FC2ブログ
Seakayaking , Backcountry Skiing , Mountain Trip ...... It's My SLOW LIFE
Trekking【08_No.25】山口県・莇ケ岳&十種ヶ峰
 晴れの予報の今日は,山口県の莇ケ岳と十種ヶ峰に出かけてまいりました。今回同行してくれたのは,ブログで知り合ったericさん。お近くにお住まいで莇ケ岳も経験済みなので,案内していただきました。
azami01.jpg
 登山口についた時には少し雪がちらついていましたが,登っていくうちに青空が出迎えてくれました。
PB300001.jpgPB300002.jpg

 かなり急な登りが続く山道でしたが,葉を落とした道はとても明るく気持ちよく登り進みます。早朝は雪が舞っていたのでしょう。山頂付近の笹には雪が残っていました。
 気持ちよく登る山・・・だったのですが,山頂近くになって気になることが・・・。GPSがない・・・・・・。電源を入れて,あれしてこれして・・・。実はGPSが衛星を捕捉しないので出発に手間取り,いつもと違う行動をしてしまったのです。どこかに落としたようだ・・・。もう気になってしかたありません。下まで降りようかと思ったのですが山頂はあと少し。さっさと登頂して急いで下りることにしました。
 ところが・・・,
PB300006.jpgPB300010.jpg 噂に聞いていた三の鎖。半分以上登ったのですが,残り10mほどの最後の岩は滑ってコワ~イ!足場が極端に少なく,山靴がしっかりホールドしてくれません。
 数mがんばってみたのですが次の一歩が出せず引き返し,巻き道に逃げ込んでしまいました。お恥ずかしい。必ずや,リベンジに来ます!!

PB300014.jpg 山頂にはほんの少し滞在しただけで,一足先に下山させてもらいます。

 でもでも,・・・。下山し終えて・・・,ザックからGPSが見つかりました。やっつけ登山をしてしまってericさんからもエアパンチを食らってしまいました。いやいや,お騒がせしました,申し訳ない。

PB300020.jpg 気を取り直してやってきた十種ヶ峰です。今回は,昨年と違うルートから登ってみることにしました。スキー場からは舗装路が山頂近くまでのびていて,あまり魅力的ではありません。上部ゲレンデから山頂を目指すことにしました。
 しかし,・・・。ここがかなりの藪漕ぎルート。再びericさんからはブーイング。うん,まあ,こういう山も楽しいもんです。

 広くて明るい山頂からは視界も良好で,瀬戸内海も日本海も見ることができました。山口県の山は,こういう景色が魅力的ですね。
十種ヶ峰
 里山二つ。ちょっと急ぎ足で登ってしまい,かなり消化不良です。また,登ることにしましょう。雪景色も楽しみにして。ericさん,どうもありがとうございました。
PB300031.jpgPB300032.jpg


 そうそう,そういえば,莇ケ岳の山頂付近を下山中,「フゴォー!」という鼻息とともに何かが走り去る音がしました。たぶん,クマです。山奥さんのご指摘のようにイノシシの方があっている感じです。5mくらいのところをニアミス!下山後,ここをよく登られる方々が,「(以前)そこでばったり出くわした。」と言ってましたので,ここではクマに出会う確率が高そうです。気をつけましょう。
スポンサーサイト



テーマ:アウトドア - ジャンル:趣味・実用