Seakayaking , Backcountry Skiing , Mountain Trip ...... It's My SLOW LIFE
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
夏空
見渡す限り,あちらこちらに入道雲。

大きくなってますね~。

できては壊れ,壊れては新しいのが生まれ。

まだ朝なのに。

今日も,暑い暑い一日でした。

P7310018.jpg
スポンサーサイト
どういうこと?
 先日の旅行で時計をなくしてしまったので,古い時計を持ち出してきて電池交換をしてきました。腕にしっくりくるので気に入ってたのですが,さすがに激しい遊びにはついてこれない柔なヤツだったので箪笥の肥やしになっていたやつです。
 ちゃんとした時計屋さんで交換すると,電池って2年も保証してもらえるんですね。腕に巻いてやると,久しぶりにフィット感があります。そのまま,買い物に行ってレジに並んでいると・・・。ポロリ・・・・・・。腕からするりと抜けたように,時計が床に落下です・・・。なんと,ベルトのプラ部分が劣化していたようで,自重に耐えられず切れてしまっていました・・・。おまけに落下した衝撃で表面のアクリルにもひびが・・・。
 前にもこの部品は壊したので,予備がありません。電池だけは3年は持つようですが,腕に巻いてやることができなくなりました。最近,時計を見ることなんかなくなってきたので,なくても困らないなあとは思っていましたが,こんなに道具に嫌われるなんて・・・・・・。
 ちっちゃいけど,壁掛け時計として使ってやりますわ。
DSC02626.jpg
たまには旅行
P7260001.jpg この週末は,職場の旅行でした。ボクがふつうの旅行といえるものをするのはこれくらい。いい大人になったので,こういう集団行動もできるようになりました。
 今回は,大分県の日田市。豆田町の街並みを訪れるのは10年ぶりくらいです。お店もずいぶん変わったように思えましたね。箸屋さんによって,ちょっとお気に入りのお箸を調達。

 今回は,偶然,この地のお祭りに出会いました。大きな山車を引いて周る様は大迫力ですね。小さな小さな子どもさんも,暑い中がんばっていました。 
P7260003.jpgP7260004.jpg

P7260008.jpg 続いて久住の夢吊り橋。何度も近くまで来ていましたが,自分では渡ろうと思いません。ぞろぞろとみんなについて渡ってきました。んんん,すごい人出です。でも,これは1回だけでいいです。


P7270003.jpg 温泉に泊まって翌日。向かった先は味噌屋さん。麹を丁寧に作ることが有名な味噌屋さんらしいのですが,最近のヒットはフリーズドライのみそ汁だとか。味噌は麹が命。その麹から作られたみそ汁はインスタントにしてもおいしいのだとか。今回,キャンプの朝食用に調達です。

P7270012.jpg 続いて熊本城に。築城400年記念で本丸をピカピカに建て直したそうです。マッタク興味がなくても,入って見学していれば思わず見入ってしまって、あっという間に時間がたちますね~。

 さてさて,慣れないバスでの旅行。お気に入りのサングラスを踏んづけて壊してしまったり,外した時計を置き忘れてなくしてしまったり・・・・・・。いろんなことがありましたが,無事帰ってきました。旅は楽しくてよかったんだけど,失ったものが大きいかも・・・・・・(TT)
seakayaking 【08_No.18】向津具半島シーカヤックツーリング 3日目
P7210016.jpg 連休最終日は、向津具半島から青海島へ漕ぎ渡ります。海は穏やかですが、昼から荒れはじめるのではというyumetarooさんの判断で、今日も早朝の出発です。
 青海島の竹の子鼻まで一直線に5kmほど。深川湾を横断していきます。ちょっと複雑なうねりがありますが、追い潮でサーフィンをしながら、あっという間に青海島近くまで。 

P7210026.jpg ところがそこで、すさまじいエンジン音が聞こえてきます。仙崎の方から漁船の群れが!どうも出勤ラッシュと重なったようで、何隻もやり過ごし、やっと竹の子岩に到着です。
 前回来た時には、フネを操作するだけでたいへんなうねりだったので、じっくり探検することなんてできませんでしたが、今日は穏やかそうです。やったー♪

01takenoko.jpg
 竹の子鼻の内側に入ると、ややうねりがあるものの、青海島にしては穏やかです。この辺は見所、遊びどころがいっぱいなんです。
02takenoko.jpg
大岩の中のトンネルをくぐってみたり、遊覧船も入れるほどの大きな洞窟『黄金洞』に入ってみたり・・・。んんん、満喫です!
P7210034.jpgP7210041.jpg

P7210051.jpg yumetarooさんのお気に入りは、化石のような模様の入った変わった岩盤。平家台付近の岩盤は、こんな変わった模様がいっぱいです。へびが化石になったんだ~!とか、でっかい寄生虫だ~!とか大はしゃぎでした。

P7210053.jpgP7210054.jpg

 日本海の変わった地形や景観が一度で楽しめる青海島は、やっぱりカヤックツーリングには最高の場所ですね~!
P7210061.jpg ひとしきりこの景観を堪能したら、遠くからのうねりが大きくなってきました。遊覧船が作る波とシンクロした時には5mを超えるようなスタンドウェーブが!やはり、今日は、午後からは荒れてきそうです。残念ですが早めに上陸して、あとはゆっくり、この旅の汗を流しに行きました。

 3日も好天に恵まれて、最高のツーリングができました。今回のツーリングで、西長門から北長門の海岸線も、ほとんど漕ぎつなぐことができました。yumetarooさん、たくさん勉強させてくださり、ありがとうございました~!次回も楽しみにしてま~す!

yuyamap.jpg

テーマ:シーカヤック - ジャンル:趣味・実用

seakayaking 【08_No.17】向津具半島シーカヤックツーリング 2日目
P7200069.jpg ツーリング2日目です。昨夜から、入り江に寄せる波が大きくなっていることを感じながらも、ぐっすり朝まで眠りました。しかし、yumetarooさんは、夜中に起き出してフネを浜の上に上げてくださっていたようです。ありがとうございます。流されずにすみました。
 昨日の凪が信じられないくらいうねりで砕けた波が立つ浜に変わっています。しかし、緩やかなうねりで、沖合いは穏やかに見えます。天気もいいし・・・・・・やっぱり出発です。
 車を回送中、半島から油谷湾を見下ろすと、昨夜の月と青い海。この油谷もきれいな海です。今日のツーリングも楽しみ!

P7200080.jpg 今日は向津具半島の『竜宮の潮吹き』と『千畳敷下の崖』がポイントです。エスケープルートがないコースなので、海況を見ながら予定を決めていきますが、日本海の大きなうねりが心地よい、今日も最高のツーリングです。

P7200093.jpg 本日、一番楽しみにしていた『竜宮の潮吹き』です。うねりが小さいのですが、近づくとドォーン!という大きな音とともに、海水が数m吹き上がります。まさに潮吹き。うねりが強いときは数十mも上がることがあるとか。雄大でしょうねえ。決してそんなときに漕ごうとは思いませんが。

P7200101.jpgP7200104.jpg

P7200120.jpg 心配されたうねりもそれほどではなく、yumetarooさんも波打ち際を楽しみながら漕ぎ進んでいきます。
 この崖の上は『千畳敷』と言われる広い広い草原が広がっています。今でこそ、いろんなところで見かける風力発電機も、この向津具半島で始めてみました。この地はとても風が強いのです。
 そんな難所もあっけなく通過し、向津具半島の東端の今岬に到着です。
 キャンプ地まであと少し・・・と思って期待もしていなかったこの岬。なんとも大きな岩の門構えに隠れ家的に遊べそうな明るい小部屋があるところでした。ここはいい~!

P7200131.jpgP7200133.jpg

P7200002.jpg 今日のツーリングも昼には終了です。海の千畳敷が見える、これまた道端の草原で宿泊です。今日はテントを張らず、車中泊。yumetarooさんもさすがにお疲れで、上陸したらコットでお昼寝です。今夜も暑くなりそうです。

P7200005.jpg yumetarooさんが昼寝をしている間、千畳敷にできたタイドプールを探検してみますが、ここはあまり生き物の気配を感じません。さすがに湾の奥にあるからか、楽しい生き物探しにならず、さっさと引き上げました。
 防波堤からぼんやり海を眺めていると、熱心に遊んでいるお母さんと二人の子どもさんがいたので声をかけてみると、子どもたちがうれしそうに取った生き物を見せてくれました。かわいいかわいいウミウシの赤ちゃんです。やっぱり子どもの方が、遊び方が上手ですね。参りました。

 さてさて、明日は連休最終日。向津具半島は漕ぎきりましたので、明日は青海島上陸の予定です。
って、ボク、2泊するなんて聞いてませんでしたよ。青海島に渡るなんて知りませんでしたよ。「ハハハ、ボクはこんなもんですよ。」と高笑いをしてまたまた飲みながら夜を迎えるyumetarooさんでした。

テーマ:シーカヤック - ジャンル:趣味・実用

seakayaking 【08_No.16】向津具半島シーカヤックツーリング 1日目
P7190007.jpg 海の日は海の上で!
そうやってyumetarooさんからお誘いを受けた向津具半島のキャンプツーリング。一人では漕ぎきる自信のない外海なので、楽しみです!
 早朝待ち合わせて車を回送すると、まだ暗いうちに出発です。難所を越えるには、海が穏やかな早朝のうちに漕がなければいけません。

俵島
P7190028.jpg 油谷湾の入り口に小さくたたずむ俵島。名前の通り、俵を積み上げたような岩肌でできた島です。この辺りの崖は柱状節理でこのような地形を見ることができます。

03kawajiri.jpg
 今日のメインは川尻岬です。本州最西北端に位置するこの岬は、南からの対馬海流の流れがぶつかり、いつも荒れて激しい波が立つイメージの場所です。この日は近くに台風がやってきているので、うねりや風が心配されましたが、緩やかで大きなうねりがはいっているだけで、とても気持ちのよいツーリングになりました。とはいえ、風も弱く、海上も暑い暑い・・・。
05kawajiri.jpg
oohama1.jpg
 川尻岬をパスすると、今日のキャンプ地に到着です。青い海が美しい海水浴場・・・・・・の近くの草っぱら。なんともワイルドなキャンプです。今日のツーリングが厳しいかもと思って早朝出発したので、これからの時間が長い長い・・・。テントを設置したらビールをグビッ。昨晩慌てて準備をして、寝不足のままやってきたので、この1杯でお昼寝タイムです。

P7190063.jpgP7190066.jpg

 強い日差しを浴びたテントの中の昼寝で、汗だく・・・。ちょっと涼しくなった夕方からは、この入り江に大きなうねりが入り始めました。このうねりの中で、あの崖の海岸線を漕いだら・・・・・・んんん,海の藻屑ですねえ。やはり、この地は早朝ツーリングが一番です。
 夜もまだまだ長く、十六夜の月を眺めながら、yumetarooさんの語りに耳を傾けるのでした・・・。



テーマ:シーカヤック - ジャンル:趣味・実用

縁(えにし)をつなぐ
 この連休は、台風の心配があったものの、なんとか海の上で遊ぶことができています。今回、ご一緒していただいているのは、プロガイドのyumetaroo隊長です。
 昨晩は、キャンプ地でyumetarooさんのお話をたっぷり聞かせていただきました。yumetarooさんが、商売抜きでボクのような一般カヤッカーと遊んでくれるのは不思議ですが、yumetarooさん曰く、やはり『縁』だそうです。ずっと続けてこられたパドルスポーツで、自分が社会に貢献することが自分の使命だと感じるというお話から、yumetarooさんの持つ不思議なスピリチュアルな世界など、夜が更けても隊長の話が止むことはありませんでした。
 たくさんの刺激のある話だったのですが、その中で、yumetarooさんは『縁(えにし)』を大切にしていると言われたことに、惹かれるものがありました。
 もともとソリストで身勝手なボク。人との縁も、上手につなぐよりは、気楽なソロの世界で漫然としていたのですが、今年はなんとも、こういう神がかり的なつながりが感じられます。ボクの中にも変化を求める何かがあるのでしょうか。
 そんなことはよくわかりませんが、晴れ男二人は、台風も蹴っ飛ばして、海の日を海の上で堪能しております。とにかく、この連休の縁は、満喫です♪
P7200073.jpg

海の色
20080719132627
最高~!
空の色も、夏だね~♪
海の日は海の上で
 いつも通る道で、いつもと違う海の色。
満月を過ぎたのかな。少し控えめな月が、とても美しいです。
 Kalmaegiが近づいていますが、とても穏やかな表情の水面です。
さあ、今日も漕ぎ出しますよ♪
P7190001.jpg
seakayaking 【08_No.15】山口県・上関の海でキャンプツーリング その2
 2日目,爽やかな朝を迎えるはずだったのですが・・・。昨晩は,やられました・・・。大量の蚊です。いたるところを刺されて痒いのなんの・・・テントに避難しても,侵入していたやつに刺されたり・・・。おかげであまり寝られませんでした・・・。朝方,テントから出ようかと外を見ると,テントのメッシュ越しにたくさんの蚊が待ち伏せしてます・・・・・・。夏のキャンプは,こいつに気をつけないと!
 それでも,やはりキャンプの朝はすがすがしいもの。キャンプ場横の海岸は澄み切って美しい彩です。朝日で朱に染まった空が青に変わるまで,浜辺でのんびりです。
 朝はゆっくりのQちゃんが起き出したら,2日目のツーリングに出発です。
P7130046.jpg
P7130050.jpg

P7130053.jpg
 2日目も海は凪。鏡面の水面です。今日は,馬島・刎島・佐合島を巡る予定です。
 今日もきれいな水に迎えられてのツーリングになったのですが,馬島を出発してすぐ,水が白っぽく見えるところがあります。ミズクラゲです。大量のクラゲが浮遊しているのですが,その合間をぬって漕いでいたところ,いつもは静かなQちゃんが大声を!海底を見てみると,どこから涌いてくるのか,隙間もないほどのクラゲが水の中を占領しています。こんなに大量のクラゲを見たのは初めてです。びっくり~!

P7130058.jpg
P7130056.jpg

 クラゲには驚いたものの,今日も静かな海をマッタリ漕いでいきます。日差しが強く,フネの上では暑くてしかたありません。Qちゃんはお得意のブレイスで,涼をとってます。うらやましい・・・。
P7130064.jpg
 のんびりのんびり3つの島をまわり,佐合島のひろくて美しい浜で休憩したら,今日は早めに上陸です。昨夜の寝不足と暑さでバテバテでした。今日は短い距離でも十分満喫です。
 上関の海,やっぱりきれいですね~。遠くてそんなに頻繁に来ることはできませんが,また遊びにきたいところです。お付き合いいただいたQちゃん,どうもありがとうです。 

テーマ:シーカヤック - ジャンル:趣味・実用

seakayaking 【08_No.14】山口県・上関の海でキャンプツーリング その1
P7120002.jpg
 土曜日,quickturnさんと待ち合わせて上関の海を漕いできました。梅雨が明けた空は真夏の様で,海面は凪。暑い暑いツーリングとなりました。

P7120017.jpg
 Qちゃんと漕ぐのは2年ぶりくらいになるでしょうか。初めて見るQちゃんのカーボンカヤックは,かっこいいですね~。
 今回は,馬島でキャンプをして,近くの島を巡る予定です。この地を漕ぎなれたQちゃんに案内してもらって,久しぶりのキャンプツーリングです。

 『のんびらんどうましま』で荷物をおろすと,初日は目の前にある「牛島」までツーリングです。航路横断があるので,慎重に慎重にQちゃんについて漕いで渡ります。
 瀬戸内海も里を離れて沖に出て行くと,かなりの透明度でとても美しい彩を見せてくれます。この日も,瀬に入ると海底がきれいに見えました。
P7120021.jpg
P7120031.jpg

P7120040.jpg
 この日のツーリングは25kmほど。最近,距離を漕いでなかったし,暑さも手伝ってクタクタです。テントサイトにカヤックを引き上げると,まずはビールを1本。そのまま,昼寝に突入でした。こういうことができるのも,キャンプツーリングだからですね~。おいしい!

 この日のツーリングも楽しかったのですが,なんとも大はしゃぎしたのは,Qちゃんが持ってきていたビーコン。
「2つ持ってきたから・・・」
そりゃあ,遊びましょうということですね!
 夕食をとったら,暗くなったキャンプ場でビーコントレーニングです。Qちゃんにビーコンの特性を教えてもらったら,互いに隠しあいこをして探していきます。まずはビーコン自体に慣れなかったことと,電磁波の特性をつかむのに時間がかかってなかなかうまく見つけられません。ピカピカとLEDを転倒させた親父がキャンプ場内を駆け回っている様は,さぞ異様だったことでしょう。
 でも,楽しかった~!小1時間は遊びましたね。まったくこの人は,ボクを飽きさせませんね~!おかげで,この夜はぐっすり・・・・・・のはず。
P7120041.jpg
P7120043.jpg

テーマ:シーカヤック - ジャンル:趣味・実用

山ラジオ
 山(もちろん海もだけど)で使えるラジオを探してたんだけど,いいのが出てました!山エリアコールが設定されたFM/AMラジオです。薄型で軽く,また,受信感度もなかなかいいようです。山エリアコードがいるかと聞かれれば,現地でチューニングすればいいわけで,特に必要ないかもしれないけど,「登山対応」なんて書かれてたので,ついつい買ってしまいました。でも,いいじゃない?
P7080003.jpg
ガイアナイト
 北海道洞爺湖サミットを盛り上げるためのイベントでしょうか。『ガイアナイト』というイベントが催されるようです。キャンドルナイトみたいですね。
 イベントが乱立するのはどうかと思います。コマーシャル的なにおいもしますね~。アマノジャクなボクは,ついつい反対方向を向いてしまいそうですけど・・・。でも,参加者側が自分に合ったものを選ぶことができて,結果的に本来の目的に達するのであれば,それはそれでいいかなとも思います。
 ローソクの灯りで過ごす夜は素敵ですし,eco活動にも貢献できるし。七夕の夜っていうのも,ロマンティックでいいかもしれませんね。
ガイアナイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。