FC2ブログ
Seakayaking , Backcountry Skiing , Mountain Trip ...... It's My SLOW LIFE
Trekking【08_No.18】愛媛県・石鎚山系縦走 その2
 石鎚山からテン場までは,単調なピストンルートです。そんな道中,先輩からの提案「もう1泊しようか」
 テン場の快適さとと景色のよさに,みんなもう1泊したくなったのでした。問題は食料。1泊分しか用意していませんでしたが,そこは山男たち。行動食も含めて,なんとか1食分を確保し,予定外のもう1泊です。といっても,晩御飯は,白飯にコーンスープ・・・・・・。ビールだけは山頂小屋で買ってきましたけど♪
 そうやって迎えた次の朝も,すばらしい雲海と夜明けに迎えられました。
unkaifromdogamori.jpg
unkaifromdogamori2.jpg
 一番好きな山の時間を堪能したら,赤く色づく山々に別れを告げて下山します。今回も,ヒザは爆弾を抱えていて,いつでも爆発しそうな気配でしたが,なんとか下山までもってくれました。連休3日目は,快晴の空に,笹原の山肌が光ってとても美しい景色でした。
DSC03845.jpgDSC03872.jpg

 下山後は観光がてら,石鎚スカイラインを通って,登った山々,稜線をながめてきました。はっきり歩いた後がわかる稜線に,天狗と言われる山頂の美しい姿に,一同改めて感動です。今度は,こちら側からの登頂を目指したいと思ったのは,ボクだけではありませんでした。
 のんびりしすぎて,帰宅は夜遅くになりましたが,贅沢な山の時間を楽しんだ連休でした。んんん,四国の山も,いいですね~~~!!
DSC03875.jpg
スポンサーサイト



テーマ:アウトドア - ジャンル:趣味・実用

Trekking【08_No.18】愛媛県・石鎚山系縦走 その1
DSC03734.jpg 11日の昼過ぎ,登山口の梅が市に到着しました。今回は,ここから『堂が森』に上がり,テン泊して石鎚山までの行程です。
 ところが,ガイドブックや地図に出ている梅が市のパーキングは閉鎖されています。しかたないので林道脇に駐車です。

DSC03742.jpg 初日はガスのかかったあいにくの天気。3時間かかってたどり着いた堂が森のテン場でのんびりします。気のおけない仲間と楽しい一夜になりました。

 翌朝は晴天の予報。雲海とご来光を目指して,早朝から石鎚山を目指しました。 
DSC03773.jpgDSC03792.jpg

DSC03801.jpg 陽が登ると,昨日は気付かなかった山容が姿を現します。石鎚山系は紅葉を迎え,山肌は美しいオレンジのグラデーションでした!!

DSC03813.jpg いよいよ石鎚山下のルートと合流。ここは,石鎚山の有名な鎖場,三ノ鎖の登り口です。他にも試しの鎖・一ノ鎖・二ノ鎖とあるようですが,わざわざ下りて体験する必要もなく,三の鎖だけを通ることにしました。下から見上げた鎖場は,それほどたいしたことないなぁという印象でしたが,登り始めて・・・た・た・高すぎます・・・・・・。下をのぞくと,数十m下に人影が・・・。上を見上げると,途中で止まりそうなおじさんやおばさんの群れが数十mも続いています。

 下調べも適当でやってきましたが,この三の鎖,垂直の岩壁を60数mの高さを登るところでした!!ひぇぇぇぇ!!!!後にも戻れず腰を砕きながら,なんとか上までたどり着きました・・・・・・。ロッククライミングもする先輩は,「3回も鎖にさわってしまった!」と悔しがっています。え!?あの岩を,鎖も使わず登ったんですか??ボクには信じられません・・・・・・。
DSC03815.jpg 連休中日とあって,早い時間とはいえ,山頂はたくさんの人で賑わっています。最高峰『天狗岩』への行き来は大渋滞。ここもスリリングな痩せ尾根伝いですが,きれいな紅葉を楽しむことができました。

 昼に近づくにつれて,山頂は足の踏み場もないくらいの人出になりました。それでも,山頂では周りの景色を楽しみながらのんびりし,テン場にもどることとなりました。
unkaifromishiduchi.jpg


テーマ:アウトドア - ジャンル:趣味・実用