Seakayaking , Backcountry Skiing , Mountain Trip ...... It's My SLOW LIFE
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
いいんじゃない?
明日の予想天気図。ボクんちの周りは,絶好のお出かけ日和?
外へ出かけるのにいい感じ♪
fsas_00.gif
スポンサーサイト
Garden Party
 今日は,友人宅でバーベキューでした♪
 職場が変わって散り散りになった友人たちが,『師匠』と呼ばれる先輩のもとに集結です。ほんとに大らかで器の大きな師匠のもとでは,老いも若きもみな子どもに戻ってしまいます。
 今日も,例のごとく,バーベキュー担当として,ボクはせっせと働きました。どうしてボクは,どこでもこんな役回りをしてしまうのでしょう・・・・・・。性分というのは悲しいものです。いや,役目をいただけているだけ幸せなのかもしれません。
 今日は海の近くに住む友人が,活きのいいサザエをたっぷり持ってきてくれていました。焼き立てをホクホクいただけるのは,歓談に興じているみんなではなく,焼き担当のボクだけです♪
 夜まで話が尽きることなく,ふだん,無口なボクも,師匠の不思議なオーラのもとで,たっぷりおしゃべりしました。久しぶりにこんなにしゃべって,たくさん笑いました。
 こういうのも,幸せな一日です。
sazae
peer counseling
 仕事の相棒の女の子が,4月から配置転換になる予定なので,お世話になりましたと,かわいい贈り物をいただきました。そのお礼に・・・というわけではありませんが,ランチを一緒に。
 歳がずいぶん離れているので,細々とした気遣いはお見事で,丁寧な言葉遣いの彼女なのですが,気が強く,自分の主張を表さずにはいられないような勝気な人で,一緒に仕事をすることになったとき,ボクは本能的に,この人には逆らわない方がいい・・・と思いました。

 いろんな相談を持ちかけられましたが,そんな中で,ボクがいつも控えめに接していることが話題となり,一生懸命考えて伝えた言葉が「男性性」と「女性性」。SadismとMasochismという言い方でも説明できるかもしれません。男性的・女性的というものではなくて,本来,どちらも持っている人間性とでもいいましょうか。

 ボクは「中性性」のニンゲンで,人と接するときに,平和に生きていくために,その役割を本能的に察しているということ。彼女には強い男性性を感じたので,自分が女性的な接し方をする方が,お互いうまくやっていけると思ったというようなことを説明しました。その説明で大いに盛り上がり,これまでの彼女を取り巻く人との関係が,ずいぶん開かれたように解き明かされてきました。

 彼女が強く男性性を持っていることは,二人とも腑に落ちたのですが,「私は女でいたいんです!」と主張して,感情的にはまだまだ受け入れられないようでした。でも,自分のことを知り,受け入れていくと,なんだか穏やかになっていくことが感じられるんです。

 こんな話をしながら,ボクも自分というニンゲンが,さらにわかってきたようです。そうなんです,決して,ボクはマゾなのではなくて,相手によって役割を入れ替えているんです。そういうタイプのニンゲンもいるんです。そう,強くあの人たちには言っておかなければ!

 このブログにはソグワナイ話題ではありましたが,最近,たくさんの刺激を与えてくださるすてきなセラピストさんの影響が多分にあるかも・・・・・・。

giftbox
こんな時期にクリスマス?
 毎年,雪遊びが終わるころにきれいに咲き誇る我が家の花。もう,ずいぶん昔に『クリスマスローズ』という名前で売られていた小さな苗を買ってきたのだけれど,今では立派な大株に育ちました。クリスマスローズなのに,クリスマスのころには咲かないじゃないか!と思っていましたが,クリスマスに咲くのは『ヘレボルス・ニゲル』という種類だけだそうな・・・。うちの花は,『ヘレボルス・オリエンタリス』
 何の手入れもしていないのに,北向きの我が家の玄関前で,花の少ないこの時期,しっかりと花開いてくれています。花弁に見えるところは,実はガクの部分で,かなり長くきれいな状態を保ってくれています。ボクの冬の終わりと春の訪れは,この花とともにやってくるんです。
DSC02015.jpg
くすくすっ
 予報通り,雨となった休日は,午前中,急ぎの仕事をすませ,午後からは所要ででかけ・・・。遊んでばかりはいられませんから,こういう休みも必要なんですが・・・・。やはり,なんかもの足りない・・・・・・。
 というわけで,今日は,かねてから気になっていた食材で,夕ご飯を作ってみることにしました!

 気になっていたもの・・・それは『クスクス』
初めて聞いたときは何それ???,という感じでしたが,世界最小のパスタだそうです。北アフリカの国の主食だとか。パスタ好きとしては,味わってみないわけにはいけません。
 小さな箱に,小さな小さな粒々がいっぱいに入っています。小鳥のえさみたいです。ビニールにも入れられてなくて,かなりワイルドな包装です。
 野菜を炒めて,水と固形スープのもとで味付けすると,あとはクスクスを混ぜ合わせて蒸すだけ。なんと簡単な!!せっかく蒸すのですから,フライパンの横でベーコンエッグも添えて。すばらしいアレンジですが,ちゃんと本に載ってました。
 昔,食べたことがあるという妹は,おいしいものじゃなかったといっていましたが,なになに,どうして。けっこう,おいしいです。というか,粒が小さいので,クスクス自体の味というのがよくわかりませんが。
 こんなに手軽にできるのだから,キャンプの朝食にはもってこいです。
クスクス1
10分もあればできあがり!
クスクス,できあがり
チーズとベーコンエッグでアレンジ
seakayaking 【08_No.2】いつもの海で,始動!
DSC01953.jpg
 明日は雨の予報なので,今日は久しぶりに海に出ました。今年の海シーズンの始まりです。
 いつもの浜からではなく,今日は,静かな静かな入り江からエントリー。すぐ横の角島が,ちょっと霞んでいます。


kabeshima.jpg

 久しぶりに漕ぐので,今日は10kmくらい岸ベタののんびりショートツーリングにしました。距離を漕ぐときは目もくれない途中の島にも立ち寄ってみます。
 ここは,海ウの渡来地・壁島で,海ウのコロニーとなっている岩は,そのフンで真っ白になっています。近づくと強烈な獣臭がしました・・・・・・。
DSC02007.jpg
 ウの休憩のジャマをしないように,反対側の岩場の波でちょっと遊んでいたのですが,コロニーに寄ってみると,何羽かが,ボクを威嚇するように頭上を飛んでいきます。ここは,やっぱり,静かに立ち去ります。

beach0322.jpg

 休憩予定地は,この辺り随一の美しさを誇る浜。しかし,曇天のせいか,今日の海の色は,いつもの輝きが見られません。それでも,夏を待つ静かな浜を独り占めしてコーヒー1杯で退散。今日は,午後から風が出るようです。
20080322002.jpg

 春の海の美しさは格別ですが,やや透明度は低かったかな?この地の水が,いえ,どこの海も,いつまでもきれいでありますように。

テーマ:シーカヤック - ジャンル:趣味・実用

デイパック新調!
 日帰りトレッキングやちょっとしたお出かけに使っていたデイパックが,あまりにもヨレヨレになってしまったので,ず~っと,次はどれにしようか迷っていました。ショップに行って手にとってみたり,ネットでたくさん情報を集めてみたり・・・・・・。多機能でカッコいいデザインのものも多いですね~。でも,これといった決め手がなかったんです。
 大型ザックと違って,安価なものも多いですし,背負い心地をそれほど気にする必要がない装備です。でも,よく考えてみれば,一年のうちで使用頻度が一番高いんですよね~。そう思うと,気に入ったものを買いたいと思って,なかなか購入に踏み切れませんでした。
 そう思って数ヶ月,やっと手に入れることができました!
 機能的にもごくふつう。シンプルなデイパックです。どこに魅かれたのかと聞かれても,明確に答えることはできませんが,この道具に呼ばれた気がしました。
 好きだったDANA DESIGNはなくなってしまったし,北米ブランドで人気有名メーカーのザックは目にとまりませんでした。このブランドが特に好きだったわけではないんですが,シンプルさと洗練された感じのデザインが気に入ってしまいました。昔から北欧のブランドは,どこか魅かれるんですよね~。これから長い付き合いになります。いい相棒でありますように。
LOGO
Trekking 【08_No.6】大分県・鋸山(田原山)
鋸山
  中山仙境から40kmほど南下して,今日の二峰目,鋸山を目指します。見事にギザギザの稜線です。やはり,九州は火の国だったことを実感できる,このような稜線の山が多いですね。

 登山口から急登で稜線の端にでます。距離は短いのですが,アップダウンが多い山道です。
 
鋸山の稜線

 中山仙境が物足りなかったので,こちらもハイペースで進んでいきます。一人で登っていると,まさにトレーニングです・・・。
DSC01935.jpg
 しかし,この山の稜線は,岩に登るか,崖下数百mあるやせ尾根を通るルートばかり。鎖の数や高さもけっこうなものです。

鋸山の鎖場
鋸山の大岩

 岩の両側はすごい崖!
 腰が抜けそうでした・・・。

 八方岳・大観望での景色を楽しんだら,通ってきた稜線を眺めながら,本日楽しみにしていた山コーヒー。しかし,今日は誰一人として人に出会わなかったので,ちょっと寂しいトレッキングになりました。
鋸山のやせ尾根

DSC01936.jpg

 今回,登山口から右回りで周回したのですが,下山中,看板を見つけました。鎖場や見晴らしのいいところで混雑しないように,本来は左回りで周るのがいいようです。登山口の案内板も,左回りのコースを紹介していました。ボクが通ったルートも,下りが怖かったところが多かったので,やはり,左回りで通るのがいいと思います。

 九州の山は,すっかり春です。ボクも,そろそろ遊び道具の衣替えの時期になりました。

テーマ:アウトドア - ジャンル:趣味・実用

Trekking 【08_No.5】大分県・中山仙境
 海友SP3さんが,この春,大分の宇佐に転勤されることが決まってしまいました。宇佐といえば・・・気になっていた山があったので,今日は,国東半島まで出かけてきました。

○中山仙境
中山仙境

 写真で見て,水墨画の世界のようで気になっていたこの山。標高は低く,周りの山々に囲まれてあまり目立たない。でも,夷谷の裏から見ると,おぉ~!登ってみたい!と思わせる稜線でした。
弘法様
無名橋

 中山仙境は,登山道沿いに巡礼するための弘法大師が祀られています。巡礼場所に行くルートと山道など,いくつかの分岐があって,道に迷ってしまったところもあります。山道は赤い小さな矢印で示されているので,見逃したら藪こぎです・・・。
 やせ尾根の岩と岩の間にかけられた『無名橋』が有名なようです。迂回するルートはありますが,片側はたいした高さがありませんので,問題なく渡れます。それにしても,2枚の岩をこのような橋にするのはすごい人間の力だなあと感心させられます。
中山仙境の鎖場
高城

 高城までは,鎖場などがあってもたいした怖さのない道だったのですが,しだいにやせ尾根が姿を現し,大岩をトラバースするところもあって,ちょっとしたスリルが味わえました。
中山仙境のやせ尾根

隠洞
 最後の大岩をトラバースして下山していると,その岩に大きな洞が!短い距離のトレッキングでしたが,昔の人々の活力が感じられましたね~!

 2時間ほどの行程だそうですが,途中道に迷って時間を食ったものの,1時間ちょっとで下山してしまいました。さてさて,これ一つでは物足りないので,今日はもう一峰。

  

テーマ:アウトドア - ジャンル:趣味・実用

似てないと思いますが・・・。
 同僚の女の子が,ボクに似てる!と今週話題にしていた人。ER 緊急救命室に出ているドクターだって。見たことがないからなんとも言えなかったんだけど,ちょうど,先ほどケーブルテレビでやってたので見てみた。
 ・・・・・・。顔が濃い・・・・・・。似てないじゃん・・・・・・。一緒に見ていた娘たちは「似てるかも・・・。」だって。かっこよければうれしいけど,自分の好みじゃない・・・(いや,男の好みがあるわけじゃないけど)。
 そうしていると,同僚からわざわざメール。「今晩,放送がありますからね~。」だって。もう見たもん。似てないと思いますが・・・。
chara_05.jpg

祖母山系にオオカミ?
 今日の新聞の夕刊に気になる記事が・・・。最近,オオカミに関する書籍が数多く発売されているとか。その記事の中に,日本では絶滅したと言われるニホンオオカミらしきもの?が,祖母山系で確認されているとか。んんん,祖母山でテン泊するのを躊躇してしまいそう・・・。九州にはいないと言われるクマも,祖母山系では確認されたとかいう話も聞くし・・・。
wolf.jpg

 とはいうものの,実はボク,オオカミが大好きなんです。中学生くらいからでしょうか,なんか寂しげで気高いオオカミの美しさに魅かれてたんです。大学生のころに見つけたティンバーウルフのポスターは,今でも自分の部屋に飾られています。この表情がたまらなく魅かれるんです。ひところは,ほんとうにオオカミを見にヨーロッパの森林に出かけてみたいとも思っていました。
 山で出会うと怖いけど,いつか出会ってみたい。野生の動物は怖いですけど,それは共存できていないから,相手のことを知らないだけだと思うんです。ボクには人間社会の方がもっと怖いかも・・・。
DSC01887.jpg
Panoramio~フィールドアルバム作成
 写真に凝っている方々のブログを見ていたら,WEB上のアルバムに整理されているものがありました。GoogleEarthとリンクされていて,おもしろそうなので登録していると,ついつい,自分のフィールドアルバムができてしまいました。
 デジカメでフィールドの記録を撮ろうなんて思いだしたのが3年前だけど,けっこうな量でした。WEB上に全部を載せるわけにも行かないので,一番いいやつを・・・と探してみますが,下手な写真だなあ・・・と凹んでしまいます。まだ,体を動かすことが楽しくてしかたないときのものは,いい景色を残すこともできていません。あんなに感動したのに,どうして撮っておかなかったのかと,ちょっと後悔です。
 3年以上前のものはほとんど残していないので,また,これから再び訪れていきたいと思います。お暇なときにでも,のぞいてみてください♪

 ちなみに一部の写真はいただいたものを使っております♪無断転載お許しを♪
Field Album
ファンベルト交換
 暖かいです。天気もまずまずでしょうか。世の方々には過ごしやすいいい季節かも。でも,花粉飛散はピーク。黄砂のおかげで空気も汚れてます。ゲレンデの雪は重くて滑りにくいでしょう・・・。しかたなく今週末は家にいることにしました。
 今日は,気になっていたファンベルトの交換に行ってきました。走行7万km弱です。前のサーフは15万kmを越えても交換の心配がなかったんですけど(こっちの方が異常で,心配ないけど自分から交換のお願いをしたくらい)。
 今度のプラドも7万kmが近づいてきました。早いなあ・・・。いろいろ手を入れてやらないといけないかもしれません。できるだけ,元気で丈夫であってほしいんですけど,こいつは傷だらけでボロボロです。
CA280068.jpg
JAZZ CLUB
 今日は仕事の打ち上げで,同僚の女の子と食事に行きました。
当初予定してお店の前で待ち合わせをしていたのですが,気になるお店が目にとまり,急遽変更しました。
JAZZ CLUBらしくて敷居が高そうでしたが,入ってみるとフロアにはステージがあって,JAZZが流れていて,スタッフの方々も気さくに声をかけてくれます。開店したばかりでお客さんはぼくたちだけ。広々としたフロアでのんびり食事をして,あとは,散々,いろんな愚痴を聞かされましたが・・・。食事は,まあまあですかね。
title_a.jpg

 定期的にライブが予定されていて,こんな田舎町に,けっこうな面々がやってくるようです。僕が好きなアーティストの名前も!ぜひ,この日には訪れたい!!ちょっとお気に入りのお店を見つけました。
CA280066.jpg
CA280067.jpg

Trekking 【08_No.3 & 4】雪を求めてくじゅう連山・星生山~久住山
 今日は,天気予報で推測しても,風の弱いポカポカ陽気。こんな日に家にいるなんて・・・と思い立ち,娘を連れてくじゅう連山にやってきました。いつもは山にはついてきてくれない娘ですが,「くじゅう?行く!」贅沢な子に育ててしまいました・・・。
kujukogen.jpg

 朝,7時過ぎに登山口に到着。気温は-1℃。青空が広がるいい天気です。由布岳もくっきり見えます。山々の雪は正月のときに比べて減っていますが,雪景色です。最高のトレッキングになりそう!
from_kutsukake.jpg


DSC01815.jpg
DSC01823.jpg

 いつもはすぐにばててしまう登山口からのコンクリート道は,雪に覆われてフカフカ。歩きやすくなってました。
DSC01851.jpg
DSC01865.jpg

 今回目指したのは十数年ぶりの『星生山』です。稜線に雪が積もって気持ちがいいトレッキングです。鎖場があったように記憶していましたが,今回はそのルートを通らなかったのか見つかりませんでした。
hossho3.jpg

hossho2.jpg

hossho6.jpg

DSC01875.jpg
 やせた尾根は滑落の心配もありましたが,なんとか久住分かれまで到着。避難小屋で,早めの昼食にしました。

 しっかり腹ごしらえをしたら,本日,二峰目の久住山登頂です。娘はバテ気味でしたが,なんとか登頂。やはり,ここからの景色はすばらしいですね。
from_kuju.jpg

DSC01882.jpg
 最後まで付き合ってくれた娘には,下山してからご褒美の濃厚ヨーグルト!ここでしか手に入らないと思っていたら,「○○スーパーにおいとったよ。」だって。
 暖かい陽気で,気持ちのいいトレッキングでした。

テーマ:アウトドア - ジャンル:趣味・実用

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。