Seakayaking , Backcountry Skiing , Mountain Trip ...... It's My SLOW LIFE
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2014-15 season last ski
三月の寒の戻りを期待して、ここ数年、Morryさんと吾妻山通い。
今年も週の終わりに降雪があって、メンツルの斜面を楽しんできました。

20150314吾妻山01
朝はガスが立ち込め、山の姿も確認できません。
昨晩からの続きで、まだほんの少し雪も降っています。
この時期なのに、比婆の山の中はこんな深雪!
20150314吾妻山10
しかし、視界が悪く、美しいブナ林はひっそりとしていました。
20150314吾妻山16
予報は晴れだったので、それを信じて吾妻山に向かいました。
山小屋に着いたときはまだガスが立ち込めていて
山の姿もわかりませんでしたが、
軽く昼食を取った後、やっぱり期待通りの青空が見えました!
20150314吾妻山19
ピットチェックでは80㎝ほどのところに弱層。
60㎝あたりもやや弱い層がありました。
気温が高く雪崩注意報も出ていたのですが、
ハイクアップ中の雪は安定している感じだったのでGO!
20150314吾妻山20
水分を多く含んだような重めの雪でしたが、
快適な滑走を楽しむことができました。
昨年より縦に落とし込んだターンで
スピードを楽しむができました~♪
2015031400.jpg2015031401.jpg
山ボードデビューのMorryさんもいいスプレーを上げてましたね!
20150314 1454
20150314 14
今年も青空の下でノートラックの雪を楽しむことができ、
シーズン納めにすることにしました。
今年もみなさん、ありがとう!
また次の雪で遊んでください!



スポンサーサイト
残雪を求めて!
少しばかりの新雪と、青空の予報に誘われて、
今日も眠い目をこすりながらやってきました。

駐車場でのんびり準備をしていると、
今シーズンは一緒に滑ることができなかったshindyくんが到着。
まだひざの調子が悪いようで一緒に遊ぶことができず残念!


さて、肝心の山ですが、もう雪がはげていることはわかっていたので、
今日はまだ一度しか行ったことのない
北の端の沢に行ってみることにしました。

早めに到着していた栄太郎さんも
そのおつもりだったようで、
今日は一緒に滑らせてもらいます。
いつもは元気なカッコウさんは少しお疲れぎみでしたが、
ご一緒できてよかった~!
2015022800.jpg
山の冬はもう終わりを告げたよう。
初冬のシンニューに戻ったように、
ブッシュが顔を出していました。
2015022804.jpg
岩も顔を出しているので、
ところどころ板を担いで山歩きのアルパインスタイルです。
2015022805.jpg
おめあての奥の沢。
雪がついているように見えましたが、
やはり雪は固く凍っていて、
沢の下部は切れていました。
滑ることができたのは数十m。
まあ、覚悟していたことなので、
ここに入れただけでも今日は十分でした。
2015022806.jpg
林道に下りたら、もう登り返したくなるような斜面はなかったので、
このままいこいの村まで戻ることに。
と、ここで、思いもよらぬ風景が!
カッコウさんたちもここ十数年で3回しかみたことがないという、
林道の除雪がされていました。
追い打ちをかけるように春の訪れを感じました。
2015022809.jpg

今シーズンは栄太郎さんたちによく遊んでもらいました。
きっと今日がこの山の最終日になると思ったので、
みんなで楽しめてよかったです。

ちょっと早いけど、たぶん、ボクの雪山は今日で終わりかな。
皆さん、また来シーズン!!


まさかのゲレンデ!!
2月も終わろうかというのに、
ありがたいことにまだ芸北地方では積雪の便りが届いています。
もう終わりだろう…と思いながら、
今週も滑れそうな気がして一路やってまいりました。
山は真っ白ヽ(^o^)丿

たぶんバッカン野郎ではいこいの村に
一番乗りでやってきていたと思います。
夜明け前に、すぐにボーダーさん2組が到着して、
ハイクアップの準備が始まっています。
今シーズンよく見る車はカップルさんだったんですね!

放射冷却でカチカチの雪だったので、
ボクは緩むまで待っておこうとのんびりしていましたが、
ふと気が付くと・・・
あれ!?バッカンの道具、1回車から降ろして、
そのまま置いてきた~~~!!!

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

雪は真っ白ですが、頭の中も真っ白です。
うらめしいことに空は真っ青です・・・。
今日は、今シーズンまだ滑っていない
あのコースに行ってみようと思っていたのに・・・・・・。
まさかの忘れ物!!!
ここ最近仕事のストレス多かったもので、
注意散漫になっておりました(+o+)

ソロなのでスコップ、プローブはいいとしても、
ザックがない・・・。
致命的です。

先行のボーダーさんたちが楽しそうに降りてくるのを見る前に、
ここを撤退することにしました。
220㎞も移動してきてこのまま帰るのは嫌だったので、
急遽ゲレンデに向かうことにしました。
2015022101.jpg

スキーだとすぐに飽きてしまうので、
今日は時間券いっぱいボードの練習をすることにしました。
2015022100.jpg

スノーボードも3回目。
ターンのコツはわかったので、
止まりたいときに止まることと
ターン弧のコントロール、
あとはカービングを意識して練習しました。

そこそこ滑れるかなあと思ったら急斜面に行ってみますが、
やはりスピードが出ると腰が引けて暴走!
ターンのタイミングが遅れてしまいます。
とりあえず、緩斜面ではターンが切れるようになりましたが、
楽しめるようになるまではまだまだですねえ。
2015022102.jpg

ブナ坂上部に登ってみると、真っ白なS山が!!
あああ、何やってんだ~!
と思いながらも、悔しさをエネルギーに滑りましたよ~!
この思い、来週末には晴らしてやる~~~!!

いつもと違う場所で
いつも滑っている山域はシーズンが終わりそうな時期だ。
もう一滑りしたい気持ちもあったけど、
少ない回数でも満足いく日が多かったので、
違うところで滑ってみたいという気持ちもあった。
そこへ雪友KIHAさんから、
新しいエリアへ行ってみないかとのお誘い。
先日の疲れが残った体だったけれどアドレナリンが噴出!
眠くてきしむ体を起こして、今日も一路、広島の山へ向かいましたよ。

2015021400.jpg
いつかは行こうと思って登山口のロケハンはしていた山。
ここはローカルKIHAさんの勝手知ったるところのようで、
今日は甘えて案内してもらいました。
2015021402.jpg
今日登らなくていつ登るの!?
そんないい天気に恵まれての山登り。
きっといつものシンニューもすごい人出でしょうね。
今日は静かな山が楽しめます。
2015021405.jpg
先行していた二人組のボーダーさんがいましたが、
ボクたちが狙った斜面とは違うところを滑られたようで、
メンツルの雪を楽しませてもらいました。
しかし、まあ、この時期ですので、
フカフカパウダーではありません・・・。
2015021418.jpg
数ターンしたら下りてしまう短い斜面ばかりの山だけど、
横広くて、移動しながら楽しめそうな斜面を物色。
何度も登り返して、今日は午前中いっぱい山を楽しみました。

静かな山。
BCを始めた時は、山はこんな感じだったなあと、
KIHAさんと出会ったころを懐かしんだ一日でした。
ガイドをありがとございました!



ゲレンデにて
例年、2月のこの時期はS山には雪がない。
それを見越して職場の仲間と滑りに行く約束をしていた。
けれど、一昨日は吹雪くほどの降雪!
山に行けてたのね~(ToT)

でも、ほとんど雪遊び経験のない若いやつらや、
なんと学生時代スキー部だったと判明した同僚と、
それはそれは楽しい遊びになりましたよ。
2015021101.jpg
午前中は元レーサーの彼とゲレンデ巡り。
カービング板は初めてというのにさすがの滑りでした。
2015021102.jpg
午後からは若い連中と合流して、
人生2度目のスノボ!
べちゃべちゃになって滑らない雪のおかげで
いい練習になった~!
ターンの感じがちょっとわかるようになったぞ~(^o^)
さすがだったのは元レーサー。
人生初ボードで、もうターンを決めてやがる!
おじさん二人、若者よりがんばって練習しましたぞ!
楽しい一日やった。
みんな、ありがとー!

初心に戻って
今日も広島の山に出かけてきました。
新雪パフパフを期待していましたが、
意外と積もっていませんでしたね。
P1020752.jpg

陽が高くなると雪が重くて滑れそうにない気がしたので
栄太郎さんを誘って登ろうとしましたが、
青空ではないとアヒルのように口をとがらせて
ハイクアップを渋っておりました。
ほどなくKIHAさんが到着して、
なんとかみんなでハイクアップ。

いつも登山口から一緒に登っても
テンデバラバラ好きなところを滑る人たちです。
今回、ぼくとKIHAさんは駐車場へまっすぐ下りる
センターコースを滑ることにしました。
ここは雪崩れていることが多くて、
ボクもBCを始めたころくらいしか滑ったことがないところです。
今日はデブリもあまり表に出てなくて、
いい雪がついていそうな感じなので、
誰も滑らないうちに行っちゃいました!
気持ちいい一本、ありがとうございます!
2015020701.jpg

すぐに登り返して、今日は南面を中心に滑ることにしました。
朝早くから、けっこうな人が入山したので、
いつもの長いコースは、きっと楽しめません。

正面、南側のコースは、
まだシンニュー族の皆さんと知り合う前に、
自分で登って滑って(いや、こけながら)下りていた
なつかしいところです。
いろいろなコースを教えてもらううちに
あまり下りることがなくなっていましたが、
今日は初心に帰って、いつもと違う斜面を楽しみました。
P1020756.jpg

2015020702.jpg
なんだこのコース!めちゃ楽しかったんやん!
ボクは視界が悪い時でも何もわからず登って滑っていたので、
このコースの楽しさを知らないままでした。
いや~、次から迷うな~(^0_0^)
2015020703.jpg
麓まで下りると、
同じく南側を下りていた栄太郎さん、カッコウさんと合流して、
もう一度登り返し。
こっちの雪質は今一つでしたが、
人のいない場所を選んで、一日を楽しみました。
20150207route.jpg

いい山でしたね!!



新雪に戯れる週末
先週は久しぶりに降雪日が続き、
この週末は新雪を期待して北広島まで遊びに行きました。
現地で合流するはずだったMorryさんは、
なんと流行の病に倒れ、この週末は気楽に一人遊びです。

一日目は真っ白な雪山を期待して行ったいつものSは
滑って楽しめる状態ではなく、
降雪もそれほどではないように思いました。
いつもは先にいるはずの栄太郎さんもいないし、
恐羅漢の新設コースを滑りに行くことにしました。
スキー場は久しぶりの新雪で楽しめそうな感じでした。
この雪なら、やっぱりこいつの出番です(^0_0^)
2015013101.jpg

意外と人も少なくカヤバタゲレンデのリフトには一番乗りをしてしまい
肝心の新コースがわからないまま突入してしまいました。
案内表示がところどころあるらしいのですが、
雪が積もったせいでどうやら見えなくなっているようです。
かろうじて山道らしいものがわかったので、
広く滑れるところを見つけてドロップ。
楽しめる沢筋やツリーランコースでした。
雪もフカフカでした~!
2015013102.jpg

その後は、さぼっているコブ練習。
柔らかい雪のおかげで何とかこけずに降りることができましたが、
やっぱ下手過ぎ~(^_^;)
体力も持たないので3時間券で終了。

夜は、今季療養中のShindyくんのお見舞い。
いろんなところが痛いらしくて、しっかり休養するそう。
彼のいない雪山はさびしいですが、
溌剌と動けるようになって、しっかり遊んでもらいましょう!

2日目は前日からの降雪でリセットされた山を期待して、
いつもより早い時間から駐車場に向かいました。
朝一君・KIHA☆MANさんに声をかけられ、
起きたらすぐに登山準備(^_^;)で、早朝のBCとなりました。
なんと幸せなことに、山は雪山に戻り、
おまけに青空がのぞく最高の天気。
人もまだ動き出していません。
2015013103.jpg
シゲさんも朝早くから準備OK。
福岡から来られたというスキーヤーさんも一緒にハイクアップです。
栄太郎さん、カッコウさんに、話題のスノースクーターKさんも、
今日は早めのハイクアップ。
ボクら一団もにぎやかでした。
2015013109.jpg
天気が良くなる予報だったので放射冷却で
かなり寒いだろうと思っていたのですが、
ハイクしていてもかなり汗ばむ感じで、
雪が長く持ちそうにない感じがしていました。
今日は南面をおりて、その後はおこぼれのありそうな東側へ・・・
と思って準備をしていると、KIHA☆MAN家からの連絡。
午前中遊べる予定だった彼は、家族が流行病に倒れたため、
この一本で帰ることになってしまいました(-_-;)
たいへんです、みなさん。

いったん駐車場まで一緒に下りてKIHA☆MANをお見送りしたら、
福岡のNさんと2本目のハイクアップ。
2015013110.jpg

滑りも抜群にうまく、それ以上にハイクアップの速さに驚き!!
山頂近くで3人が滑ったラインを確認。
んんん、ノートラックをいただきました~^m^
ボクのは左から2番目のラインかな。
2015013111.jpg
さすがに2度目の山頂は大人数のにぎわいでした。
ほんとにリフト下り場にいるような錯覚を(@_@;)
2015013112.jpg

それでも、みなさんツアーだったようで、
ボクたちの方が準備がはやく、
今度はラインの少ない東斜面に下りることにしました。
2015013113.jpg
すでに2本のラインがあったのですが、
ボクたちがチョイスしたコースには先行するシュプールはなく、
一気に林道までノートラックを満喫でした~(^_^)/
2015013114.jpg
すでに2本のいい思いをさせてもらったのですが、
どうも滑走中から気になる雪の重さ。
まったくスピードが乗ってくれない雪に、
足はもう売り切れ感がいっぱいだったので、
ここでボクは終了として、
ちょいと今季はがんばっている雪板練習で今日の遊びを終えました。

雪の質は今一つでしたが、
この景色の中、山で遊べることの幸せをかみしめつつ、
山の神様に感謝です。
シンニュー族全員集合ではありませんが、
たくさんの仲間と楽しめた一日でした。
GOOD DAY!!!!



遅くなりました Mt.S
前日までの好天、高気温で、
きっと雪はないだろう。
行っても楽しくないだろう。
そう思って、今週末は家でじっとしていようと思ったんだけど、

来てね(^.^)b
という栄太郎さんからのラブコールを受けて、
ぎりぎりまで悩んだ挙句、やっぱり山に向かっていました。
早朝目を覚ますと、KIHA☆MANさんからも集合合図がかかっており、
滑れなくてもシンニュー族の面々に会うだけのつもりで、
一路220㎞先の山に向かいました。

道中も降雪の形跡は薄く、
八幡高原に入ったとたんに-10℃
新雪はなく、放射冷却でクラスト・・・
滑れないパターンだと肩を落とし向かった先では、
意外ときれいにリセットされた山肌のMt.Sが見られました。
今シーズン、まだここには登っていないので、
滑れなくてもとりあえず山頂までは行こうと思いました。
P1020734_2015011816251033d.jpg
いつもの駐車場に着くと、
シゲさんが珍しく朝からスタンバイ。
ゲレンデも大好きなシゲさんとは
なかなかタイミングが合わず一緒に滑れないのですが、
今日はすぐに登るというシゲさんについていくことにしました。
朝一滑る予定だったKIHA☆MANさんも合流し、
今日はモルゲンロートの中のハイクアップです。
P1020741.jpg
これだけでも気分はアゲアゲなのに、
なんと快晴の空に、わりといい雪!!
P1020744.jpg

早朝からすでにかなりの人が入っていった山だったので、
ピークは後回しにして、
今日一番いいと思われた斜面を滑ることにしました。
ピークをハントするシゲさんとは途中でお別れして、
KIHA☆MANさんと久しぶりのセッション。
思った通り、ふかふかの雪を楽しめましたが、
めったに滑ることがないこの斜面。
途中はやはり崩れておりました…。
P1020743.jpg
それでも、誰も滑っていないメンツルの雪の上に二人で落書き。
これ一本でも十分に満足でした。

今日はクラストしている南面を滑る人たちが多かったので、
もう一本、今度は山頂まで登り返していつもの東斜面に滑り込み。
この時期なのに誰もいない山頂も楽しむことができました。
P1020745_20150118162504ab2.jpg
すでに栄太郎さんたちやシゲさんの
シュプールが残っていましたが、
それでもこの時期の日曜日に、
これだけのトレースですんでいるのは幸い。
あとを追いかけ、ボクもフカフカの雪を楽しみました。
しかし、最後辺りの雪はすでに重く、
今日はここまでにするのがいいだろうと切り上げました。
ローカル浜さんともご挨拶はできましたが、
今日のシンニュー族は皆さんそれぞれが忙しく、
誰もボクの相手をしてくれませんので、
満足したところで即撤収!!

雪山への足が遠のきそうでしたが、
やっぱりこの山を滑ると、
雪の楽しさが湧き上がってきます。
行ってよかった~!!
栄太郎さん、ありがとう
シーズンはまだ中盤?
これから楽しみます!


mouji、スノボる!
三連休は、やっと広島で雪遊びシーズンインでした。
今回は、雪山新雪仕様の板を新調したMorryさんと。
ところが、ずっと雪が降っておらず、
いつもの山は楽しめる状態ではなく、
しかたなくゲレンデに行くことにしました。
20150111osora01.jpg
いつもの恐羅漢は雪も多くいい状態でしたが、
コブもうまく滑れず、
かっ飛ばすだけでは午前中で飽きてしまい、
午後からは、人生初スノボに挑戦することにしました!
道具は互いに古くなったものを
Morryさんと交換しあっていたのです。
Morryさんはボクのお古の板(のはずが、
忘れてきたそうなので、現役の板を貸してあげました!)で、
十数年ぶりのスキー!
20150111osora02.jpg

まあ、両足が固定されて、
囚人のように身動きがとれない形に
恐怖心一杯で始まりました。
最初はなんでもない斜面を歩いて登っては
バランスを保ちながら
木の葉のように下りてくる練習を
くりかえしていましたが、
そのうち曲がるきっかけがわかるようになり、
何となくターンができるような気がして、
もっと広くて長い斜面で練習できるように、
リフトに乗って上がっていきました。

そして、練習開始から1時間後……
乗れました~!
目線を遠くに…というMorryさんのアドバイスと、
これはまさしく雪板効果でしょう、
昨年、栄太郎さんに教えてもらっていた
ヒザの使い方を組み合わせると、
何となくターンしているぢゃないですか!
いや~、我ながらよく滑れている気がしました(//∇//)
恐羅漢&深入山 032
まあ、見てやってもいいよという方は、
moujiの初スノボを見てやってください。


しかし、こいつはいけません( ̄ー ̄)
こける度に尾てい骨を強打。
5~6回も繰り返すと、もう痛くてしかたなくなり、
テンションは下げ下げ。
撤退を余儀なくされてしまいました(ToT)

夜は車中泊でもう一日滑ることにしていましたが、
予定宿泊地に行くと、
栄太郎さん、カッコウさん夫妻と偶然遭遇。
そのまま、ご夫婦の週末別宅号で飲んで、
楽しい夜になりました。
もちろん、初スノボをした映像も見てもらい、
レジェンドお二人にも誉めてもらいましたよ~\(^^)/

それにしても、このお二人、
とても聞き上手な方々で、
根掘り栄太郎さんと葉掘りカッコウさんに
身ぐるみを剥がされるかのように質問攻めにあい、
存分に聞き取りが終わったお二人からは、
「秘密が多い方がよかった。」
などと身勝手なお言葉をいただく始末……
それなら聞かんかったらいいやん……( ̄^ ̄)
久しぶりに大笑いの夜でした。

夜が明けると、
思った以上に雪が降り始めていましたが、
山で滑るにはまだ十分ではなかったので、
栄太郎さん、Mr.Oh、Morryさんと雪板遊びをして
はやめに帰宅することとしました。
午前中いっぱい、
ふかふかの雪で子どもみたいに楽しみましたね~♪
eitro02.jpg
Mr_Oh.jpg
Morry.jpg


雪はいまいちの週末でしたが、
新しいことをするっていう楽しさは、
童心にかえったようでした。
しかし、やっぱり、山で滑りたいぞ~!
次の雪待ちです。


長野遠征 その2
長野3日目。
遠征中一番の好天が期待されたこの日は、
白馬乗鞍岳からのBCの予定です。
もう、ほんとに楽しみで楽しみでしかたありませんでした。

栂池からのアプローチは長いのですが、
ずっと青空の中、雪山をながめながら歩くことができるので、
ハイクアップも苦になりません。
201411228hakunori03.jpg
201411228hakunori05.jpg
ところが空は晴れ渡っているのですが、
天狗原に上がってくるとかなりの強風。
白馬乗鞍岳は雪煙が激しく舞っているのがわかります。
201411228hakunori06.jpg
上を目指すか、ここから滑り出すかを迷いましたが、
めったに来ることができないボクは、
行けるところまで行って滑りたいと思ったので、
Qちゃんには下で待っていてもらって、
ハクノリ山頂を目指しました。
201411228hakunori11.jpg
ときおり強風にあおられそうになりますが、
風裏になる中腹までは順調に登り進めます。
足元の雪はしっかりしまっていて安定しています。
心配していたウィンドクラストもありません。

ところが山頂を目の前にして風の通り道にやってくると、
地面からの雪が激しい川のように向かってきて、
なかなか先へ進むことができません。
Qちゃんを長く待たせるわけにもいかないので、
山頂はあきらめ、ここからドロップです。

201411228hakunori12.jpg
強風で指先も凍りそうになるくらい。
準備もいつも以上にかかります。

それでも、滑り出した瞬間から目の前に現れた遠くの山々、
空とは違う青色をした日本海が飛び込んできて、
最高の1分間を過ごすことができました。
んんん、感無量です。
いいなあ、ハクノリ!!最高でした!



次の日からは天候が荒れてくる予報だったので、
遠征はここで切り上げて帰還することにしました。
この時期、2日もいい天気だなんてめずらしいって地元の人たちも言ってました。
最高のご褒美をもらった気分。
もうよくばっちゃいけません。
なにからなにまで世話になったQちゃん、どうもありがとう!!
最高の長野遠征でした!!
こりずにまた連れてきてください。

ボクの遊びも今年はこれで最後。
たくさんの時間を共有してくれた皆さん、ありがとうございました!
年が明けたらホームタウンでの雪遊びです。
またよろしくです~!




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。