Seakayaking , Backcountry Skiing , Mountain Trip ...... It's My SLOW LIFE
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
そんなに嫌がらなくても・・・
 今日は,いきつけの整体院で体のメンテナンスをしてまいりました。リラックスした雰囲気でアットホームないいところです。
 マッサージをしてくれるお姉さんはウェイクボードやスノーボードを操るアウトドア派。
カヤックしない?って誘ってみたのですが,
「海は怖くない?」
「お金がかかるんじゃない?」
と今ひとつの感触でした。
他のスタッフさんたちも,
「やってみたいけど・・・」

どうしてあと一歩が踏み出せないの???
なかなか仲間ができません・・・
スポンサーサイト
雪山に向けて!
Ebis Filmsの『icon6』が発売されました~~~!!
今回の山もきれいですね~~~!
んんん!たまりませんね~~~!!
早く雪と戯れたい!!
今年は降ってくれるかな~~~♪
PA250001.jpg
seakayaking 【08_No.29】山口県・笠戸島
 今日は,GI Paddlersさんのところのツーリングチーム『Mermaids+N』の集まりで,山口県の笠戸島を漕いできました。ここは,1年半ほど前に,とても怖~~~い思いをした場所ですが,今日は穏やかな風と波に,ツーリングにはもってこいの空模様でした。
PA250006.jpg エントリーは『はなぐり海水浴場』です。出艇してすぐに,ぽっかりと空いた「鼻繰り」の穴を見つけることができます。

PA250023.jpg 今日のツーリング仲間です。色とりどりのカヤックが海に映えます。yumetarooさんは,本日はオープンデッキのカヤックにお子さんを乗せてのツーリングです。

PA250025.jpg 休憩は,島の南の端にある小さな浜です。ここへ,なんと地元のメンバー,しぇりいさんが陸から参戦され,あいかわらずのマシンガントークに,あいかわらずの皇帝光線を発しながら,幸せ話を振りまいて帰られました。

PA250032.jpg 出艇の時間が遅かったこともあって,今日は南の先っぽまで行ったら引き返しました。久しぶりに午後のツーリングだったので,陽光に輝く海面を見ることができました。和みます~♪

PA250058.jpg この笠戸島は,夕日がきれいに見えるところなんですって。夕焼けの時間までいることはできませんでしたが,きっと,すてきな景色を眺めることができるんでしょうね。
 今年は天気のいい週末が多くて,幸せなことに30日以上も海に出ることができました。そろそろボクの肌は,雪山を求め始めていますが,もうちょっと海時間も楽しみたいところです。
 

 Mermaids+Nの集まりも,yumetarooさん,neckyさんのおかげで,定期的に遊べるようになりました。新しいメンバーさんが増えてくれるといいですけど♪

テーマ:シーカヤック - ジャンル:趣味・実用

自戒を込めて
 この週末,友人が山で遭難しかけたそうで・・・。今回は,生きて帰れないかもと,本気で思ったそうです。ボクなんかよりも,何倍も山を知っている人ですが,自然の前で「絶対ダイジョウブ」はありませんね。やはり,謙虚に謙虚に,自然とは向き合わなければ。
PA210001.jpg
テント泊用のザック
 今週末は、完全休養と決め込み、外へは出かけず、のんびり過ごしていました。さすがに、ここ数ヶ月、落ち着いて家にいることがありませんでしたし、体調を崩しても治る前に出かけていましたので・・・。
 そんな休みには、撮りためていた映画を何本も観て、ゆっくりと写真の整理をしたり、次のアクティビティに備えて準備したり、それなりに忙しく過ぎてしまいましたね。
 そうやって過ごしていると、夕方、宅配屋さんが、一つの荷物を届けてくれました。実は、テント泊用のザックを注文していたのでした。恥ずかしながら、これまで使っていたザックは、自分の体にはサイズが合っていなかったのですが、さすがに大型ザックは高くて買いなおすことをためらっていたのです。でも、一番、過酷な旅をする相棒と相性が悪いのは、体に無理がきてしかたありません。
 幸い、ザックの嫁ぎ先があったので、今回は奮発して、新しいザックを手に入れました。BC用で使っていて、そのしっくりとくる背負い心地にほれ込んだ、オスプレーのザックです。値段に見合うくらい、がんばってもらいますよ~~~!!
PA190004.jpg
 
Trekking【08_No.18】愛媛県・石鎚山系縦走 その2
 石鎚山からテン場までは,単調なピストンルートです。そんな道中,先輩からの提案「もう1泊しようか」
 テン場の快適さとと景色のよさに,みんなもう1泊したくなったのでした。問題は食料。1泊分しか用意していませんでしたが,そこは山男たち。行動食も含めて,なんとか1食分を確保し,予定外のもう1泊です。といっても,晩御飯は,白飯にコーンスープ・・・・・・。ビールだけは山頂小屋で買ってきましたけど♪
 そうやって迎えた次の朝も,すばらしい雲海と夜明けに迎えられました。
unkaifromdogamori.jpg
unkaifromdogamori2.jpg
 一番好きな山の時間を堪能したら,赤く色づく山々に別れを告げて下山します。今回も,ヒザは爆弾を抱えていて,いつでも爆発しそうな気配でしたが,なんとか下山までもってくれました。連休3日目は,快晴の空に,笹原の山肌が光ってとても美しい景色でした。
DSC03845.jpgDSC03872.jpg

 下山後は観光がてら,石鎚スカイラインを通って,登った山々,稜線をながめてきました。はっきり歩いた後がわかる稜線に,天狗と言われる山頂の美しい姿に,一同改めて感動です。今度は,こちら側からの登頂を目指したいと思ったのは,ボクだけではありませんでした。
 のんびりしすぎて,帰宅は夜遅くになりましたが,贅沢な山の時間を楽しんだ連休でした。んんん,四国の山も,いいですね~~~!!
DSC03875.jpg

テーマ:アウトドア - ジャンル:趣味・実用

Trekking【08_No.18】愛媛県・石鎚山系縦走 その1
DSC03734.jpg 11日の昼過ぎ,登山口の梅が市に到着しました。今回は,ここから『堂が森』に上がり,テン泊して石鎚山までの行程です。
 ところが,ガイドブックや地図に出ている梅が市のパーキングは閉鎖されています。しかたないので林道脇に駐車です。

DSC03742.jpg 初日はガスのかかったあいにくの天気。3時間かかってたどり着いた堂が森のテン場でのんびりします。気のおけない仲間と楽しい一夜になりました。

 翌朝は晴天の予報。雲海とご来光を目指して,早朝から石鎚山を目指しました。 
DSC03773.jpgDSC03792.jpg

DSC03801.jpg 陽が登ると,昨日は気付かなかった山容が姿を現します。石鎚山系は紅葉を迎え,山肌は美しいオレンジのグラデーションでした!!

DSC03813.jpg いよいよ石鎚山下のルートと合流。ここは,石鎚山の有名な鎖場,三ノ鎖の登り口です。他にも試しの鎖・一ノ鎖・二ノ鎖とあるようですが,わざわざ下りて体験する必要もなく,三の鎖だけを通ることにしました。下から見上げた鎖場は,それほどたいしたことないなぁという印象でしたが,登り始めて・・・た・た・高すぎます・・・・・・。下をのぞくと,数十m下に人影が・・・。上を見上げると,途中で止まりそうなおじさんやおばさんの群れが数十mも続いています。

 下調べも適当でやってきましたが,この三の鎖,垂直の岩壁を60数mの高さを登るところでした!!ひぇぇぇぇ!!!!後にも戻れず腰を砕きながら,なんとか上までたどり着きました・・・・・・。ロッククライミングもする先輩は,「3回も鎖にさわってしまった!」と悔しがっています。え!?あの岩を,鎖も使わず登ったんですか??ボクには信じられません・・・・・・。
DSC03815.jpg 連休中日とあって,早い時間とはいえ,山頂はたくさんの人で賑わっています。最高峰『天狗岩』への行き来は大渋滞。ここもスリリングな痩せ尾根伝いですが,きれいな紅葉を楽しむことができました。

 昼に近づくにつれて,山頂は足の踏み場もないくらいの人出になりました。それでも,山頂では周りの景色を楽しみながらのんびりし,テン場にもどることとなりました。
unkaifromishiduchi.jpg


テーマ:アウトドア - ジャンル:趣味・実用

ちょいと愛媛県まで
 10日の夜、職場を発って、柳井の港にやってきました。この連休は、四国の山にチャレンジです!先週は、仕事が終わってから持ち物や行程の確認のミーティング。ベテラン山屋の先輩たちの計画の緻密さに驚きです。ところが、金曜は天気が崩れ、連休中の行程も少し変更し、柳井港で夜を明かすことになりました。
 翌朝、フェリーで一路、松山へ!このフェリーは、周防大島の海岸沿いを通りますので、船上から島のロケハンもできました。潮流が速いといわれる情島付近は、ほんとに狭い島と島の間を、この大型フェリー通ります。海峡には数艘の漁船が止まっていますが移動する気配がありません。すると,こちらのフェリーの方が,漁船をよけて狭い間を通っていきます。なんと!
 通り過ぎるときに見た海峡は,川と見間違えるような潮の流れ!!フェリーは岸まで数十mのところを通るし・・・。ここを通るときには,オソロシ~~~!!
瀬戸の鼻1瀬戸の鼻2

 連休1日目は,テン場まであがれば,そこでのんびりの行程になりました。というわけで,時間に余裕もあるし,山行前の温泉!!この先の山行を予感させるような,贅沢な旅でした。
道後温泉
九十九島杯シーカヤックマラソンに参加
DSC03722.jpg 今週末は,長崎県佐世保市の九十九島杯シーカヤックマラソンに,yumetarooさん,Mさん,Kさんと参加してきました。

 土曜日に到着して,九十九島の海を漕ぎに出ます。せっかく遠くまで来たので,今回は,マラソンのコースから外れている松浦島の入り江に,皆さんをご案内しました。独特の雰囲気を持つ九十九島は,やはりすばらしいフィールドですねえ。
 いつもならもう少し漕ぎ進めたいところでしたが,今回は体調を崩してしまっているようです。持病の扁桃腺炎が出そうな気配だったので,早めに陸に上がって養生です。幸いyumetarooさんの持っていた抗生物質と痛み止めで復活。楽しみにしていた前夜祭への突入です~~~!
 パールシーの広い広いウッドデッキに,この大会の参加者が集まり宴の始まりです。バンド演奏にサルサのダンス。特に,サルサでは,参加者みんなで踊って,とにかく楽しい楽しい一夜でした。ご用意いただいた食事もおいしくて,もう最高~~~!!
DSC03726.jpgDSC03727.jpg

 九十九島のツーリングもしたし,楽しい前夜祭にも参加したので,ボクの本来の目的は達したのですが,マラソンにもエントリーしておりましたので,ちゃんと最後まで完漕いたしました。やはり扁桃腺の異常は感じられたので,2日目も薬だよりです。
 体調も良くないし,せっかくの海を・・・と思うのですが,やっぱり競争となると,男の子だからか熱が入りますね~。本気で漕ぎました~。最後に山口連?のMASAさんをこっそり追い抜いてやろうと思ったのですが,やっぱり,そりゃあ,無理でした。でも,レース自体も,みなさんと肌でふれあえたような気がして,とっても楽しめました。
DSC03733.jpg 最後の表彰式も,参加者が楽しめる素敵なイベントになっていました。とにかくとにかく,主催者の方々の配慮に感動で,人を楽しませる,すばらしいおもてなしの心を感じました。

 九十九島のシーカヤックマラソンは,すばらしいイベントだと思います。レースがお好きでない方も,ボクのようにツーリング感覚で,カヤックのイベントとして十分楽しめるのではないでしょうか。実行委員の皆さんをはじめ,スタッフの方々,ほんとにほんとにお世話になりました!!楽しかったで~~~す!!
 yumetarooさんをはじめ,ご一緒させていただきましたカヤッカーの皆さん,ありがとうございました。また,海の上で。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。