Seakayaking , Backcountry Skiing , Mountain Trip ...... It's My SLOW LIFE
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
救急セットの中身
 先日の山行で,膝の悪い先輩に関節痛などの痛み止めをあげました。すると,ボクのファーストエイドキットをみて,「人の救急箱を見るの,好きなんだよね~。」と言って,まじまじと眺められました。救急セットって,使っていくうちに,その人が必要とするものが加わっていって,オリジナリティが出てるそうなんです。確かに!
 ボクのセットの中で,人が持ってこないだろうなあと思うものは,歯間ブラシかなぁ。歯に物が詰まったままだと気持ちが悪いので,いつの間にか持ち歩くようになりました。
 先輩のお勧めは『シッカロール』でした。海に出ることが多かったので,濡れたら使えない粉モノを考えたことはなかったのですが,山では汗ばんだところに振りかけてあげると「きもちいぃ~!」
 これは,いただき!さっそく,セットの一員に加わりました。
P5310002.jpg
スポンサーサイト
seakayaking 【08_No.9】山口県・加茂島
P5310006.jpg
 久しぶりに二度寝という心地よさを味わった朝でした。寝坊してしまったし,今日は風が強い予報。どうしようかと迷ったのですが,近くの海に出ることにしました~。
 今回は,北浦街道沿いに見える『加茂島』を目指してみました。3つの小島が連なって,とても趣がある島です。

 ずっと追い波・追い風で,あっという間に島までやってきました。なんとか上陸することができるゴロタ石の浜もあります。真ん中の島には鳥居が立っていました。地元の海を守っているのでしょう。
 2kmほど先に,来留見ノ瀬という灯台の立った広い瀬があり,ここまで行ってみたかったのですが,さすがに強い風でうねりも出ていたので,今日はあきらめました。今度は,この瀬まで出かけてみようっと。
yoshimo.jpg

テーマ:シーカヤック - ジャンル:趣味・実用

新しくなったカヌーライフ
 出版社から新創刊された『カヌーライフ』が届きました。この雑誌は講読していなかったのですが,GI Paddlersのyumetarooさんが,カヌーライフを通してこれから山口の海を広めていく!と言われていたので,これから定期的に読むことにしました。
 こういうマイナースポーツの雑誌って,続いていくってことが難しいんですよね。みなさんも,ぜひぜひ,読んでみて下さい~!
P5280001.jpg
すてきなマメ!豆岳珈琲
 雪友けんとさんから,すてきなお土産をいただきました~!
大好きな大好きな珈琲です。けんとさんのブログで紹介されていた珈琲工房『豆岳珈琲』さんのマメです。
 シンプルでおしゃれななWEBページ同様,シンプルな油紙で包まれた豆が,職人さんのこだわりを感じさせますね~♪いただいた豆は,アイスコーヒーなどに向いているヨーロピアンな挽き方の豆だそうです。おいしかったですよ~!!けんとさん,ありがとうございました~~~♪
P5270002.jpg
海の新緑
 海の植物も新芽の季節でしょうか。いつもと違う,真っ白な海草に出会いました。
P5240038.jpg
New Paddle
P5240012.jpg
 フランス製のパドルです。『SELECT』というメーカーのもので,どうやら日本でも注目を浴び始めたパドルのようです。
 もちろん,ボクのものではありません♪

 mermaidsの会で,yumetarooさんに使わせてもらいました。シーカヤック用のV12というやつですね。まず,ズシリッと重いです。びっくりします。カタログ値は1000g未満のようですが,もっと重い印象です。
 1ピースのパドルだと思います。というのは,長さとフェザー角がアジャスタブルで,センター部分をレンチで固定しているようです。アジャスタブルなところはボクの好みです。
 漕がせてもらったら,フラットなブレードのせいか,キャッチした水がするする~っと逃げていく感じがしたのですが,yumetarooさん曰く,漕ぎ方の問題だろうね~って。しっかりとハイアングルの形で漕ぐと,パワーがすごく伝わるそうです。necky姉さんが漕いでみると,とてもいい!と絶賛でした。やっぱり,漕ぎ始めに違和感があったので,漕ぎ方を変えてみるとよかったそうです。
 やっと今のパドルに慣れてきたところなので,目移りすることはありませんでしたが,まだまだ日本では取り扱いが少ない貴重な1品でしょうね。
seakayaking 【08_No.8】山口県萩市・笠山
P5240002.jpg
 今日はGI Paddlersさんところの集まりで萩の海を漕いできました。今回は笠山。この笠山は大昔の火山活動でできた島で,噴火したあとがよくわかるところとして有名です。エントリーは,マリーナから。

P5240013.jpg
 日本海の岩肌は,優しい黄土色をしたところがほとんどなのですが,ここは溶岩の真っ黒い岩がごつごつしていて,独特の雰囲気を醸し出しています。
 ここからは萩の島々がいくつも見えます。アイランドホッピングすると楽しそう♪でも,風が強くなる予報だったので,今日は島には渡れませんでした。

20080524.jpg
P5240039.jpg
 昼近くなると,雨も感じられ,少しずつ風が吹き始めてきたので,笠山1周のツーリングにして,ところどころの瀬で遊んでかえりました。上陸するころにはかなりの風と雨。久しぶりに雨の中漕ぎました。さすがに雨に降られると肌寒い一日でしたね。

P5240073.jpg
 今回はみんな忙しかったようで,互いに買ってきたおやつを持ち寄って,雨を避ける東屋の下でのんびりおしゃべり。こういう時間も楽しくていいです♪
 このTeam Mermaids+Nの集まりも,necky姉さん,yumetarooおじさんのおかげで楽しく続けられています。ぜひぜひ,新しい仲間を増やしたいですね~。
 女性パドラーさん,大募集です♪


テーマ:シーカヤック - ジャンル:趣味・実用

BUNA
 山は新緑が美しい時期ですね。
 大好きなブナの木も,新しい葉がすくすくと育っています。
「ブナの葉は,必ず上を向いてるんだよ。だから,下から見たら枝がはっきり見えるんだ。」
 山から下りながら,先輩が教えてくれました。そう思ってみると,小枝の1本1本がそれぞれの葉を上へ押し上げ支えていました。
 きれいな水を育むブナの木。一枚一枚の葉からも,生命を感じることができますね。大切にしたいなあ,こういう森を。
P5200156.jpg
Trekking【08_No.12】 大分県・祖母山縦走 その2
 翌朝は晴れの予報。朝日と雲海を期待して,早朝から山頂に向かいました。出迎えてくれたのは,遥か遠くまで見通せる澄んだ空気。遠くにあるはずの久住の山や由布岳,傾山が,すぐ目の前にあるようです。空の青が最高!!
P5200102.jpg
P5200094.jpg

 山頂は風が吹き付けてきますが,上空の雲や眼下の霞は動きません。今日は澄んだ穏やかな一日になるようです。
 山頂から降りようとだれも言わないのは,空や山の色が分刻みで変わっていくからです。その豊かな変化を見逃したくなくて,しばらく山頂での時間を過ごしました。
fromsobo1.jpg

 昨日は見ることもできなかった縦走路もピークも,はっきり確認できます。がんばったんですね~!うれしくなります。
fromsobo3.jpg

 山頂でののんびりとした時間を過ごしたら,山小屋に戻って,さらにのんびり。今日は下山するだけなので,遅めの朝食と後片付け。小屋を出るころには,すっかり日も上がっていました。
 素敵な山の形も確認できたので,今度は別の山から見つけることもできるでしょう。初めての祖母山は,最高の山行になりました。いつかは大障子岩と傾山もつなぐ,大縦走をしたいなぁ~!
Mtsobo.jpg

テーマ:アウトドア - ジャンル:趣味・実用

Trekking【08_No.12】 大分県・祖母山縦走 その1
P5190008.jpg
 先週末は仕事だったため,日曜の夜から,山の先輩方と大分県の祖母山を目指しました。
天気予報では,台風が近づくために月曜は悪天。でも,そこはのんきな晴れ男3人。降らないんじゃないかなあなどと,気楽にやってきました。
 でも,やっぱり山はガスの中ですね~。

P5190019.jpg
P5190044.jpg

P5190053.jpg
 大雨に降られることは無かったのですが,この日はずっとガスの中を歩きます。ハシゴ道や登りにくい急登もありましたが,雨のトレッキングもなかなか楽しいものです。
尾平~古祖母山~障子岳~祖母山
 ところどころ,白いガスに色をつけてくれるアケボノツツジやシャクナゲの花を愛でながら,延々歩いて山小屋まで・・・。

P5190031.jpg
P5190047.jpg

P5190062.jpg
P5190066.jpg

s-P5190070.jpg
 こんな天候でもがんばれたのは,今日は山小屋泊まりで鍋をつつくことになっていたから!
 冷えた体にストーブの温もり。そして,キムチ鍋にビール!!一番下っ端のボクは,がんばって運びました~~~!


テーマ:アウトドア - ジャンル:趣味・実用

生命にふれて
 先週末は,残念なお天気。雨や厚いガスで,山も海も楽しめる状況ではありませんでした。
でも,こんなときにも,いや,こんなときだからこそ,生命の力強さを感じる場所がありますね。
原生林の中で休むことなくあふれ出る泉と,霧の中でいっそう色あいを増す木々たち。この週末は,とても素敵な場所で,生命の起源にふれたような気がしました。
P5100005.jpg
P5110034.jpg

P5110037.jpg
P5110040.jpg

テーマ:アウトドア - ジャンル:趣味・実用

Trekking【08_No.11】くじゅう連山・大船山(岳麓寺ルート)
P5040002.jpg
 連休中日は大好きな久住でキャンプです。今回お邪魔したのは『モーモーランド』というキャンプ場です。どこにテントを張ってもいいよ~というアバウトさに,ときおり,ヒツジも寄ってくるワイルドさが気に入りました。

P5040004.jpg
P5040012.jpg

 この日は高原を楽しむ一日にしていましたので,テントを設置すると,簡単な食事とシャンパンであっという間に撃沈してしまいました・・・・・・。そして,真夜中,テントを叩く雨の音で目が覚めました。予報通り,雨が降り始めたのです。
 次の日はトレッキングの予定でしたが,雨が降って中止・・・と思っていたところ,朝になると雨は上がっています。山々にガスがかかっているものの,なんとか登ることはできそうです。
P5050022.jpg
 そこで,予定通り,岳麓寺ルートを使った大船山トレッキングです。
 この岳麓寺ルートは大船山と黒岳にアプローチすることができますが,登山口から山頂までが長い長い・・・・・・。

P5050030.jpg
 途中には,この大船山をこよなく愛したといわれる山好きな竹田城藩主「入山公」のお墓に立ち寄り休憩です。お殿様の気持ち,よくわかります。いい山ですから♪

 この日は終始,ガスの中でしたが,時々切れ間から見える高原の景色はやはり美しいですね。
naoiri.jpg

 テクテクテクテク・・・4時間ほどで山頂に到着。山頂についてもガスは晴れず,時々見える御池や坊がつるに,ここが大船山だということを確認するような感じです・・・・・。
P5050036.jpg
P5050037.jpg

P5050045.jpg
 下山したころには青空が見え始めてきました。歩いた距離は10kmほどでしたが,なんとこのルート,標高差が1000mもあるじゃないですか!けっこうハードだったかもしれません。
 高原をあとにしようと思って振り返った山からは,分厚い雲の波が山頂から雪崩落ちてくる壮大な姿を見ることができました。今日はちょっと意地悪なくじゅうでしたね。

200805051.jpg

 

テーマ:アウトドア - ジャンル:趣味・実用

seakayaking 【08_No.7】山口県・本州最西端の地
吉母海岸

 今日から4連休♪疲れた体と心をリフレッシュさせるため,初日の今日は海に出ました!
 やってきたのは下関の吉母海水浴場。ここは,ボクがきれいだと思う海の中で,一番近くにあるところです。それでも,車を走らせて1時間かかりますが・・・。
P5030003.jpg
P5030017.jpg

P5030005.jpg
 今日は風もない予報なので,ここから本州最西端の地といわれる『毘沙の鼻』を目指すことにしました。先日のツーリング同様,晴れた空に鏡面のような静かな海。気持ちのいいツーリングです。

P5030011.jpg
 この室津半島,地図で見た限り,エスケープルートも見当たらず,海岸としても魅力を感じなかったのですが,ところどころ浜もあり,ちょっとした瀬ではクリークを通り抜けたりできて,静かな海の時にはツーリングが楽しめそうです。観音崎あたりまで漕ぎましたが,いいところでしたね~。

P5030015.jpg
 風のない予報でしたが,正午を過ぎると次第にうねりが入り始め,あっという間に強風にかわってしまいました。吉母海岸に戻るのが惜しまれたので,近くの『眼ノ崎』を訪れてみると,ここも岩の間のクリークが楽しく,休憩できそうな1枚岩もあります。海岸からは1kmほどの距離なので,カヤックに慣れない人でも楽しめるところでしょう。

 今日は凪ぎの海で,無心で漕いでばかりだったので,15km超をあっという間に漕ぎきってしまいましたが,風に悩まされる前に上陸。きれいな海を眺めながら,ゆっくり後片付けをして帰ってきました。今年のGWは,天気に恵まれて楽しめそうです♪

テーマ:シーカヤック - ジャンル:趣味・実用

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。