌や書籍で有名な『シェルパ斉藤さん』と『サラリーマン転覆隊本田隊長』が来られていて,トークショーが行われました。早めに到着したので,ボクもお話を聞きに行きました。
talkshow.jpg 20年以上も前からアウトドアの世界で生きてこられたお二人ですが,シェルパ斉藤さんは,「ボクは物書きが本職ですから,(アウトドアは)永遠の素人です。人と比べられるものじゃない。だから,いつまでも楽しめる。」と言われた言葉がヒットです。そうですよねぇ。ボクも週末だけの楽しみっ!と思って熱中しているから,いつまでも楽しんだり,追い求めたりするんですよ。さすが達人の言葉ですね。

 そして,この夜は前夜祭。今回,GI Paddlersのyumetarooさんに,Team Mermaids+Nのキタさんと鉄人天気予報官H氏,それから,無理やりのようにお誘いした海友SP3さんたちと楽しい夜です♪

 さてさて,明けて11日。今年のシーカヤックマラソンは,風のない絶好の大会日和です。(レーサーの方々にとっては・・・)
PA110007.jpg 今年は140人ほどの参加があったということで,年々,大きな大会へと成長しているのは,実行委員会の方々の努力と行政の協力があるからですねえ。
 しかし・・・,140人の参加というと,スタートだけでもたいへんです!!昨年はルマン式のスタートだったのですが,今年は全カテゴリーすべて一斉に水上スタートに変更になっていました。

 昨年からレースと名がつくものに参加させていただくようになりましたが,「ヨーイドン!」とスタートの合図が切られると,どうしても一生懸命になってしまうということに気がつきました。ツアラーを名乗るmoujiとしてはお恥ずかしいのですが,男の子の本能なのでしょう。みんな同じようなことを言っております。
PA110003.jpg というわけで,レース中に写真を撮るなんてことはできませんので,今年は新兵器を用意しました。『ゴリラポッド』です!! 

 山では山友Morryさんが,海では海友quickturn.さんが早くから目をつけて使っていたので,ほしいなぁ~と思っていたのでした。マラソンに合わせて手に入れることができたので,今回,レース中の様子を動画で撮ってみることにいたしました♪ パドルを止めてスイッチを入れなくちゃいけないんですけど,これだけは楽しみにしておりました。 メモリが少ないので,ちょっとだけですけど,見ている本人は楽しいです~!! 

動画が入っていますので動作が重いですが,よろしければ続きをどうぞ♪
[2009九十九島のシーカヤックマラソン 【21th sea】]の続きを読む
それでいいのか,警察署!?
 カヤック積載のため,地元の警察署に制限外積載の許可書を取りに行きました。福岡県警のHPからダウンロードした様式に記入済みです。到着したのは17時44分。受付が45分までだということなので慌てました~^^;;; しかし,交通課に行って許可書を取りたい旨を伝えると,詳しそうな姉さまお巡りさんに伝わり,再び,同じことを伝え書類を見せると・・・。ここがダメ,あそこがダメ。こう書かなくちゃ。ここが間違ってる・・・。
 いろいろ言われて,「じゃあ,ここで直します。」って言うと,


「受付は45分までですから。
 書き方を教えてあげられますけど,受け付けられませんよ。」


・・・・・・・・・・・・・・・・。

時計を見たら,48分・・・・・・。


え!?
そんなくどい説明がなかったら,受け付けてもらってもよかったんでは?
もしかして,そのくどい説明は
わざとですか!?

実は,前回訪れたときも時間外で,
めんどくさそうに,ボクの説明を聞いたら,
前に出したら制限外にならんからそうしたら?
みたいな感じであしらわれました・・・・・・。


このあと,早く帰宅できるとは限らないので,なんとか今日のうちに取りたいと思ったので,
「交番にも受付時間ってあるんですか?」
と聞くと,なんとなくバツが悪そうに
「・・・ありません。」

「ぢゃ!!」と近所の交番に駆けつけました。


残念ながら交番はお留守です。
またなんとか早く帰れる日を作ろうか・・・と思っていたら,
パトロールから帰ってこられたお巡りさん。

「許可書を取りたいんですけど・・・」
と言うと,ボクの車を見て,
「制限外の・・・ですね?」
「はい,いいですか?」
「どうぞ,中へ。」
ですって

持ってきた書類を見ながら,
「不慣れなもので時間がかかるかもしれませんが・・・」
「勉強になるので許してくださいね。」
そうして数十分,手引書を見ながら書類を確かめてくれたり,
わからないことは電話で問い合わせてくれたり,
一生懸命,こちらが申し訳なくなるような丁寧なご対応をしていただきました。

けっきょく,交番ではこちらが持っていった様式では印を押すことができないので,
すべて所定の用紙に書き直しになりましたが,警察署との対応の違いに,
感謝の気持ちでいっぱいです。さすが町のお巡りさんです!!



それにしても,
高飛車でお役所的な警察署には幻滅です。
そんなんでいいんですか!?

山口県・大津島シーカヤックツーリング【20th sea】
 今日は海友キタさんを誘って,山口県の真ん中辺りにある『大津島』を漕ぐことにしました。久しぶりの瀬戸内海です。というか,瀬戸内海は年に数回しか漕がないので,今日の島も初めての場所。ワクワクします~♪
oozu01.jpg
 エントリーは周南市の長田海浜公園から。目の前には『黒髪島』と『大津島』が見え,その間は大型船が3隻往来していました。大津島へ渡る海峡も徳山港の工場に入ると思われる大型船が横切っていきました。さすが,瀬戸内海です。今日は航路横断もあるので,ちょっと気を引き締めて漕ぎました。
PA030013.jpgPA030020.jpg

 今日は風のない予報だったので,島を1周してみることにしました。西側から左回りにぐるり。
 島の真ん中辺りに『五ツ島』という小島が連なっています。下関の加茂島によく似た感じです。南に漕ぎ進めると,『宮市子』という瀬があり,たくさんの海鳥が休憩していました。かなり近寄っても飛び立ちません。
PA030017.jpg その瀬の奥に小さく見える島は防府市の『野島』 意外と近いことに驚きました。来年には渡ってみたいなあ。

PA030026.jpg 潮に乗って進んだのか,あっという間に島の南端にたどり着きました。『洲島』という岩山のような島が,大津島にくっついています。その先は2kmほど先に周南市の『粭島』です。ここから渡ったらあっという間に南端なのですが,ここは徳山港の大型船の航路です。今日は往来する船舶は見られませんでしたけど。

 そういえば,粭島はボクのフネを初めて下ろした場所でした~!帰宅するまで忘れてました。
PA030023.jpgPA030030.jpg

 『大津島』といえば,回天という人間魚雷の訓練基地として有名な島だそうです。極秘の作戦として進められていたものだそうですが,全国的に有名なのでしょうか。ボクは初めて山口県に来たときに,職場の先輩に回天のことを知らないと言って,叱られた覚えがあります。ミリタリーオタクのような人で,嫌な感じの人でした~!そんなことも思い出しました。
 でも,そうでなくても,戦争に関わるものって,なんだか痛いです。初めてなので,回天記念館にもお邪魔しましたが,若い命が終わってしまう形として,とても胸が痛みます。でも,どこか美化されていることも痛く感じます。
PA030034.jpgPA030035.jpg

 島の東側に入って回天記念館を見学したり,昼食を取ったりしていると,なんと西側の海がかなり時化てきてます!!風は弱い予報だったのに驚きです。西側を通るボクたちを待ってくれていたかのような豹変振りですが,出艇場所に戻るための海峡渡りは厳しかったですね。

 いつも日本海ばかり漕いでると,瀬戸内海の漕ぎ方は,またちょっと特別な感じに思えました。潮流も,風も,いつも漕いでいるエリアとは全く違っているので,予想がつきにくかったり,変化に戸惑ったり・・・。そういったところが刺激的でおもしろいですね~。瀬戸内海でもたくさん漕ごうっと!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。