Seakayaking , Backcountry Skiing , Mountain Trip ...... It's My SLOW LIFE
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
seakayaktouring 【2007_No.13】 山口県・奈古の海
進水式
 本日は,後輩のフネの進水式でした。フネを購入したGI Paddlersさんを紹介したのですが,進水式に僕も一緒にと声をかけていただきまして,今日は山口県の日本海側にやってきました。
 ショッキングピンクのフネを見て,みんなで命名『ふぅじこちゃぁ~ん号』です。

DSC00489.jpg
 昨日から今朝にかけて激しい雨と雷だったのですが,昼近くまで待っていると回復の方向に向かっているようで,みんなで船出です。インストラクター3人を引き連れて,後輩も幸せな進水式です。

DSC00514.jpg
 この春,半島の反対側を漕いでいたので,いつかはこちら側も漕ぎたいと思って今日は楽しみにしていたのですが,道の駅からエントリーすると,すぐに現れてくるのが海食洞です。たくさんの穴があいています。

DSC00522.jpg
DSC00529.jpg

 とにかくこのガイドさんたち,穴があれば入ってみて,隙間があれば通ってみて・・・。ピカピカの新艇の後輩はわけもわからずついていくので,傷をつけないかとこちらが冷や冷やしていました。
DSC00554.jpg
DSC00582.jpg

 道の駅から出て5kmほど漕ぐと,ビシャゴ瀬というところにたどり着きますが,ここは大き目の海食洞があり,水もとてもきれいで楽しいところです。通り抜けられる穴はほんの少しなのですが,陸地からは見えない場所は秘密の洞窟の趣でワクワクしますね。
DSC00532.jpg
 昼過ぎには少し空も明るくなってきました。前線の雲は停滞していて,しばらく安定していそうです。

大平瀬付近

 のんびり景色や洞窟を楽しんだら,玉石の浜に上がって昼食です。この浜がまた景色が開けた開放感のあるところで最高です。昼食後は,GI Paddlers(妻)さんの手作りケーキをいただきながら,浜の時間です。
 寄せる波まで透き通って見える海の彩に,思わず潜ってみます。こんなときに限ってシュノーケリングセットを忘れてきています。この海の美しさは,今年漕いだ中で一番でした。
DSC00590.jpg
DSC00591.jpg

 帰りはひたすら元きた場所を目指して漕ぎます。2年ほど前に一緒に漕いだことのある後輩も,しっかりしたパドリングで心配なし。海も凪いでいて最高のツーリングです。インストラクターさんのお一人カスヤ女史は,容姿も美しい方ですが,とにかくパドルのさばきがきれいで,何度もみとれてしまいました。休暇でこちらに遊びにこられていたので,明日にはお帰りです。とても残念なのですが,まだまだ美しい山口の海を楽しみにきてほしいと思います。

 上陸後は,道の駅にある温泉にのんびり浸かり,皆さんとお別れ。もうすぐ夏も終わり。この夏はゼンゼン漕げなかったなあと思っていたのに,ご褒美のように美しい海を楽しませてもらいました。皆さん,ありがとうございました。
20070829hagi.jpg


スポンサーサイト
2007萩カヌー駅伝
DSC00458.jpg
 カヌー駅伝当日です。日が差すと大粒の汗が吹き出ますが,夜は意外と涼しく,ぐっすり眠り込みました。が,僕のお接待はまだ終わらず,早朝から朝食の準備です……。

DSC00459.jpg
 無事お接待を終わると,各チームが目の前の川で漕いでいます。しかし,我がチームは使用予定だった艇が破損のため,急に変更です。2つに乗ってみて決まったのが,WFのハヤテ。自分のフネとは全く乗り味が違い,なんかうまく乗りこなせません…。お接待が終わった安堵感もあってか,このころから急に緊張し始めました・・・。

 開会式も終わり,1漕目の僕は,スタート地点への移動までの1時間ほど,緊張感でアップアップです。周りからは,1漕目は各チーム速い人を揃えてくるんだと脅されたり,先ほどまで僕以上に緊張していたリリマルさんは,おもしろがってからかってきます。最悪でした・・・。
 とにかく,いつも海に出ていると同じように準備しないと落ち着きません。誰もつけていないスプレースカートも着け,暑いけどグローブも着け・・・,デッキの上には・・・地図がない!GPSもない!いつもと違います・・・。スポーツ選手がゲンを担ぐ気持ちがよくわかりました・・・。
 しかし,そんなことでモタモタしていたら,あっという間にスタートの合図。スタート地点にちゃんと並ぶこともできず出艇。漕ぎ始めると落ち着いてきて,無心にパドルを振ります。
 漕ぎきりました。たった3.7kmでしたが,フネからは転げ落ちるように脱艇。全身の力が抜けていきます。どうして,こういうレースとかになると,こんなに疲れるんでしょう・・・。しかし,沈もなく無事,次の人に艇を引き継げて一安心。一気にのどの渇きが襲ってきて,大量のドリンクを飲み干しました。
 その後は,チームのメンバーがゴールするまで,応援する側です。さすがの漕ぎをするWAKAさんチームを見て感心したり,友人やしぇりいさんの女性だけのチームを応援したり,1漕目は,こういうのんびりしたところがいいです。(が,2度とこういう緊張感は味わいたくないです。)
DSC00472.jpg
DSC00473.jpg

 ゴール後は,閉会式。ジャンケン大会ではスポンサーからの賞品をゲット!めずらしいことなのでうれしいです~。
 結果は,チームが入賞を逃してしまいましたが,いい経験でした。区間記録を見せてもらったら,まずまずでしょうか。現役のスラローム選手の方やガイドさんには勝てません・・・。とにかく,いい大会に参加させてもらっただけで満足です。
 大会後は,みんなで阿武川温泉でのんびり。また漕ぎましょうと約束をしてお別れしました。こういったつながりができてくるのが嬉しいですね。実際には30分も漕いでいませんが,久しぶりに楽しく漕いだ~と思える2日間でした。
hagi.jpg

萩カヌー駅伝・お接待前夜祭
 26日に山口県の萩市で行われるカヌー駅伝の前夜祭に参加してまいりました。
 午前中の仕事を終え,キャンプの準備をして一路,会場となる河添公園に向かいました。途中,スーパーマーケットで食材の買い物。なんといっても,今日はソロキャンプではなく,お接待キャンプです。財布と相談しながら選びに選んで夕食の材料を買います。
 夕方,現地に着いたら数組のキャンパー。明日の参加者の方々です。僕のチームの面々も準備中でした。

 夜にかけて,次々と大会参加者が集まり,ご一緒させていただくしぇりいさんやりりまるさんも到着です。
 暗くなって大会の前夜祭が始まりました。この駅伝の順位は,各チームにハンディキャップが付けられ,タイムを計測されます。そのハンディの付け方が・・・。見た目が速そうだとか,この間上位入賞したからプラス何分とか,とにかくアバウト!この盛り上がりが楽しいのです。WAKAさんのグループは20分近くのハンディをもらいました。まず入賞なんてできません。でも,そうやって,他のチームもがんばる気になるんですねえ。楽しい草レースです。
 また,この大会のすごいところは,「東海道中カヌー膝栗毛」の著者の吉岡さんがずっと参加されていて,みんなに楽しい話を聞かせてくれます。フランスを旅されたことを話されていたのですが,僕にはお接待の使命がありましたので,途中で抜けさせていただき,食事の準備です。そして,ものすごい緊張感の中,お接待をいたしました……。苦しゅうないのお言葉を帝王からいただき,ほっと一息です。
DSC00456.jpg
DSC00451.jpg

 前夜祭のあとは,それぞれイスを持ち寄ったりしてお酒の時間。
友人のほかに,萩でアウトフィッターを始められた自称無口・おしゃべりな高井さんやそのお仲間,山口県のカヤック界をリードするWAKAさんやしんじさん,夜の帝王・しぇりいさん,りりまるさんとともに,話に花が咲き,久しぶりに遅くまで飲んでいました。
 友人から,この夜が楽しいからと誘ってもらった大会でしたが,自分とは未知の世界の,ある意味,頂点にいるような方々との時間は,ほんとに楽しかったです~♪皆さん,お世話になりました。
ジャズの街・門司港のライブ♪
焼きカレー♪
 今日は久々,バスでお出かけです。門司港で行われるジャズフェスティバルに行くため。使い慣れないバスで,門司港に到着したのは開演間近。でも,「とらいあんぐる」さんのブログを見て,どうしても食べたかった焼きカレーはいただきました♪おいしかったです~♪

会場
 熱々のカレーを慌てて食べ会場入りするも,すでに開演。トップバッターの河波さんが歌っています。スタンダードナンバーで,聞き覚えのある曲がたくさんでした。

飲んだくれ
 気持ちのよい芝生広場ですが,時間はまだ4時過ぎ。日が照りつけ,とにかく暑い!ステージに上がった方々も,とにかく「暑い!」の連発でした。
 そんなことは予想通りでしたので,のんびりビールを飲みながら鑑賞です。こういうときのビールが最高ですねえ!

関門海峡
夕暮れ

小林さん
 2組目は『小林香織さん』
 申し訳ないのですが,名前を知らない方だったのですが,小柄でキュートな感じの女の子が,パンチの効いたサックスを吹く姿がかっこよく,いっぺんでファンになってしまいました。

 3組目は,ジャズバイオリニストの寺井尚子さん。その情熱的なパフォーマンスは最高ですね!今年の野外ライブは門司港で終わりと言われ,秋にはレコーディングに入るそうです。すばらしい演奏をありがとうございました。
 トリは,ピアニストの大西順子さん。突然の活動休止のころは,とにかく聞き込んでいました。好みのスタイルなんです。ライブはとにかくクールな感じでした。
 そして,最後は全員で。寺井さんと小林さんの掛け合いがかっこよかったんです。言葉ではとても表せません。楽しい夏の一夜でした♪

 門司港がジャズの街だと宣伝しだしたのは最近だと思います。まだまだなじんでいないところがあると思いますが,街の雰囲気にジャズはぴったり。これからもいろんなアーティストを呼んで,もっともっと,ジャズの似合う街になってほしいですね。
カヌー教室のお手伝い
CA280052.jpg
 今日は友人に頼まれ,湖でのカヌー教室のお手伝いに行ってきました。
 しかし,炎天下の中,カヌーの搬入から撤収,午前3時間,午後2時間,休憩もなく水上の安全管理に指導・・・。ボランティアとはいえ,最大限に活用されました・・・。
 体調も万全ではなかったので,食事ものどを通らず,へとへとになって,干上がった河童のように干からびてしまいました・・・。
 



夏風邪・・・?
 今日から山でのテン泊の予定でしたが,相方が発熱,僕の方も怪しいのどの痛みがあるので,中止になってしまいました。
 風邪を引くなんて久しぶりのことですが,このところの暑さと忙しさが相まってか,弱り気味です。クーラーもよくないよなあ。早くよくなって,野に帰ろう~!
思い出すな~
 ただいま,テレビで屋久島のウミガメの産卵が放送されています。

 ちょうど15年前,大好きなウミガメの産卵が見たくて,仕事を休んで屋久島に渡りました。永田浜にテントを張って,その夜は監視員の方と一緒に産卵を見守りました。
 ほんとは次の朝,浜に向かう子ガメを見たかったのですが,ご馳走になったグァバ茶のお酒で酔いつぶれ,浜で昼近くまで転がっていました。

 懐かしいなあ,屋久島。また絶対に行こう。
新しい味?
DSC00410.jpg
 タバコを買おうとコンビニに寄ったら,自販機に見慣れない銘柄が。メンソールはすわないのですが,AQUAという言葉と海のようなパッケージにだまされて買ってしまいました。


関門花火大会
 今日は,関門海峡をはさむ北九州市と下関市の花火大会でした。13,000発という大規模な花火大会ですので,そうとうな人出のため,いつも二の足を踏んでいましたが,今回,数年ぶりに奮起していってまいりました。
DSC00385.jpg
DSC00399.jpg

DSC00400.jpg
DSC00403.jpg

DSC00404.jpg
 途中,雨が落ちてきて,なんだか足早に終わった感じの花火になりましたが,それでも,海を挟んだ両岸から上がる花火は見ごたえ十分でした。

おしゃべりな亀さん
 今日は義母の三回忌の法要でした。いつものお寺さんに来ていただいて,お経をあげていただきます。このお坊さん,お経の前に必ず説法をしてくださるのですが,きょうは「おしゃべりな亀さん」というお話でした。

 昔,インドにひどい日照りが起こり,自分が住んでいる池の水が干上がってしまったので,水のある池を探そうと,コウノトリさんにお願いしたそうです。コウノトリさんは快く引き受け,亀さんを口にくわえて,水のある池を探して飛び回ってくれました。
 しかし,その年の干ばつはひどく,なかなか水のある池が見つかりません。しばらく飛び回っていると,亀さんは飽きてしまい,コウノトリさんに早くしてくれと催促しますが,コウノトリさんは返事をしてくれません。
 一山越え,二山越えても見つからないので,しびれを切らした亀さんは,「早くしてくれ!このやろう」みたいな事を言って怒鳴り始めました。そこで,コウノトリさんは亀さんに返事をしようと口を開いたところ・・・
 くちばしから亀さんは落ちてしまい,下の岩に甲羅をぶつけて死んでしまったそうです。

 これはお釈迦様の説法の一つで,自分のことしか考えずに罰が当たったとか,けじめのないことによる天罰などを教えてくれるお話だそうです。
 自分の状況も考えず,自分のことばかり考えていると,とんでもないことが起こるということなのに,最近の人々はそういうことがわからないのだというお説法でした。
 
 長い長いお経ですが,必ず何か心に残るお話をいただけます。身にしみて自分のことと受け止めました。
案内がきました 油谷湾シーカヤックフェスティバル
 山口県の油谷町商工会から,第11回油谷湾シーカヤックフェスティバルの案内が届きました。このレースに出たことはないのですが,カヤックを始めた数年前,スクールに参加したことから,毎年案内をいただいています。
 こういったカヤックやカヌーのイベントは,開催されてから長く続いていくものは少ないようで,運営はとても難しいものなのだと思います。そんな中,11年目を迎えられた油谷のイベント,今年も盛況のうちに終わってほしいと思います。近隣の方で,興味がある方がおられたら,ぜひ,出てみて盛り上げていただきたいと思います。

 HP上での案内は,まだのようです。
http://www2.ocn.ne.jp/~yuya-sci/
yuyaseakayakfes1.jpg
yuyaseakayakfes2.jpg


sea kayak touring 【2007_No.12】 お気に入りの島
DSC00352.jpg
 今日はfusaiさんを誘って,お気に入りの島に渡ることにしました。予報では風が強く心配だったのですが,エントリー場所の水の透明度,晴れ渡る空,風裏になっているようで穏やかに感じる風。そんなロケーションにだまされて,海に出てしまいました。

DSC00353.jpg
DSC00356.jpg

 風はあるものの,天気がよく,気持ちのいいツーリングでした。初めてこの地に来られたfusaiさんに,島をぐるりと回って案内しようかと思ったのですが,風はどんどん強くなるようで,お気に入りの浜に上陸して様子をうかがってみます。
 しかし,通ってきた海には大きなウサギがたくさん跳ね始め,ちょっと冷や汗です。7m/s前後の風は吹いていたことでしょう。
DSC00360.jpg
DSC00362.jpg

 帰りの心配ばかりしていてはのんびり休憩できないので,エイヤ!と気合を入れて元の浜に戻ることにしました。帰りは強い向かい風です。でも,風波が立っているもののうねりはなく,なんとかなりそうです。ツーリング中は意外と無口なfusaiさんも,さらに無口になりながら漕いでいます。
DSC00367.jpg
 けっこうな風のため,ツーリングは断念。浜でくつろいで昼食をとったら,2人でレスキューの練習をしたり,フネを交換して漕いでみたり,日頃あまりすることのないのんびりとした海遊びで時間を過ごしました。

 きれいな浜の透き通った水の中でロールなんかしてみると,オレンジのブレードが水の中で熱帯魚のようにきれいに見えました。距離は漕げませんでしたが,海のいい時間を過ごせたように思います。
北九州・ふれあいカヌー大会
DSC00328.jpg
 今日は,北九州のわっしょい百万祭り共催の『ふれあいカヌー大会』に行ってきました。今年の参加はどうしようかと思っていたのですが,カヤックで恩返しできる機会なんてこれくらいしかありません。というわけで,クラブでチームを作って参加しました。

DSC00336.jpg
 カヌースクール九州の方々が,毎年,みんなが楽しめるようにと企画してくださるのですが,今年はタンデム艇を含めたチーム戦。なんとかいい成績で終了することができました。
 こういったイベントは参加することに意義あり?お忙しそうなカヌースクール九州の方々とも久しぶりでした。特に,元店長のKさんの元気そうなお姿を拝見できてうれしかったです。

DSC00351.jpg
 大会のあとは,カヌースクールのお手伝い。初めてカヌーに乗る人たちが楽しそうにしてくれているのを見るとうれしいですね。いい一日になりました。


カヌースクール九州のHPからいただきました。
ton2201611.jpg

seakayak touring【2007_No.11】お気に入りの場所
 約2ヶ月ぶりの海です。今回は,とにかくきれいな海に浮かんでいたいとGPSもマップも持たず,お気に入りの場所に出かけました。ここはローカルルールで夏の間しか渡れない島。この時期のんびり過ごすには一番の場所です。
DSC00312.jpg
DSC00314.jpg

DSC00321.jpg
DSC00322.jpg

DSC00326.jpg
 お気に入りの小さな海峡では,いつものようにミサゴが飛び,静かに潮が流れています。夏の水は透明度が低いのですが,白い砂地に反射したエメラルドの海は最高です。めずらしくセルフタイマーで写真まで撮ってしまいました。いい一日です。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。