FC2ブログ
Seakayaking , Backcountry Skiing , Mountain Trip ...... It's My SLOW LIFE
Trekking 【08_No.28】極寒の中のさんぽ・星生山
 一足早く仕事納めを迎え今日は休みだったので,大分県のくじゅう連山に行ってまいりました。
 早朝,牧の戸峠に着きました。なんと-7℃!!放射冷却かぁ。今日はいい天気だろうなあ・・・。夜明けを待って登ろうと,いったん瀬の本までおりて朝日を待ちました。この色が,大好きな久住高原の朝の色なんだよねえ。
PC260001.jpgPC260004.jpg

 今日は久しぶりにソロで山に入ります。今年はたくさんの仲間と遊びに出ることが多く,楽しい一年を送ることができましたが,もともとソリストのボクには,こういう時間も必要なんです。冬の山は,自分の吐く息づかいだけが聞こえてきて,自分の感覚が研ぎ澄まされるような気がするんですよね。そういう感覚を楽しむのがいいんですよ。
PC260007.jpg 大曲から出発。この日はボクの前にお一人登っておられるようです。ここからすがもり小屋を目指しますが,かなり気温が低く,激しい風が吹き付けてきて,思うように進むことができません。晴れの気持ちのいいトレッキングを思い描いていたのに・・・。今日は三俣山の四峰周回を考えていたのですが,一面ガスです。無理をせず,ここはパスすることにしました。

PC260010.jpg このとき気温は-8℃。(午前中は気温が変わらないままでした。)いつもはアウターを必要としないボクですが,今日はシェルのありがたみを実感しながら歩きます。しかし,ここまでの寒さを考えていなかったので,薄手のグローブの指先は固まりそうです

 この先に進んだら危ないと思って・・・と北千里浜で,先行していた方が引き返してこられました。いつもここは風が強くガスることも多い場所ですが,さすがに今日はボクの中にも『撤退』がよぎります。
PC260011.jpgPC260012.jpg

PC260015.jpg がとりあえず避難小屋まで・・・。強い寒気で息をするのも苦しいくらいでしたから,小屋に飛び込むように逃げ込みました。すると,ここにも牧の戸から来られた方がお一人。さすがに今日はこのまま引き返すとのことでした。
 このガスと強風ではピークを目指すのは危険だということはわかりますので,ボクも予定を変更してガスでも道がわかりやすい牧の戸におりることにしました。

PC260024.jpg こんな日もあるかと西千里浜を歩いていると・・・,次第にガスの晴れ間が見えるようになってきました。しばらく立ち止まってみますが久住山は終始見えません。それでも,真横の星生山は形をくっきりさせ始めました。
星生山からウェルカムサインが

PC260026.jpg 霧氷の中をすり抜けて・・・
 星生山の尾根に取り付くと・・・

PC260028.jpgPC260030.jpg

 今日一番の景色と,氷に埋まった星生山の標識が出迎えてくれました
hossho04.jpg 
PC260033.jpgPC260035.jpg

 北の空は明るく,このままガスは晴れていくことはわかりましたが,さすがにこの寒さと風の中でのんびりすることはできません。ほんとは景色を楽しみたいところですが,このまま下山です。
PC260041.jpgPC260042.jpg

 帰り道は『星生新道』から。ボクの地図には載ってないルートですが,山友ericさんに教えてもらって調べておいたところです。秋には紅葉がきれいな斜面は,すべて凍りついてきれいな霧氷になっていました。

PC260045.jpgPC260044.jpg

 さてさて,無事に車まで戻ってきたと思ったら,キーレスが反応しない・・・。寒さで反応しません。なんとか乗り込んだら牧の戸のパーキングに移動して昼食にすることにしました。ここでも,ガスストーブのイグナイターが反応しません・・・。山の上でなくてよかった・・・。極寒の時の準備をもう一度考え直すいい機会になりました♪
 今日のメニューは激辛ラーメンにしゃぶもち!!ほんとは避難小屋でぬくぬく食べようと思ってたんだけどね~。
 いろいろあったけど,やっぱり今日もいい山でした♪
hossho_20081226170306.jpg
スポンサーサイト