FC2ブログ
Seakayaking , Backcountry Skiing , Mountain Trip ...... It's My SLOW LIFE
Trekking 【2007_No.5 】 由布岳
 またまたやってきました。大分県・由布岳。今回は,職場の先輩がどうしても登りたいというので,Morryさんを誘って3人で登頂です。先輩も僕たちも,正面登山口から東の日向岳をまわって東峰を目指すルートで道に迷ってしまった経験があったので,このルートで山頂を目指すリベンジトレッキングとしました。
DSC09920.jpg
 駐車場の東屋にテントを張ってのんびり寝ていると,4時半ごろ,年配の方々の団体が大きな声で話をしていて,とても寝て入られなくなり目を覚ましました。無理やり起こされてしまったので,体は眠いまま。午前6時登頂開始。昨日雨が降ったことが嘘のように,今日は晴れ渡っています。

DSC09931.jpg
 いきなり登山口でルートを間違ってしまいましたが,すぐに引き返して,今回は日向岳を通り,東の峰を目指しました。展望を期待していた日向岳は森の中に山頂があり,残念ながら通り道の一つです。
 東峰を目指すルートは稜線をまっすぐ登っていく傾斜がきつめの山道です。寝不足のせいか,疲れがたまっているせいか,今日は足が思うように動かず,足腰の強い先輩や若いMorryさんにはおいていかれながら,やっとのことで山頂を目指します。
 このルートは山頂付近まで森林帯が続き,森を抜けると山頂下の岩場をロープや鎖を伝っていきます。



西峰から見た東峰
 東峰につくと,かなりの強い風です。気温は25℃以上あるようですが,風が強いため,とても寒く感じます。ここからおはちをまわってもう一度登ってくる予定なので,すぐに西峰に向かいます。

DSC09939.jpg
 今日は天気がよく,登山者が多く山を訪れています。マタエから西峰を目指すルートの難関・障子戸は,たくさんの登山者で渋滞しています。

DSC09960.jpg
 ここまでなんとか登ってきましたが,今日は足が重くヘトヘトです。強かった風もやみ,山頂の隅っこでごろんと寝転んで昼食&休憩。
 西峰からは大分県の山々が眺められるのですが,この日は視界がずっと霞んでいて山が確認できません。快晴で空は真っ青なのに・・・。そう思っていると,別の登山者の方が,今日は黄砂がひどいらしいと教えてくれました。よく見ると,空が2つに分割されています。見事なグラデーションだと思っていたら,下側は黄砂のようです。砂はこれ以上上には昇れないようで,きれいな層を作り出していました。

ohachi.jpg

西峰

 ゆっくり休憩してお鉢をまわります。単調な登りでは疲れを感じて足が進みませんが,岩を乗り越えながら進むお鉢廻りは刺激的です。40分ほどで再び東峰に戻ってくると,ちょうどお昼ごろ。登山者がさらに増えてきたので,さっさと下山して近くのお湯に浸かることにしました。

 調子の悪いトレッキングでしたが,体の疲れはそれほどではありません。由布岳温泉でゆっくり疲れを癒しながら,目の前に見える山様を改めて眺めてみます。今日の山行で由布岳のルートはほとんど通ったので,しばらくこの山に来ることはないでしょう。
 それにしても,今日は乳酸の蓄積が早くてヘトヘトです。もう少し上手な登り方ができるようになるといいなあ。

 帰宅後のビールで一眠り。気持ちのいい一日でした。

20070526yufudake.jpg
20070526yufudake_log.jpg

 
スポンサーサイト